FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
ターキッシュエアラインズ53便
定刻は22時25分発なるも、 毎日のように22時に早まるとの情報をネットで出ていたので早めに 搭乗待合エリアに移動。

ほぼ満席の乗客を乗せ 成田空港を離陸。


約1時間後機内食が配られる。

深夜便とは思えないほどのフルスタイルミールに驚く。


ANA シドニ行きはsandwich1つきりだっただけに、その差に「食のトルコ」の底力を思い知った。
日付が変わろとしているのに。。。



隣席は日本人大学生。
学校を休んでイタリアローマに行くという。

機内エンターテイメントは日系航空会社に比較すると圧倒的に貧弱で日本語で楽しめる番組も皆無。


その点においてはユナイテッド航空の方がまだ良いといえる。

ただしアメニティは充実している
以前は凝ったデザインのブリキのケースに収められていたらしいのだが。


フライトコンパスによると到着予定時間は4時27分。
見るものもなく、やることもなく、暇を持て余して やがて浅い眠りにつく。

やはり深夜便の長距離航路は辛いのだ。
しかし現地に午前中につけることを最優先としての選択なので仕方ない。

離陸から約10時間後、トルコ時間午前2時過ぎに 2度目の食事が配られ、 漸くイスタンブール到着が 目前に迫ってきた。


いくら飛行機好きとはいえ、いい加減疲れはてる。

闇夜のイスタンブール。


乗り継ぎの客は セキュリティゲートを通過させられる。


成田から乗ってきた客であるにも関わらず、 靴まで脱がされての再度の厳しいチェック。
最近爆破テロが起こったばかりなので、これも当然だろう。

国際線搭乗待合エリアは広大なショッピングモール。


まずは目覚めのエスプレッソコーヒーを飲みまったりと過ごした。


マドリッド行き飛行機は7時45分搭乗開始。

スペインは あまりに遠い異国の地なのであった。


スポンサーサイト



マドリードへ
4時半に到着したときはまだまだ閑散としたターミナルであったが、7時を過ぎると驚くほどの混雑を見せるようになった。
さすがはヨーロッパのハブ空港である。


7時45分に ターミナルから 駐機場へのバスに乗る。

どこもかしこもターキッシュエアラインの飛行機ばかりである。


機材はエアバス a 320。
小さいながらもれっきとした国際線で飛行時間は4時間を超える。


成田から乗った A330よりもシートピッチは広くモニターも最新式。




離陸して約1時間後機内食が配られる。
なかなか美味しいのだが、これまで食べた2回の食事と 似たり寄ったりの味付け(^_^)v


turkish airlines にはフライングシェフと呼ばれるコックが乗り組む。
さすが食の大国トルコである。


窓の外には雪をかぶった山々が連なる。
巡礼路も寒いのだろうか。

10時45分頃機体は降下を始めマドリード空港への着陸態勢に入る。

しかし気になった事が一つあった 。
入国カードが配られる気配がないのだ。
ガイドブックには確かに必要書類として書いてあるのだが ca に聞いてもそんなものはないという。

しかしないというのなら仕方がない。

が、駐機スポットに止まりドアが開き機外へ出ると、いきなり警察官がパスポートチェックを始める。

入国に厳しいのかと思いきやパスポートコントロールはあっさり通過。
検疫は無いに等しい。

国が違えばこうも 段取りが異なるのか。
何はともあれ無事入国したので良しとしよう。




↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


【おしらせ】
11月30日~12月16日まで休館いたします。
日中不在にすることがありますので、空き状況のお問合せ、ご予約は、下記の時間帯にお電話にてお願いいたします。
07:00~08:30
17:00~22:00

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE



マドリッドでバスに乗り換え移動
マドリッド到着はターミナル1。
ブルゴス行きのalsaバスはターミナル4
ターミナル連絡バスを利用しなくてはならない。

出口を右に折れ、50m程進んだ所にバス乗り場がある。



ターミナル2、3には徒歩出のアクセスも可能だが、ターミナル4(T4)ははるか彼方に位置しているのだ。


ターミナル連絡無料バスで15分程かかって到着。シドニー空港の国内線ターミナルへの移動よりもずっと遠い。


T 4に着いたらバス乗り場である一階にエレベーターで下りる。


確かにバス乗り場があった。

バス会社であるALSA の券売機が据えられていて、日付、区間、便名、座席指定の全てを画面表示に従い操作する E25.4


蛇足だが、Washingtonの地下鉄券売機には15分の「格闘」を強いられたが、ALSA は実に平易である。
ガード対応なるも、何故か現金でしか買えなかった。


一件落着し、ミニマートで甘いものを求める。

スペイン語は分からないが、「袋要りますか?」は欧米共通の店員応対である。
カード払いをすると、暗証番号入力と同時に、支払い通貨の選択ボタンを押させるのは、アメリカ、オーストラリアにはない流儀ではあるが。

ブログを執筆中の只今。
現地時間夜中の2時20分。時差ボケ解消にはあと2日ほどかかりそうである。



ブルゴスへ移動
バス乗り場のプラットホームには1~9迄の番号が掲げられている。
券売機の場所は9番の側。切符にも「9
」の文字があるので、しばらくそこで待っていたのだか、人の気配がない。

不安になり、近くにいたバス運転手らしきグループに切符を見せて尋ねてみたら、1~4迄が路線バス乗り場だと英語で教えてくれた。


バスは時間通りに到着。



座席は1+2の非常にゆったりした造りで、飴、ガム、ナッツ、ミネラルウォータのサービスがある。プライベートモニター、インターネットもできる。

高速道路をひたすら北上、果てしない茶色いメセタの大地を快走


Googleマップは日本語で親切ナビ。
やはり海外旅行にも不可欠なスマホである。


ブルゴスの街にて
バスターミナルは町の中心地にある。


しかもホステルはターミナルビルの一角であり、便利なことこの上なし。
ブルゴス観光は、まず宿にチェックインしてから出かけるのが良いだろう。


 
目の前にブルゴス大聖堂がそびえる。
そこを中心地として、東側に旧市街が連なる。


旧市街の入り口表通りに地図専門店を見つけ、カミーノのガイドマップを16EUROで買い求めた。






テレビでしか見たことのない、古式ゆかしい中世ヨーロッパの「動画」が生で目前に展開している。ただひたすら感動するのみである。




ブルゴス城跡の丘に登ってみると、これまたバーチャルでしかなかった世界が、リアルに広がる。


此処が日本から9000キロも離れた、遠い異国のちであることを当たり前のように思い知らされるのであった。

タパスを堪能する
スペインで欠かせないのはやはり食べ物である。都市部、地方に関係なく、「バル」と呼ばれる大衆食堂があちこちに点在するらしい。

本格的夕食営業が始まるのは、夜9時頃らしいのたが、「タパス」と呼ばれる軽食堂なら夕方から開いていると、ホステルのマスターが教えてくれた。


タパスマップをもらい、サンダル履きで再び街に繰り出す。


食堂街は主に旧市街に点在していて、まずは紹介してもらったおすすめの店を探す。


しかしまだ準備中とのことで諦める。

あまり右往左往しても時間の無駄と、一軒の店に入ってみることにした。


寿司屋のネタケースか、ケーキ屋のショーケースを思わせる横長のガラスの向こうに並ぶ無数のタパス。






これは何か、と訊いたところでスペイン語で返され狼狽えるのは明らかなので、見た目で指差し注文をする。










ビールは「サンミゲル」。

タパス4皿、グラスビール二杯。シメテ8.9EURO。

「旨い」「早い」「安い」は、ここスペインにも確かに存在しているのだった。

美味しさを文字で表現することはあまり得意ではないので省略するが、間違いなく、スペイン料理は巡礼の「マスト」な要素となること請け合いである。

食べ過ぎには注意せねばなるまい(^^;



↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


【おしらせ】
11月30日~12月16日まで休館いたします。
日中不在にすることがありますので、空き状況のお問合せ、ご予約は、下記の時間帯にお電話にてお願いいたします。
07:00~08:30
17:00~22:00

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE



ブルゴスからダルダホス
スペインの夜明は遅い。
七時に提供される朝食の最中はまだ真っ暗。宿を出た8時にようやく明るみ出す。
日の出時刻は8時25分という。


ブルゴス大聖堂前にカミーノが通っているが、少し寄り道をする。

修道院横の旧市街。




しかし、突如として便意を催し通りがかりのバルへ。


コーヒーとクロワッサンで僅か2EURO。

 
バルの近くの公園からカミーノの メインルートへ合流する。


道には黄色い矢印。カミーノの目印。


所々に貝殻マーク。此もカミーノの目印。




市街を抜けると、そこは突然メセタ(スペインの大地)。

この感覚は 北海道で言うなら、釧路市街地を抜けたとたん 湿原が広がっている。まさにそんな 感じである。

道路や鉄道の高架下を抜けて




はるか彼方にブルゴス大聖堂のシルエット。



 
1050にダルダホスへ。 


街の入り口の雰囲気からは想像できない古びた集落が 目前に広がる。


映画でしか見たことのない、まさに時代が止まったかの様な光景に 背中が震える。
かの宮脇俊三が、 感動的な鉄道風景に触れた時に多用するあの有名なくだりのように。
わかる人にはわかるだろうから、敢えて説明はしないが。





映画のロケ地ではない。紛れもなく人のすむ村なのである。




ダルダホスからラーべ
ダルダホスを過ぎ、約30分でラーベ。スタートから三時間半経過した。




此方もまた古びた村の雰囲気を醸す。
どうやらこの辺りにおける、ごく標準的な仕様の街並みらしい。








しかし先ほどの集落と共通しているのは、中心の旧市街の周囲に新興住宅が連なっていることだ。


旧家はそのままにして街並みを保全し、実際の住居はこちらを利用するケースが多いのかもしれない。 
あくまで推測でしかないのだが。

しかし、村のなかには申し合わせたかの如く、アルベルゲ、バルが存在する。
閑散期ゆえに休業中のアルベルゲが目立つが、繁忙期はどこもフル回転に違いない。







しかしあらためて感じるのは、日本のように、集落同士が全く隣接していないことである。
都会だったと思えば、麦畑を挟んだ向こう側に少し移動するだけで、突如として言葉を失うほどの秘境集落。
空間移動と共に、とてつもない時間を移動しているかの如くである。

此処では歩く者総てが「時空の旅人」になる。







スペインの秘境集落
ラーベを過ぎると、メセタの大地はさらにスケール感を増してくる。





普段、旅に出て音楽を聞いたりすることは殆どないのだか、アクアマリンの「遠い世界」を聴きながら歩いた。

この景色と、いまの私の旅の心情に響くコレ以上の曲は、おそらくこの世には存在しない。


長く緩やかな登りをひたすら歩き続けると、ようやく峠にたどり着く。1225分。



原野の先に見える村は、巡礼者にとってはまさにオアシス。
今夜の投宿地、オルニージョスデルカミーノであることを確認した。


ちなみにこの場所からのこのアングルは映画「星の旅人たち」のポスター、DVD ジャケットにも採用されている。
最も巡礼路らしい、いわば象徴的光景と言える。


 
周囲はひたすら麦畑。
乾燥地帯ゆえに、大地の色は薄いグレーがかった茶色。 
雰囲気は北海道的で、畑の彼方に現れたオルニージョスの村は、まるで富良野の麓郷を遠望する感覚だ。

村の入り口。




しかし何と云うことだろう。
全くひとけを感じない。バルもアルベルゲも殆ど閉じてしまっている。
長い一本の通りを挟み古い石積の民家が数百メートルに連なるにも関わらず、そこは完全なまでに、静寂で支配されている。






スペインの秘境集落と表現したくなるほどの佇まい。




泊まる宿がなければ、さらに2時間、9キロ先の村まで歩かなくてはならない。
一瞬不安が脳裏をかすめるが、幸い教会の側のアルベルゲが開いていたので、迷わず駆け込んだ。
朝食付きで9EURO。


ウチは寒いよ
Wi-Fiはないよ

というが、そんなことはどうでも良かった。
泊めてもらえるだけでありがたいのである。




あまりに寂れた空気感。
一体どう説明すればいいのか。  
遠い昔に連れて行かれてしまったかのような不思議な感覚。

単に「古い街並み」と表現するにはあまりに言葉足らずである。

国内外あちこち古い街並みを見てきたが、48年の人生で味わったことのない感覚だったことには間違いない。 




↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


【おしらせ】
11月30日~12月16日まで休館いたします。
日中不在にすることがありますので、空き状況のお問合せ、ご予約は、下記の時間帯にお電話にてお願いいたします。
07:00~08:30
17:00~22:00

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE
コリアンレストランで巡礼者定食
バルは何処も閉まっていたが、唯一開いているコリアンレストランがあると云うので、ランチに出掛けた。 
 


暇そうにスマホをいじる韓国人らしき男性に英語で声をかけると、快く招き入れてくれた。

ただしメニューはセットのみという。
所謂「巡礼者定食」なのだろう。
ついでにグラスビールを注文し、料理が運ばれてくるのを待つ。




韓国風なのかと期待するが、出てきたのは豆のスープ、パン、骨付きボークの煮込み。





しかし味は良く、満腹になった。 
食後にコーヒーを注文し、お会計はたったの10.15EUROであった。

多客時にはソルロンタンや焼肉、トッポギが食べられるに違いない(^^;

いつか必ず母ちゃんを連れてくることにしよう。(^^;


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


【おしらせ】
11月30日~12月16日まで休館いたします。
日中不在にすることがありますので、空き状況のお問合せ、ご予約は、下記の時間帯にお電話にてお願いいたします。
07:00~08:30
17:00~22:00

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE


カテゴリー