FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

旅と家族を綴る日記★ 
北信州・木島平でユースホステルを営んでいます。趣味はバイクと鉄道と山歩き。守備範囲の広さでは負けません(笑)
ターキッシュエアラインズ53便
定刻は22時25分発なるも、 毎日のように22時に早まるとの情報をネットで出ていたので早めに 搭乗待合エリアに移動。

ほぼ満席の乗客を乗せ 成田空港を離陸。


約1時間後機内食が配られる。

深夜便とは思えないほどのフルスタイルミールに驚く。


ANA シドニ行きはsandwich1つきりだっただけに、その差に「食のトルコ」の底力を思い知った。
日付が変わろとしているのに。。。



隣席は日本人大学生。
学校を休んでイタリアローマに行くという。

機内エンターテイメントは日系航空会社に比較すると圧倒的に貧弱で日本語で楽しめる番組も皆無。


その点においてはユナイテッド航空の方がまだ良いといえる。

ただしアメニティは充実している
以前は凝ったデザインのブリキのケースに収められていたらしいのだが。


フライトコンパスによると到着予定時間は4時27分。
見るものもなく、やることもなく、暇を持て余して やがて浅い眠りにつく。

やはり深夜便の長距離航路は辛いのだ。
しかし現地に午前中につけることを最優先としての選択なので仕方ない。

離陸から約10時間後、トルコ時間午前2時過ぎに 2度目の食事が配られ、 漸くイスタンブール到着が 目前に迫ってきた。


いくら飛行機好きとはいえ、いい加減疲れはてる。

闇夜のイスタンブール。


乗り継ぎの客は セキュリティゲートを通過させられる。


成田から乗ってきた客であるにも関わらず、 靴まで脱がされての再度の厳しいチェック。
最近爆破テロが起こったばかりなので、これも当然だろう。

国際線搭乗待合エリアは広大なショッピングモール。


まずは目覚めのエスプレッソコーヒーを飲みまったりと過ごした。


マドリッド行き飛行機は7時45分搭乗開始。

スペインは あまりに遠い異国の地なのであった。


スポンサーサイト
マドリードへ
4時半に到着したときはまだまだ閑散としたターミナルであったが、7時を過ぎると驚くほどの混雑を見せるようになった。
さすがはヨーロッパのハブ空港である。


7時45分に ターミナルから 駐機場へのバスに乗る。

どこもかしこもターキッシュエアラインの飛行機ばかりである。


機材はエアバス a 320。
小さいながらもれっきとした国際線で飛行時間は4時間を超える。


成田から乗った A330よりもシートピッチは広くモニターも最新式。




離陸して約1時間後機内食が配られる。
なかなか美味しいのだが、これまで食べた2回の食事と 似たり寄ったりの味付け(^_^)v


turkish airlines にはフライングシェフと呼ばれるコックが乗り組む。
さすが食の大国トルコである。


窓の外には雪をかぶった山々が連なる。
巡礼路も寒いのだろうか。

10時45分頃機体は降下を始めマドリード空港への着陸態勢に入る。

しかし気になった事が一つあった 。
入国カードが配られる気配がないのだ。
ガイドブックには確かに必要書類として書いてあるのだが ca に聞いてもそんなものはないという。

しかしないというのなら仕方がない。

が、駐機スポットに止まりドアが開き機外へ出ると、いきなり警察官がパスポートチェックを始める。

入国に厳しいのかと思いきやパスポートコントロールはあっさり通過。
検疫は無いに等しい。

国が違えばこうも 段取りが異なるのか。
何はともあれ無事入国したので良しとしよう。




↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


【おしらせ】
11月30日~12月16日まで休館いたします。
日中不在にすることがありますので、空き状況のお問合せ、ご予約は、下記の時間帯にお電話にてお願いいたします。
07:00~08:30
17:00~22:00

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE



マドリッドでバスに乗り換え移動
マドリッド到着はターミナル1。
ブルゴス行きのalsaバスはターミナル4
ターミナル連絡バスを利用しなくてはならない。

出口を右に折れ、50m程進んだ所にバス乗り場がある。



ターミナル2、3には徒歩出のアクセスも可能だが、ターミナル4(T4)ははるか彼方に位置しているのだ。


ターミナル連絡無料バスで15分程かかって到着。シドニー空港の国内線ターミナルへの移動よりもずっと遠い。


T 4に着いたらバス乗り場である一階にエレベーターで下りる。


確かにバス乗り場があった。

バス会社であるALSA の券売機が据えられていて、日付、区間、便名、座席指定の全てを画面表示に従い操作する E25.4


蛇足だが、Washingtonの地下鉄券売機には15分の「格闘」を強いられたが、ALSA は実に平易である。
ガード対応なるも、何故か現金でしか買えなかった。


一件落着し、ミニマートで甘いものを求める。

スペイン語は分からないが、「袋要りますか?」は欧米共通の店員応対である。
カード払いをすると、暗証番号入力と同時に、支払い通貨の選択ボタンを押させるのは、アメリカ、オーストラリアにはない流儀ではあるが。

ブログを執筆中の只今。
現地時間夜中の2時20分。時差ボケ解消にはあと2日ほどかかりそうである。




プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。
【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ

カテゴリー