FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
看板の掛けかえ
暑い一日でした。
かあちゃんは駒ヶ根へユースホステル奥様どうしの懇親会。

私は看板の掛けかえ作業に没頭しました。

昨日、この状態から塗装し、午前中にプレート文字入れ。


そして午後3時に完成。




シンプル第一に考えると、こうなりました。
スポンサーサイト



ようやくまとまった雨
昨夜からは梅雨らしいまとまった雨。
庭の草花も元気を取り戻しました。




菜園の野菜もすこしずつ収穫。





夏のシーズンを前に、忙しい毎日です。

今日は通りに面した石垣上に据える看板のリニューアル工事にとりかかります(^^)
研修会で奈良へ
火曜日から昨日まで関西出張しておりました。

20日朝9時に自宅をラパンで出発。
春日井まで一般道、そのあと亀山まで高速。そして24号、163号と経由して交野市の実家へ。

一泊後、奈良ユースホステルでの日本ユースホステル協会研修。
今年のテーマは

女子旅

今のトレンドなのだそうです。


ちょっと派手目の(^^)プロの旅人おねえさんが、迫力たっぷりにお話くださいました。(^^)


22日は12時過ぎに奈良を出発、往きと同じ行程でひたすら一般道を走り、塩尻市に入ったところで日没。食事としました。

長い木曽路がようやく終わりを告げ、国道19号線の鳥居峠を越えて下ってきたところに現れる有名なドライブインをご存知でしょうか?

その名も

食事のデパート
食堂SS


SSが何を意味するのか知らないのですが、ドライブインであることを鑑みればサービスステーションとでも解釈できます。

ガソリンスタンドをSSと略すのと同義です。

おそらく中京圏、関西圏の信州好きなら何度もその前を通過しているはずで、いつも大型トラックが止っている様子から、長距離ドライバーの間では人気の食堂であることは容易に察しがつきます。

しかし、これまでなかなか行く機会がなく、素通りするばかりだったというのが正直なところであります。

ですが、昨日、奈良での研修会の帰りに立ち寄ってみました。
時間はちょうど19時を回った頃、夕飯時でありました。


やはりトラックが沢山止っていて、ガラス越しには食事をする人たちの姿が手に取るように映っています。

入ってみると、そこはまぎれもなく大衆食堂。


メニューは驚くほどに豊富で、ざっと50種類はありそうです。


一番安いのでかけうどん340円。

ラーメンは400円台、カレーライスは500円台、コロッケ定食や、「普通定食」なるものもラインナップされていて、500円台のセットメニューも実に豊富です。

私が選んだのはチキンカツ定食。


かつは業務用のものと思われますが、サクサクの食感に、胸肉とは思えない柔らかさに驚かされます。


こうした定食屋さんに躊躇なく入っていけるのも、やっぱり「食べログ」によるところが大。
気になるあの店への第一歩はやっぱりインターネットの力なくしては考えられません。

次回ここを通ることがあったら、必ず立ち寄ることにします。
安くてうまい。そして従業員も親切。

遠方からやってくる長距離トラックのドライバーのオアシスであることには間違いなく、コストパフォーマンスはもちろんのこと、さりげない親切が来訪者の心に響くものなのですね。


5月末以降、月山、北海道、そして関西。
走行距離は4000kmを軽く越えました。

そのうちラパンで3218km。
給油量は95.59L
平均燃費は33.66km/L

ただただオドロキです。


芝刈りと馬曲温泉
しばらくまとまった雨のない木島平ですが、芝が伸びきって少々見苦しくなっていましたので朝から約二時間かけてじっくりと芝刈り。

雨が降ればもっと青々としてくるのですが、次のまとまった雨は水曜日あたりになりそうです。

芝刈りの後はかあちゃんと柚花で馬曲温泉へ。




青々とした植え込みに初夏を感じます。


稲はどんどん背丈を伸ばし、水面はほとんど見えなくなりました。
田んぼのけしきにもまた初夏を感じます。

毎年のことではあるのですが、一年に一度、ごく短い期間にしかその瞬間は見られません。

毎年同じ変化を感じながら一年一年年を取っていくのですね(^^)





草抜きとタイヤローテーション
6日ぶりの我が家にほっと一息。
やっぱり信州木島平はイイトコロだなぁと再確認した次第(^^)

3月15日の納車からすでに7000km以上を走りましたので、いい加減タイヤローテーションをせねばと先ほど済ませました。


わずか6日間のあいだに、アスチルベや、サルビアデモローサなどが見違えるように背丈を伸ばしていて、その脇に目立たなくなっている雑草の草むしりにも没頭。


それにしても涼しい6月ですね。

オホーツク高気圧の力がまだまだ強いままです。
そろそろまとまった雨の欲しい今日この頃。

最終日は小樽から
あっという間の北海道遠征もこの日が最終日。

9時過ぎに薫風舎を出発しまして、まずは「き花の杜」へ。
旭川の銘菓「き花」を沢山買い求めました。




お次は国道12号線を西へ向かい砂川
革製品と馬具で有名なソメスサドル




もちろん見学だけで買うわけではありませんが。。。。

そして北菓楼




それにしても北海道は土地土地に有名お菓子メーカーが存在し、いずれもが大きなショールームのような直売店を構えているのが特徴です。しかもいずれも応対が抜群にいいのです。
ことに六花亭に代表されるような丁寧かつ、決して恭し過ぎない自然な接し方は本州の観光関係者も見習うべき点が多いようにいつも感じます。

今回、用事があって小樽の輸入機械商社「新宮商会」の本社を尋ねたのですが、ショールームではない、単なる本社事務所であるにもかかわらず、実に丁寧な応対をしださいました。
c4-6807-2.jpg

一般の商店ではない「事務所」ですから、普通ならば、突然の「闖入者」に対し、「何しにきた?」的応対に陥りそうなものですが、誰もがバリアを張ることなく、実に親切なのです。

ガソリンスタンドで従業員に「長野からですか~」などと声を掛けられたり、とにかく今回は、外からの来訪者に対してつねにOPENな北海道人的気質を感じることが非常に多い旅だったように感じます。

滝川から国道275に入り、小樽には14時30分に到着。

道内有数の観光地ゆえに目抜き通りは観光客であふれていました。

フェリーは17時発。

3月に新造船が就航し、航海時間が一気に短縮されました。


まるでタイタニックのような垂直船首に秘密があるそうです。



速力アップのため、船幅が狭められ、その結果外郭部の眺望プロムナードが廃止されました。
大部屋がなくなり、全て区画された寝台ないし個室のみとなりました。
夜間のごろ寝を防ぐためであろう、公室エリアからはソファー型のいすが全て姿を消しました。
シアタールームが廃止され、立ち入り可能な遊歩甲板も後方に集中しています。
レストランはお一人様に対応し、外向きのカフェ式カウンター式テーブルが沢山設けられました。
大浴場に露天風呂が設けられました。

一言で言うならば、合理化をすすめ無駄なスペースをかなり削減したように感じます。
その一方でプライベート志向を強め、露天風呂などの万人が望む付加価値を具現化しています。



ワタシとしては1993年頃にデビューした、同社では最高の総トン数を誇った「フェリーあざれあ」型が一番印象深いのですが、時代とともに少しずつサービスの形態も変化していくものだと実感したしだい。


私達ユースホステル業界も、少しずつ変化していかなくてはなりませんね。

プライベート志向を強めて、合理化が進んだ印象です。

無事定刻に新潟に到着


家族の待つ木島平へ一目散でありました(^^)




薫風舎二日目
この日も薫風舎。

折からのしとしと雨で、肌寒い夕刻。
薪ストーブに火が灯りました。
欲しいな。うちにも(^^;



この日の夕食。


ちなみにメインディッシュは内容が違っていまして、この日は「鶏モモ肉のオリエンタル風」です。










パクチーシードが刺激的でした(^^;



隠れ家レストラン
ランチには薫風舎オーナーから紹介された此方へ。
厳密に言うならば、「新しくできた店なのだけれども、未訪問。でもとても気になっている」と紹介された。

そう表現すべきでしょう。(^^;

ならばと、行って参りました。




富良野や大阪の有名ホテルなどで約10年にわたりコックとして腕を振るい、生まれ故郷の美瑛に戻って来られたとの由。

実家は養豚業を営んでおられるらしく、提供される美瑛豚は折り紙つきです。

お知り合いが住まわれていた古民家を若い女性らしいセンスでリノベーション。
白を基調にしたインテリアは、どこか癒し系の映画に出てきそうな空間です。


私は直感的に「かもめ食堂」がアタマに浮かびました。



テーブル席とソファー席があり、私はソファー席に通されました。


メニュー


ペコペコプレートを注文しました。


スープは人参ポタージュ。


この日は150~180位あろうかと思われる美瑛ポーク(ロース)をソテーした、まことに美味なる逸品。
ソースは、赤ワイン、たまねぎ、そして隠し味に赤味噌(たぶん。。。)をブレンドしたオリジナル。

日によって、カツレツや、全く違うアレンジのグリルも提供されるそうです。

付け合わせの野菜ソテーは素材の良さを引き出し、また生野菜サラダはこれまた人参をベースにした、思わず作り方を尋ねたくなる味わい。

料理のクオリティもさることながら、満面の笑みでゲストと気さくに会話に応じる姿勢もまた好印象。

多くのゲストが感じるであろう「愛されキャラ」は、瞬く間に口コミで拡散されるに違いありません。


カフェ巡りその4 ~ランドカフェ&ゴーシュ
美瑛滞在二日目は引き続きカフェめぐり。
まずは五稜近くにあるランドカフェ。

実に感じのよいエントランス。



開店直後で静かな店内。

ケーキセットを注文。
この日はルバーブのパウンドケーキ。


砂糖漬けにしたルバーブが果肉のまま入っています。

ちなみにコーヒーはペーパードリップ式。



ご主人がドイツ人で、農業を始めるために、ここ美瑛にやって来たそうです。

ランチを挟み、午後は美馬牛のゴーシュ。
昨年から食事提供をやめて、コーヒーとスイーツ、そしてベーカリーに特化した店へ転換したそうです。

コーヒーを焙煎し、ケーキを焼き、ランチを営業。多忙を極めすぎたのかもしれません。

コーヒーはネルドリップ、銘柄はもちろん、しかも濃度が選べます。
ブラジルショコラで、定番の120cc25グラムをチョイス。


コーヒーはやはりネルドリップで濃くまろやかに抽出するに限ります。
コフィア以来の「本物のドリップコーヒー」に出会えました。(^_^)v

ランチ提供廃止にあわせて店内も改装。
インテリア、エクステリアともに店主さんのセンスの高さが伺えます。







今宵の宿は薫風舎
今宵の宿はお馴染みの薫風舎。




1998年10月に初めて訪れて以来、我が宿が最も影響を受けたペンションさん。

宿を開くに当たり、ユースホステル、とほ宿、ペンション、その他多数の宿を泊まり歩いてきましたが、私の中では、いまだに此処を越えるところに遭遇したことがありません。


まずはランニング。
四キロ、一キロ平均5分45秒のほぼイーブンペースで完走。

三ヶ月後の北信州ハーフマラソン本番でこのペースを守れば三時間台が狙える計算ですが。(^^;


この日の献立。
















空間作り、演出、料理。どれをとってもなかなか真似のできるものではありませんね~。





カテゴリー