FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平2020早春賦★ 
旅と家族と日常を綴る宿主の徒然なる日記☆☆
インド料理フェアに備え
それにしても、雨が続きます。比例するように、千曲川の水位もグングン上昇中。
何事もなければ良いのですが。。。

さて、今日は週末のインド料理フェアに備え、料理の試作。



バターチキン
フィッシュマサラ
タンドリーチキン
ナン3種

玉ねぎ
生姜
ニンニク
コリアンダー
クミン
ターメリック

をベースに、様々な薬味、スパイスを加えイメージした味を探り、たどり着きます。
 






スポンサーサイト



15年目の改新に向けて
先日受講した奈良での研修会。
思っている以上にわがYHの世界は他の宿泊業界に比べて遅れをとっているということをあらためて実感したしだいであります。

あれから早速インスタを始めまして、FBとの連携を図りました。

しかし、ウェブサイトについては旧態然としたままなのは否めません。

開業前の2000年5月に、ニフティーサーブの付属HP作成ソフトで簡易ページを作って以降、2003年にホームページビルダーでの作成に改めました。
当時としてはなかなか良い出来でして、一日200件以上のアクセスがあり、かつ、アクセスカウンターも100万以上を記録していました。
つい数年前まで、「日本一アクセスの多いYHのホームページ」との密かな自負がありました。

しかしながら、世の中、携帯端末時代です。
スマホ対応でないサイトは、SEO対策の点でもかなり不利と聞きます。

15年間愛用した、あのゴチャゴチャしたHPもいよいよ潮時を迎えた感があります。

決心しました。

15年目の改新を断行します(^^)

すでにHPのニューバージョンの制作にとりかかりました。

この10年でウェブサイト作成の業界にもかなりの変革が起こっています。
自作HPの定番ソフト「ホームページビルダー(HPB)」はすでに時代遅れのようです。

実は先日最新バージョンのHPB21のソフトを買ってきました。
しかしあまりにも操作が煩雑なのです。

解説書と首っ引きで取り組みましたが、どうも先に進めません。
10年ほど前に買ったHPB14とは隔世の感があります。

イライラするばかりです。

一方でオンラインウェブサイト制作の大手「WIX」で試作してみました。
説明書要らずで、サクサクと簡単にことが運びます。

操作性は月とすっぽんです。

HPBはもう時代遅れなのかもしれません。
残念ながらHPBをこれ以上触るのはやめにします。

昨日は終日WIXサイトをいじり倒しましたが、いよいよゴールが見えてきました。

何事にも凝り性なので、中途半端なものは作りません。
徹底的にやりたいと思います。

来週半ばには完成形を披露できると思います。

お楽しみに!!




先日の講演会
先日、東京品川で開催された旅行予約サイトの講演会。
EXPOと名付けられた、全国各地のホテル旅館が一堂に会するビッグイベントでありました。

予約サイトに登録、参画して10年以上になりますが、会社が主催する講演会(研修会)に参加したのははじめてのことでありました。

どうせ大規模施設向けのあまり役に立たないものに違いない。
会社の金儲けなんだろう。

そうした斜に構えた気持ちから、まったく興味を持つことなく10年以上が過ぎました。

しかし最近担当者が変更になり、これがまた大変に面倒見のいい方であります。

ぜひ中村さんも参加されてみてはいかがですか?
きっと役に立ちますから。

セールス上手なトークにも半分根負けして、暑い中、新幹線に乗って意気揚々とでかけてきました。

しかし参加してみて大変驚きました。


目から鱗なのです。


同様の研修会といえば日本ユースホステル協会の主催研修が恒例となっています。

年々内容のクオリティーは上がってきてはいる感があるものの、どちらかというと義務で参加している的なノリが少なからずもあり、自施設にはあまり当てはまらない、関係ないと感じる内容もまた少なからず存在します。

ですが、今回参加した会は、巨大ホテルから小規模民宿、温泉旅館まで、あらゆるタイプの宿泊施設にとって確実に利益となるものでありました。
講師のレベルが極めてハイレベルであるというのはもちろん、登録宿泊施設が何を求めているのかを精査し、研究しプログラムを組んでいるので、つまらないと思う時間が1分として存在しない、実に素晴らしい時間だったといえます。


「いらっしゃいませ!」は接客用語ではない。単に「客が来たぞ!」を意味する号令でしかない。
温泉旅館にでかける目的は単に温泉に入り、おいしい食事をしたいからではない。
ニーズを満たしたところでそれは顧客満足度にはつながらない。宿として最低限義務を果たしているだけである。
「サプライズ」とよくいうが、2度も3度もサプライズなどできない。


その他たくさんの概念について、2名の講師の方からお話をいただきました。
録音OKの分科会講演もありましたので、それを繰り返し聞いてひとりフムフムと頷いているところであります。

夏前には例年、こうした研修会、講演会がたくさん開かれます。

可能な限り、足を運び、外の空気を吸い、自分の肥やしにする大切さを改めて知った次第。

夏に向けて、さあ。頑張ることにいたしましょう。

懸案のHP大幅リニューアル。
いよいよ9合目に到達しました。

早ければ今日、遅くても明日にはお披露目できるのではないかと思います。

激変ですよ。(^^)






ホームページできました
先週半ばから集中作業してきましたが、先ほどようやく新しいホームページができました。
独自ドメインも取得しました。

15年ぶりの刷新です。

作成に当たっては、いろいろな宿泊関連サイトを参考にして、より格好いいものを目指しました。

なかなか良いのができたのではないかと。。。。。

でも、しばらくは旧サイトと並行です。
あのゴチャゴチャしたページも愛着があり、捨てがたいものがあります。簡単には閉鎖できません(^^)

よろしくお願いいたします。


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE

テント張りとクワガタムシ ~夏本番ですね
海の日三連休を迎え、ついに夏本番モードに突入しました。

まずは芝生広場にテントを張りました。


夏のキャンプ体験の一環として、お泊りゲストには自由にお使いいただけます。

相部屋での寝苦しい夜の逃げ場に。
お子さんの野外活動体験に。


5人用の大きなタイプですので、意外に室内空間は広々しています。

昨日お泊りのゲストはねっからの昆虫採集ファミリー。
採集可能場所をGoogleマップでご案内し、各自おでかけいただきましたところ、ノコギリクワガタ、ミヤマを中心に10匹近くを採集。


7月はカブトよりもクワガタが多く出没する傾向にありますので、予想通りの成果といったところでしょうか。




稲泉寺の大賀はす
木島平の今のみどころといえばやはり稲泉寺の大賀蓮。

大賀ハスは、1951年、千葉県千葉市検見川にある東京大学検見川厚生農場の落合遺跡で発掘された、今から2000年以上前の古代のハスの実から発芽・開花したハスのことで、いまでは全国各地に広がり地域の名所になっています。

木島平もその一つで、ウチから車で10分ほどのお寺の蓮池が今の時期大輪の花で埋め尽くされます。




昼から馬曲温泉につかり、その足でハス見物。


夏の暑い日差しに負けず、開花が進み、しばらくの間見ごろが続きそうです。

まだ見たことがないという方、是非一度その目で確かめてみては?

太古のロマンに浸るのもまたオツですよ

絶景露天風呂とセットで足を運ぶのがおススメです。


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE



いちばん美味しいかもしれない卵かけごはん
うちで常備している醤油。

九州熊本県の「岩永醤油」です。

中村家のルーツは熊本にあり、実は幼少のころから熊本の甘い醤油で育ちました。
なので、その味から抜け出せずにいるのです(^^)

好き好きもありますので、万人に合うかどうかはわかりません。
でもウチの朝食でお出ししているだし巻き卵との相性は抜群です。

そしてさらにいうならば、卵かけごはんにはさらに相性が良いように思えます。

独特の甘さととろみが、竹内農園のでかまるコシヒカリの大粒米に絡み合い、口の中でゴハンが踊ります。
しょっぱさがないので、ガンガンお替りしたくなります。

日本で一番美味しいかもしれない卵かけゴハンは、ひょっとしたらウチではないかと思ったりします。

そこで企画しました。

熊本の甘い醤油でチャリティー卵かけごはん



【参加要領】


朝食時プラス300円で、たまごを3個までサービスいたします。
つまり卵かけゴハンが3杯お替りできます。
頂いた300円のうち、200円を2016年熊本地震、ならびに2017年九州北部豪雨の救援金に充当します。





甘い醤油でたまごかけ。
食べるあなたの心意気。

多くの方のご賛同をお待ちしております!!!



エリミネータでカヤの平
暑い日が続きますが、遅れ馳せながら梅雨明け発表となりました。

そんな時は避暑に出掛けるに限ります。

愛車エリミネータ125でカヤの平へいってきました。

カヤノ平は、標高1500mの、信越地区最大級のブナ原生林帯です。

久しぶりに車庫から引き出し、バッテリを交換して。。。。

革ジャンで身を固めて出発。

三十分後、標高1500mの別天地へ。




ブナの森を少し散策しながら写真撮影。





20分後、再びエリミネータに跨がり、家に戻りました。


それにしても暑いです。

日が沈めば一気に涼しくなるのがせめてもの救いですが(^^;

信州ならではの夏の夜。
イイ感じです。




おへりょパイ、美味しいですよ。
お土産に喜ばれる菓子。なかなか悩みどころです。

あくまで私見ですが、信州にはなかか目立った銘菓が見当たりません。小布施の栗菓子以外は(^^)
その証拠に、信州のどのSAに行っても必ず小布施ブランドが目立つ場所に陳列されています。逆に言うならば、信州には小布施の栗菓子以外にめぼしいものがないのです。

飯山、木島平地区でも


酒かすフィナンシェ

ブナの実クッキー

米粉サブレ


など、地元色を前面に押し出した企画菓子が見られますが、メチャメチャ美味しいかといえば、決してそうではありません。

酒かすフィナンシェなら、栗の木テラスのマロンフィナンシェのほうが100倍美味しいです。
ブナの実クッキーをユーハイムのクッキーと食べ比べすると、たぶん負けます。(笑)
サブレにするなら、米粉よりも小麦粉で作ったほうが、格段に香りがよくなります。

結局特産物にこだわると、本当に美味しいものができません。
一度買えば二回は買わないのです。

信州の土産菓子はおしなべてヒジョーに地味です。
いや、そこまで地味ではないにしても、信州の土産菓子は「特産」からの呪縛から抜け出せず、本当に美味しいと思える土産菓子が生まれてきません。

中でも多いのがりんごを使ったお菓子。しかし、リンゴは生で食べるのが一番美味しいのです。ことに12月のサンフジの美味しさと言ったら、筆舌に表しがたいものがあります。
ですが、その「サンフジ」を加工してお菓子にしたところで、まったく冴えないものに成り下がります。
特産物にこだわりすぎるとロクなものができません。


全国を見渡してみると、人気の銘菓には一定の法則があります。

1.地元の特産物にはこだわらない。
2.決して伝統菓子ではない。
3.大手の製菓会社が作る類似品がない。
4.必ず喜ばれる。
5.自分で買って食べたいと思う

私が美味しいと思ったお菓子を思いつくままあげてみると。。

北海道 とうきびチョコ、マルセイバターサンド、三方六、 き花
大船渡 かもめのたまご
仙台 萩の月
福島 ままどおる
東京 ごまたまご
神奈川 鳩サブレ
鳥取 ふろしきまんじゅう
愛媛 ポエム
熊本 武者返し 陣太鼓


そんな中、飯山の老舗洋菓子店、サン・ローランさんの「おへりょパイ」は、北信州が誇るべき銘菓ではないかと思います。

こしあんがしっとりしたパイ生地に包まれた、バター風味あふれる和洋折衷菓子です。
この際、飯山銘菓としてガンガンPRしてほしいと思います。

見た目、味、原材料は熊本の「武者返し」に非常に似ています。

ですが、おへりょパイを土産にもらってうれしくない人は多分いません。
先日、お泊りのゲストから「おへりょパイ」の30個詰めを頂きました。
お菓子の詰め合わせをもらってこんなに感動したのも久しぶりでした。

お勧めです。
キハ82動力車更新しました
夏休みを前に、当鉄道の主力キハ82系。
動力車を新しいものに更新しました。


電気機関車と違い、ギアの部品が細かいので耐久性に乏しく、長年の酷使で走行性能が劣化します。

たとえオーバーホールしても、完全には復活しません。

カメラ搭載編成なので、スロー性能もないがしろには出来ません。

2005年の導入から三両目となります。

明日からの繁忙期、しっかりと酷使に耐えて頂きましょう。








↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE






プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー