FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平2020早春賦★ 
旅と家族と日常を綴る宿主の徒然なる日記☆☆
ゲレンデの草刈り
今日は木島平スキー場のゲレンデ刈り払いに出役。



山頂沢コースの急斜面をのぼりながら悪戦苦闘しました。

いい加減回転刃の切れ味が悪すぎ、かなり効率の悪い作業人に成り下がってしまった模様(X~X)

しかし、紅葉の山々は信越トレイル同様、実に美しいものでした。


やっぱり秋は良いですね(^_^)v





スポンサーサイト



赤いやね
工事は着々進行中。
昨日、屋根を葺きました。濃い目の赤い色。


レトロ感を持たせるために、主流の一文字葺きではなく、たて平葺きをあえて選択しました。


壁は唐松を縦に葺いて、濃焦げ茶色に塗装します。

サッシの色は三協「アルジオ」の新色「アースブラウン」。


もう少し明るい茶色だとよりメリハリが付いてデザイン的にも洗練されそうなので、塗装完成後に自分で枠組みする予定です。



今朝は冷えました
今朝は冷えました。

霜が降りて、雲海が平野を覆いつくし、独特の霞んだ空気を作り出しました。




気温は1度。


明けのお月様が西の空に。


増築はいよいよ内装工事にとりかかります。




連休過ぎて少し落ち着いたので、今日から2泊で恒例の長野県ユースホステル取材旅行に出かけてきます。


北信州ツーデーパスの旅
年に一度のホステル宿泊体験取材旅行に出かけました。今回は列車で。


まずは 北陸新幹線で上越妙高をへ移動

そこから えちごトキめき鉄道妙高はねうまラインに乗り換え 妙高高原。




さらにしなの鉄道北しなの線、 長野駅から 小諸行きに乗り換えて戸倉まで移動してきました。


ちょうど昼ご飯時だったので駅の待合室にある昔懐かしい雰囲気漂う 立ち食いそばでランチと致しました。


かけそばと 名物のもつ煮込み




戸倉での目的地はここ


温泉ツウの間では大変人気かつ有名な国民温泉。
アルカリ性のトロリとした肌触りにして、完全源泉かけながし。







温泉を満喫したら、ここから姨捨まで 歩いて行くことにしました。

歩く旅というのは本当に心に残るものです。


車で移動するだけだと通り過ぎるものが全く目に入らず 、往々にして何も印象に残りません。
しかし、 歩くことで、あらゆるものを五感で感じ取ることが出来ます。




車でのドライブは日常の延長ですが、 歩くことによって何の変哲もない景色が非日常へと 変化するから 不思議なものです。


姨捨まで約6 km の道のりでありました。


遠くに行かなくても「旅」。
これぞ旅。

良い時間でした。

^^)


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE

別館ログハウスご予約受付中
SSC_0061sedr2a2.jpg
AIR B&B
楽天トラベル



人気のゲストハウスに潜入(^_^)v
昨今のゲストハウスブームはとどまるところを知りません。

信州にも人気の宿が多数存在します。

小谷村 梢の雪
安曇野 地球宿
下諏訪 マスヤゲストハウス
須坂  ゲストハウス蔵

その他多数。

今日は一番近い須坂のお宿さんを訪ねました。


八畳の和室に衝立を設けた3人ドミトリ。

1泊3000円 素泊まりのみ

古民家改修型の、いわば今のトレンドともいえるスタイルです。
3部屋 11名定員の小ぢんまりしたアットホームな雰囲気に溢れています。

女性オーナーさんはひたすらフレンドリーかつ親切。
適度に砕けた振る舞いが好感度大です。


夕食を外で食べ、その後オーナーさんが温泉に送迎してくださいました。(須坂温泉古城荘)。

生まれは須坂市内で五年前にUターンし、ゲストハウスを志願。

ゲストハウス品川宿で三ヶ月修行し、須坂市内いわゆる旧市街で空き物件を賃貸で借り受け開業されたとのことです。

温泉から戻ると、そこは10人ほどの若者が集う宴会場。

みな宿泊者かと思いきや、半数以上が近所の住人。

話には聞いていましたが、いま人気のゲストハウスは、宿泊者だけでなく、地域住民のつどうコミュニティハウスとして広く開放されているケースが多いのです。

しかも、圧倒的に若い。
本当に若いのです。



みんな20代後半から30代。

1990年代から2000年代初等のユースホステルの雰囲気です。

いや、それを通り越して、かつての人気恋愛バラエティー番組

あいのり


の如しです。

会話の内容は勿論旅の話が中心。どこのゲストハウスが良かった、昨日は何処其処に泊まった、等々。

残念ながらユースホステルについては話題にのぼることはありませんでした。桃山荘以外は。。。。(ToT)

隣は日中カフェとして営業されています。


キッチン


フロント談話エリア



ウチも15年前ならこんなシーンも珍しくはなかったかも知れません。

若い人が居ないと嘆くユースホステルオーナーさんが少ない昨今。
しかしこんな光景を目の当たりにすると、一体何が原因なのか、本当に分からなくなってしまいます。

かつて、国内ユースホステル業界の重鎮たちは、ユースホステルに若い人が来ないのを「海外に流れているから」と言い訳していました。
「ゲストハウスはユースホステルと違い、交通至便な立地にある」と、立地環境のせいにしていました。

しかしそれらは単なる言い訳に過ぎなかったのではないかと、最近強く思うようになりました。

ひとが集まる空間には、揺るぎない一定の法則が存在しているのです。

大変勉強になりました。








↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE

別館ログハウスご予約受付中
SSC_0061sedr2a2.jpg
AIR B&B
楽天トラベル


スペインへ向けての足慣らし その1
スペイン歩きツアーまであと3週間。
そろそろ本気で足慣らししなくてはなりません。

昨夜、戸隠高原横倉ユースホステルさんに1泊お世話になりまして、今日はバスではなく、戸隠古道をたどり自分の足で長野駅まで歩いて行くことにしました。

出発は0922


戸隠バードラインに沿って、古道が続いているのです。


ウエストバージニア州のアパラチアントレイルと雰囲気が瓜二つ。





古道の証です


かつての戸隠の入り口だった「一の鳥居」跡


道標はわりとシッカリしています。


八キロ地点付近は鬱蒼とした泥濘。


芋井上ケ屋地区で、ようやく人家のある里。




急峻な斜面にはリンゴ畑。
秘境の雰囲気をたたえる長野市芋井地区。
南斜面ゆえにかなり高品質そうなふじがたわわに実ります。


共撰所もあるので、時期になったら是非買いに来ることにしましょう。


善光寺まであと五キロでもまだこんな山の中。


善光寺まであと三キロ


国道406号線に合流すると、イキナリ市街地、西長野町。
ワープしたような感覚です。


和田りんご店という八百屋さん。

ふじが一盛り200円で売られていて、ひとつお買い上げ。芋井産ではないと思いますが。。。


西門酒蔵を通りすぎ


善光寺仲見世着は1253

総距離17.7キロ、所要時間3時間30分、平均時速は約5キロ弱。

足裏痛、マメともに発症しませんでしたが、やはり巡礼路歩きには「20キロのカベ」があります。それまで何ともなかったのが、20キロを越えると次第に怪しくなってくるのです。

スペイン参加の方は是非出発一週間前迄に25キロウォークをお試し頂きたいと思います。




↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE

別館ログハウスご予約受付中
SSC_0061sedr2a2.jpg
AIR B&B
楽天トラベル



今季最後の信越トレイル 初日
今季最後の信越トレイルツアーに行ってきました。


第一日目は野々海峠から宇津俣峠。二日目が雨予報ゆえに、この日に最長区間をもってきての変則的パータンです。

野々海峠沿いはブナの巨木が非常に多く群生しています。

なかでもこいつは信越トレイル沿いで見られる、もっとも美しく、かつ迫力のある樹勢を誇示しています。

本当にほれぼれするようなカッコよさです。

ニシマド湿原


この日は眺望もよく、なんとあの飯豊連峰が確認できました。


拡大


手前の影は二王子岳、飯豊の最高部は大日岳です。

常時西側はこの通りの展望。


幻の池近くのビュースポットで。


伏野峠を過ぎ、菱ケ岳を望みます。


宇津俣峠から沢沿いを下山。

樹齢50年ほどの若いブナの群生地。


晩秋ならではの見通しのよさです。

車道に出る前の畑地帯。


なんとも言えない秋の夕暮れを感じさせます。

お疲れさまでした!!!





2日めは嵐の中に
2日めは、台湾花連からお越しのゲスト、Linさんが参加。
英語を交えながらの御案内となりました。

関田峠手前の「チェーン着脱場」がスタート。


しかし折からの季節風はやがて雪をもたらし。。。


鍋倉山頂はこの通り。


やせおね区間で晴れ間がのぞき


小沢峠下


極寒のトレイル歩き。
お疲れ様でした。


3日目はまれにみる雪中行軍
前日の冬型気圧配置により、信越国境には相当の降雪があったに違いありません。
この状況を予想し、ハイエースのタイヤを金曜日の内に新品スタッドレスに交換を済ませていました。

2013年の同時期、伏野峠で猛烈な吹雪に遭遇し、同じく直前に冬タイヤに交換したデリカで急遽迎えに来たもらったことがあります。

それくらいに雪の確率の上がる11月なのです。

国道117号線を北へ進み、平滝で野々海峠への分岐。そして標高を上げていくと、やはりこうなりました。


途中まで進んで引き返していった車の跡がありましたが、スタッドレス装着のわが車は意を介することなく前進。前進。


野々海峠はこの通り。


そこから深坂峠まではメイントレイルを忠実にたどります。

信州最北の三角点




その先の展望所


そして深坂峠


ちょうど付近で積雪は4cmほどにまで増えてきました。

本来なら三方岳を経由し天水山を目指すのですが、この雪ではあのローラーコースター的アップダウンを安全にクリアすることは困難と判断し、車道を行くことにしました。


メイントレイルの尾根の真下に切り開かれた車道ゆえに眺望はほぼ一緒。
絶景が広がります。


そして1時間後、松之山口に到着しました。


お疲れ様!

この日は最終日ということで松之山温泉で疲れをいやしてお帰り頂きました。


ありがとうございました。
またお目にかかりましょう。



ダルマストーブがやってきた
増築工事はただいま断熱材を全面に仕込み中。
だいぶ姿かたちがハッキリしてきました。



4.7mのカウンターテーブルには平面コンセントを合計4か所(8口)設けまして、スマホ社会に対応します。



いっぽうで注文していたダルマストーブが届きまして早速仮組してみました。


早速煙突工事屋さんがやってきて煙突接続口のジョイント制作のための採寸。


仮設の間仕切りは24日に撤去予定なので、25日の海の幸フェアはダルマストーブのほのおで団欒と参ります。
お楽しみに!!




プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー