FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

スペイン巡礼の旅2019★ 
冬季営業開始は12/21から
The way to Santiago De Compostella DAY
いよいよ巡礼開始。
時差ボケにより夜中一時に目が覚め、そのまま朝を迎えた。

七時に朝食をとり、八時に出発する。
天気予報によると、ブルゴスは雪。しかも吹雪ときた。
出発時点ではまだ雪は舞っていなかったが、気温は一度と冷え込んでいた。

標高900mのメセタの高地は思いのほか寒い。

薄暗い中出発する。 


ライトアップされた旧市街を抜け、巡礼路に入る。

が、果たして雪が舞い始めた。


三十分も歩くと、やがて雪は本降りとなる。


初めは集団で歩いていたが、やがてバラケはじめる。


この時期の積雪は珍しいらしく、ハイウェイを走るトラックは断続的な徐行を強いられている。
時折救急車やパトカーが行き来しているのを見ると、やはり尋常ではないことを思い知らされた。

10キロを2時間40分で歩いた先にタルダホスの村。

小休止にバルに入る。バラケていた一団が一堂に集まった。


早めのランチをとり、後半に備える。


趣きのある寒村に目を奪われつつ、先を急ぐ。





ラベカルサダスの村




そこを過ぎると、巡礼路の最大の見所の一つ「メセタ」の大地の核心部へ差し掛かる。


幸い天気は劇的に回復し、視界が開ける。




昨年同様、BGMをアクアマリンの「遠い世界」にセットする。
私の中では、この光景にこれ以上相応しい音楽はきっとこの世には存在しない。















最後の峠を越えると、はるか彼方にこの日の投宿地、オルニージョスデルカミーノの村が姿を現した。



凍てつく坂を慎重に下り、村に差し掛かる。
積雪は落ち着いたが、凍結路面に気を遣う。









ひとけのない、静寂のむら。



限界を超えた限界集落の様相に心打たれる。


遠い昔のまま時間が止まった秘境に巡礼者は何を思うのか。


旅をしている喜びを感じずにはいられない。

この日の宿は教会の運営する公営アルベルゲ。


ゆっくり休むことにしよう。









スポンサーサイト



オルニージョスの夜
オルニージョスの夜は寒い。
家の明かりは消えたままの集落には全くひとけがない。
町並みは健在なるも、定住人がほとんどない、巡礼中継地としての役割のみを担う村と察せられる。


しかし、巡礼者を飢え死にさせる訳にはいかないので、食事を提供する仕組みが必ず存在する。

昨年訪れた時は、通りの端のコリアンレストランに入った。
アルベルゲの管理人にそこでの食事の可否を尋ねると、やっているという。
但し、昨年居たコリアンはブルゴスに行ってしまい、今はアイルランド人が経営しているらしい。

夕食を是非そこでと申し出ると、後で店主がやってくるとの由。

極めて閉ざさるた村ゆえに、アルベルゲとレストランが緊密な関係を保っているのだろう。

約束の7時にレストランに向かうと、そこは電気の消えた、ロウソクの明かりのみの少し変わった場所であった。


巡礼者メニューとして、

1 パンプキンスープ または 
ブルーチーズとストロベリーのサラダ
2 ハンバーガー または
ベジタブルカレー または
トマトパスタ
3 デザート

の中から選ぶことが出来る。

この日は隣むらに住むというミュージシャンが弾き語り演奏を披露してくれた。

素晴らしい演奏だったがいかんせん寒すぎた。


アットホームなアルベルゲだが、やはり寒さは半端ではない。

夜はダウンジャケットを重ね着し、靴下にカイロを貼り、「象の足」を装着し眠りについた。

時差ボケがほんの少し解消したのか、前日は夜中一時に覚醒したが、この日は3時半まで目を覚ますことがなかった。

足裏カイロの力は絶大だ。





巡礼2日目 オルニージョスからカストロへリス
前日同様、7時に朝食を取り、八時に出発した。





天候は小雪。手先が冷えこごえる。
はじめの9キロはメセタの高地を行く。




まるで美瑛か富良野の丘のような丘陵地帯を延々進む。

とはいえ、ヨーロッパの田舎は何処へ行ってもこんな光景が当たり前なのである。

サンボルの集落。公営アルベルゲが一軒あるのみ。






やがて晴れ間がのぞく





2時間半歩くとオンタナスの村






公営アルベルゲがバルを兼ねていて、早めのランチにする。


片言の日本語を口にする店主がめっぽう面白く、腹話術を披露してくれた。

この村の名物おじさんに違いない。

約1時間滞在し、後半戦。


依然小雪の降る中、長い隊列で西を目指す。

先頭はHさん、二番手Uさん、三番手集団から遠く離れて最後尾はSさん。

やがて車道に合流、とはいえ殆どクルマは通らない。


6キロ地点の修道院跡を通過




ようやく目指すカストロヘリスの村が見えてきた。




中世の雰囲気が色濃く残る、いにしえの町並みに心躍る。





教会


石造りの家並み








今回投宿する村々の中では、間違いなく最も歴史的景観に満ちた場所である。

そんな村の中程に建つアルベルゲ。


明るい雰囲気の広々した空間に心休まる昼下がりを過ごした。








プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー