fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
年度末は忙しすぎて(*~*)
いよいよ三月も中旬。

スキーシーズン後の家族の春休み計画を練るものの、今年はどうやら雲行きが怪しい感じであります。

3月下旬はびっしりとお客さんの予約が入っており、動けるのは4月1日(日)の午後以降。
しかしながら英時の高校の入学式が4月3日(在校生も当然出席義務)、始業式が4日でその日にはいきなり年度初めの実力テスト。
春花と柚花の始業式が4月6日。

つまり、我が家に与えられた春休みは4月1日(日)の午後から4月2日まで。

どうにもなりません(涙)

どうにかしたいのですが、やっぱりどうにもなりません。

史上初、春休みのない我が家になるかもしれません。

あーあ(溜息。。。。。。)




雪解け進み白馬へ
昨日は一気に気温が上がり、スキー場から見る里の水田の雪もだいぶ解けてきました。



この日は講習終了後、白馬へ向かいました。
私が愛用するスキー「Reism」の設計開発者である岩渕隆二氏のスキーショップへ行くためです。

春霞に覆われた北アルプス連山


スキーショップ前にて


ショップを後にして向かったのは白馬さのさかスキー場。


白馬八方尾根や白馬五竜、白馬岩岳などは北アルプスを望むOPENな雰囲気ですが、此処は林の中のスキー場。
かなり雰囲気が違っていました。


一回券を350円で買って、一本だけ滑りました。

その後倉下の湯に立ち寄り入浴


残照の北アルプス


さらに大町の「豚のさんぽ」




黒部ダムカレーを食べて帰宅しました。
久しぶりの信州内ロングドライブ。

木島平~白馬~大町~木島平を200km走った平均燃費は32.2km/Lでありました。
それにしてもラパンになってから、やたらと煽られ、追い抜きされることが激増しました。
法定速度+αで流れに乗って走っていてもです。

弱弱しいリヤビュー、見るからに小さな躯体がそうさせるのでしょうか?
見た目だけで虐めないでほしいものです(^^)




雪解け進み春遠からじ
先週ほどの暖かさではありませんでしたが、今日は昨日に比べてぐっと気温が上がりました。

窓から眺める雪景色もすっかり春模様。


昨日は盲導犬同伴ゲストがお泊りでした。
お馴染みのローリー君。


一方で、本格的なツーリングシーズンに向けて、バッテリーが上がってしまい、さらにレギュレータ不良(と思われる)のバイクを整備工場へ送り込みました。


今回はどんなに坂を下って押し掛けしてもエンジンは無反応でありました。(x~x)

スキーシーズンが終わればゴールデンウイークまではしばしの春休み。

2014年&2015年の春はアメリカ
2016年&2017年の春はタスマニア

いずれもお客さんのガイドのためのいわば「仕事」でしたが、この春は5年ぶりに自分のための計画を立案中。

そういえば5年前は家族3世代でトワイライトエクスプレスの最後尾車両に乗ることが出来ました。

*厳密にいうならば、両親へのプレゼント(^^)

今年は、出来ることなら瀬戸内の島々をめぐりたいなと思惑を巡らせています。交通手段はもちろんバイク。

あくまで机上の空想旅ではありますが、伊良湖から伊勢湾フェリーに乗って、紀伊半島を縦断、さらに南海フェリーで友が島水道を横断。
さらに塩飽諸島の伝統的町並みの島々をめぐり、しまなみ海道、とびしま海道、最後は四国(東予)からフェリーで瀬戸内海横断。


音戸瀬戸の日本一短い定期航路も楽しそうですし、芸予型フェリーもまた興味津々。




海運会社出身の私としては、鉄道と同じく、テンションの上がる乗り物なのです。

たとえ幻に終わったとしても、 考えているうちが一番楽しいのでよしとします。


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE




カテゴリー