fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
カシオの超広角コンデジ

世の中やたらと「バエ、映え」とやかましい昨今。(^^)
要するに写真写りを良くして魅力的に見せようということでして、何も今に始まった話ではありません。

個人がイイネを求めて躍起になる以前に、商業を営む者ほど写真写りの良さにこだわり訴求することを怠ってはいけないのであります。

日本ユースホステル協会の公式サイトには全国200軒あまりのユースホステルが紹介されていて、1施設当たり5枚の写真で構成されていて、自動で写真が入れ替わる仕組みになっています。

それらの写真は各ホステルが協会にデータを提出し掲載されるのですが、頼めば、いつでも変えられることになっています。

昔からイベントで写真教室を主宰してきた私としては、写真の質だけはどこにも負けたくないという思いが強くありまして、これまでもいろいろと試行錯誤しながら、魅力的な訴求をすべく写真を撮り続けてきました。

はじめて買ったデジカメは、2000年5月に買ったコダックの100万画素デジカメ。
丁度YHの新築現場に向かう前、新宿のヨドバシカメラで買ったものです。
kodak_1.jpg


しかしあまりに画質が悪くプリントに堪えないので2002年ころにはこれ。
8万円もしましたが。。。。。
$_1.jpg


一眼レフの価格が子慣れてきた頃、当時ミノルタ派だった私はこいつをヤフオクでゲット。
それでも8万円もしました。
ki_alpha01.jpg


しかしこれがとんでもないじゃじゃ馬でして、押すだけでは上手に撮れない(露出がぶれまくり)シロモノだったのです。
しかも白トビが顕著で、わずか1年余りでヤフオク行き(xx)

その後は携帯性を重視してコンデジはRICHO R10
一眼はNIKON D40
ntaarGaLQqdiwFC2.jpg


を併用する時期が2年ほど続きました。(2008年ころ)

そして山に行くときには防水のPENTAX
4961333164264.jpg


しばらくそれにて落ち着いていたのですが、R10が故障。その頃には普及型コンデジは2万円程度と安価に落ち着いてきまして、修理はあきらめあらたに入手したのがカシオのZR100
zr100_mainImg.jpg


これがなんとも素晴らしいのです。
なんといっても今ではスマホカメラでさえ当たり前のHDR(ハイダイナミックレンジ)が搭載され、その優れた処理能力には大変に驚かされました。

いま我が家の館内に飾ってある長野電鉄の絵画風写真はこのZR100のHDRアートモードで撮影されたものです。

会社によっては不自然なHDRがまだまだ多い昨今ですが、少なくともCASIOのHDR再現性は、名機と名高いSONY RX100にも引けを取らないと思われます。

そんなきっかけで、常用デジカメは次代もCASIO。2015年3月、アパラチアトレイル出発前に買ったこいつは今でも現役です。
1ssl.jpg


一眼レフはどうかというと、現在まで所有していたのはD3300.ニコンのエントリーモデルとされる廉価版です。
それに超広角10-20mmを組み合わせ、主にサイト掲出用の館内、部屋の写真を撮影していましたが、ミラーあり一眼レフにはコンデジのようなHDRが搭載されていません。

一眼レフが画質が良いとされますが、商業写真においては必ずしもそれがふさわしいとは言えません。
確かに10mm(35mm換算15mm)の超広角は魅力ですが、明暗がはっきりした室内と窓外を見た目と同じように撮影するのは困難です。よって照度が同じになる夕方を狙って三脚を立てここ数か月撮影を試みてきました。

しかしどうしても仕上がりが色温度の低いものとなってしまうので、商業写真としてはかならずしも100点満点ではないのです。

たとえばAirBnBのトップページに出てくる写真はどれもこれも秀逸なものばかりです。
明るい日中の時間帯に、適切なHDR処理をかけた明度の高い写真が並びます。

館内の写真はやはり「バエ」が重要です。

できればカシオの秀逸なHDR効果を伴った超広角レンズがあればいうことなしなのであります。


そして下した決断は

一眼レフを売却し、CASIOのZR4000に買い替えるという、荒業(?)。

一眼レフを首にぶら下げ、ファッションの如く写真撮影を楽しむ若者がふえているようです。
一昔前なら、首に一眼をぶら下げる行為など、ダサい極みのような風潮でしたが、今は違います。ファッションとしてカッコイイらしいのです。
が、私にとって写真はファッションなどではなく、あくまで実利追求型。
とりあえず、ミラー付き一眼レフは卒業して省力化も同時に推し進めることにします。

このZR4000,何やら自撮り専用カメラ的位置づけのようですが、そんなことよりも、HDRを利かせた超広角が唯一無二の存在だと考えています。
超広角レンズは何かと「バエ」写真にも役立つアイテムですので、インスタ投稿も増えそうな予感ですが。。。。。。


20160824103302_629_.jpg
作例

2018年イベント一覧


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE

別館ログハウスご予約受付中
SSC_0061sedr2a2.jpg
AIR B&B
楽天トラベル


毎度おなじみのトラブル鉄道行脚

大阪には3泊しました。

当初、金曜日の午前中に北陸本線の特急で金沢経由、飯山まで戻る腹積もりだったのですが、折からの豪雨で早々と運休が決定。

代替策として長野行高速バスを予約しました。

しかし。

木曜日は1日大雨、近畿地方各地で交通網が遮断されはじめまさした。

イヤな予感です。

金曜日朝、阪急バスのサイトをチェックしてみると、運休表示はなされていません。

高速路線は豊中から大津まで、さらに中津川から先も不通です。

ひょっとしたら、大阪にある車両がアルピコバスのもので、何とかして長野へ回送させたいのかもしれません。

しばらく様子を見ていると、携帯が鳴りました。

026#####

長野市からです。

アルピコバスですが、長野行きが運休となりました。

ヤハリ。

そうなると、帰還の手段はただひとつ。

東海道新幹線、東京、北陸新幹線

それしかありません。

しかしツイッターをチェックしてみると、東海道新幹線も下りで二時間以上遅れが出ているなど、ただならぬ様子。

とにかく、日が変わる前に木島平に帰れれば其でよしとの方針で家を出ました。

まずは、寝屋川まで。

何処に?

ココ。一年ぶりでした。

最近流行りの家系ラーメンは旨いのですが、ちょっとくどい感じです。かなりしょっぱいのもまた特徴。

次郎系ラーメンもまたしかりです。

よく似ていると言われる天下一品も塩分過多な印象です。

しかし一作はどろどろしているのですが、しつこくありません。

しかも、たっぷり生姜を入れて甘味を引き出すことが可能です。

ヤハリ一作、最強ラーメンの座は揺るぎなしであります。

この期に及んで呑気に寄り道ラーメンしている場合でもなさそうですが、多分大丈夫。

淀屋橋から地下鉄

新大阪にたどり着きました。

案の定、人でごった返しています。

西へ向かう人達が右往左往している模様です。

東海道新幹線の下りは二時間以上の遅れを伴い到着していますが、上りは30分程度の遅れで次々出発している模様。

安心しました。

北陸新幹線の東京発は1804です。ならばと1416発のひかり524

号に乗ることにしました。

32分遅れで入線。乗車率は20%程でした。

それにしても、東海道新幹線を全区間乗るなと、20年ぶりのことです。トンネルのない新幹線がこんなにも楽しい乗り物だとは。(笑)

遅れを取り戻す本気の回復運転もまた見もの。

北陸新幹線よりもかなりスピード感があります。

最高速度は相模川付近で記録した296キロ。

32分の遅れは、新横浜到着時点で18分に短縮されていました。

N700Aな底力デスね。

はくたかは1804発。ココから2時間は慣れた道のりです。

遠出すると何かにつけてトラブルに遭遇するワタクシ。

10年前に、会津に日帰りのつもりで出かけて3日帰れなかったことと比べれば、取るに足りませんね。

トラブルへの耐性が身についたのかもしれません(笑)


カヤの平と蓮寺と

昨日は8名様にお越しいただきました。
従妹が主宰するこんな会社のお客様ご一行。

logo0613.png


翌日はリクエストにお応えして、カヤの平森林浴ツアーにご案内しました。


平地ではムシムシの日中でしたが、標高1500mの高原はまさに別天地。


苔むしたブナ


北ドブ湿原はニッコウキスゲが見ごろを迎えています。ワタスゲもまたいとおかし。。。。



道はほぼフラットで、快適そのもののトレイル。



信越地区最大のブナ原生林はやはりダテではありませんネ。

山を下りて、向かったのは木島平村の蓮寺こと「稲泉寺」。



1951年に東大検見川農場にある2000年前の地層から見つかった、種から発芽した、古代蓮。
丁度見ごろを迎えています。




ちなみにこれらの写真はあらたに導入したCASIO EXILIM ZR4000で最広角(19mm)撮影したものです。
ZR850に比べて、彩度を抑えた処理エンジンチューニングが特徴です。また、HDRもよりナチュラルな印象です。
やはりメインユーザーを女子の自撮りにユース絞っているせいか、コッテリした色合いをあえて避けているのでしょう。

なので、スマホの編集ソフトで、ほんの少し彩度を上げています。

スマホの画像処理技術が飛躍的に向上する中、コンデジが生き残るには高い精度のHDR処理、そしてひずみのない超広角域の充実ではないかと思うこの頃なのです。

カテゴリー