fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
羽田空港まで徒歩2時間!?
羽田空港のウェブサイトをひらいて見ると、アクセスする方法としてこのような記述がある。
1ahane.jpg

徒歩でいくことはできないのか?
単純にそう考える人がいてもおかしくはないと思うが、残念ながらそのような記述はみあたらない。 

だが、今から6年前の沖縄旅行の帰りに羽田から大崎駅まで歩いたことがある。
当時の記録

実は大崎駅は羽田空港の最寄山手線駅であり、空港まで12kmの場所に位置する。

今回のフライトは11:15石垣行。バスはJR大崎駅に5時に到着した。
検査場通過に多少の時間を要するとしても、普通に歩いて2時間40分なので、かなりの余裕をもって到着できることになる。

12月8日(土)の国頭トレイルランを6日後に控え、長距離ウォークはトレーニングとしても大いに期待できる。
羽田までのモノレール代も500円程度浮かせることができる。まさに一石二鳥である。

齢50を過ぎても、あらゆるものごとに対しての好奇心は不変である。
時々写真で見るわが姿を見るにつけ、さすがに老けたと認めざるを得ない。
が、やっていることは昔も今もかわらず20代のままなのである。(^^)

迷わず歩いていくことにした。
グーグルマップをセットし、JRの線路沿いを南進。
20181204111225633.jpg

品川区役所前を通り、閑静な住宅街を縫うように行く。もちろんグーグルマップの言うとおりに進むのみ。
20181204111353268.jpg

やがて国道15号線に出て少し騒がしくなる。
20181203093635954.jpg

大井海岸駅を横目にさらに南へ行くと、旧東海道に差し掛かる。大森宿と思われる。
20181203093703341.jpg

20181203093732315.jpg

ようやく空が明るくなり始めるとそこは町工場のひしめく下町の一帯。

羽田地区にさしかかると、運輸会社の倉庫やANAの訓練センターが見えてくる。空港が近いことを少しずつ実感する。
20181203093809560.jpg

8kmを少し過ぎたところで尿意を催し朝食休憩を兼ねてコンビニに駆け込む。
20181203093907662.jpg

比較的最近建ったと思われる新しいホテルがいくつも目に入る。ホテル前には送迎バスが控えていて、空港に向かう宿泊客を乗せて待機していた。

バスの側面には「羽田空港まで10分」などと書かれている。

穴守橋をわたるとそこはいわゆる空港島で、広大な駐機場が広がる。
20181203093936185.jpg

20181203094048797.jpg


何故か歩いている通勤者が目に付く。どこからやってきて、何処へ向かうのか?
20181203094016106.jpg

グーグルマップはこの先、国際線ターミナルを経て第二ターミナルへ進むよう指示しているが、6年前はさらに南側の環八線を経由して大崎に向かった。

近いのは国際線ターミナル経由らしく、グーグルマップもそのように行けというのでそれに従うことにした。
20181203094136927.jpg

国際線ターミナルに差し掛かると、しかし、この先歩行者通行禁止の看板。
20181203094233847.jpg

強行突破できそうな雰囲気も無きにしも非ずだったが、何かあってはよくないので、ここで断念。
少し目的地とは違う国際線エリアに向かうことにした。
20181203094318723.jpg

せっかく節約した交通費だが、第二ターミナルまで無駄なひと区間を乗らなければいけないのかと落胆。
が、幸い無料のシャトルバスが運行されていてほっとする。
20181203094349990.jpg

大崎駅から国際線ターミナルまで10.6km、所要時間は2時間16分あまりだった。
20181203094558975.jpg

石垣行全日空91便
10時40分頃までラウンジで時間を潰し、その後69番ゲートへ移動する。
一日に本あるANAの石垣行直行便のうち、早朝便はB737,そして昼間便はB777-200が就航する。

旧石垣空港時代は東京行き便は一日に1本、しかも上り便は石垣の滑走路が短く離陸重量に制限があったために、いったん宮古空港に立ち寄り給油するという変則的運用であった。
中大型機であるトリプルセブンが石垣空港へ昔の石垣空港時代には考えられないことなのである。

1055に搭乗開始となり、5割ほどの搭乗率にて定刻通り出発する。
CIMG9595.jpg

CIMG9593.jpg



CIMG9597.jpg

フライトレーダー24で追跡してみると、同アプリが思いのほか高精度であることに気づかされる。
47226242_1208008656004119_7547688050944376832_n.jpg

CIMG9606_20181203201735f32.jpg


横浜上空
CIMG9609.jpg


あいにくの曇り空で富士山を拝むことは叶わず。
知多半島をで南へ進路を転じるものの、陸上は目視できい。

高度40000フィート、時速730kmで進むB777は定刻よりも少し早い14:22着陸との情報
CIMG9607_20181203201738f1d.jpg

飲み物はスープをオーダー
CIMG9608.jpg


結局石垣着陸直前まで地表を見ることなく飛行し、ようやく着陸5分前に島の北部にに到達、陸地を確認した。
CIMG9653.jpg

CIMG9654.jpg


石垣空港から離島桟橋、西表島へ
預けた荷物を回収し、1445発離島桟橋行きバスに乗る。
CIMG9655.jpg

CIMG9656.jpg

この日の最終目的地は西表島上原にあるユースホステル「いるもて荘」。

冬季は西表島の北部航路は欠航になることが頻発するが、この日は全便運行。
しかも15:30発の早い便に乗れそうな気配である。

バスは果たして14:26に離島桟橋に到着。
ダメもとで切符売り場に駆け込むと、なんとか乗れるという。

たとえ乗れなくとも16:50発の最終便があるので、そちらでも良かったのだが、少しでも宿でゆっくりしたいと考え、駆け込み乗船するに至った。

4年ぶりの離島桟橋訪問なので、慌てて乗ることもなかったのだが。

少し複雑な気持ちになる。
CIMG9657.jpg

左は八重山観光フェリーの貨物船「かりゆし」。8年前に一度乗った。
右は与那国島へ行く「フェリーよなくに」。こちらにも8年前乗ったが、それとは世代交代し4年前プレースされて新しく、かつ大型化された。
CIMG9658.jpg


上原までは40‐50分らしいが、この便は鳩間島を経由するので少し時間がかかる。
CIMG9659.jpg

CIMG9660.jpg


週間予報は雨マークばかりゆえ、できれば欠航が頻発する鳩間島を先にしたい気もするが、ユースホステルは前日に予約してあったので当初の予定通りに西表を先泊とする。 鳩間島に接岸しているのに降りることのないもどかしさ。

なんだか辛い。

旅の組み立て上、鳩間島はあくまで最遠の地とし、最後まで大事に取っておきたい気もしたが寄港便なら仕方がない。

離島桟橋での駆け込み乗船、鳩間島への寄港。

どうも今回は気分を盛り上げるための旅の演出がイマイチである。
離島桟橋での乗船を急いだことがそもそも間違いであったと言わざるを得ない。

と悔やんでも仕方がないのだが。。。。。。


上原に到着
CIMG9661.jpg

そこから歩いて15分ほどで今夜の宿「いるもて荘」。

信州を夜出てきた冬仕様の服装は容赦なく汗をにじませる。
折からのにわか雨で湿度は限りなく100%に近い。

道端からは虫の鳴き声。
バナナの植わる畑や、あだんの藪を見ながら、南の最果てにたどり着いたことを思い知らされる。

いるもて荘は思っていたよりも高台の、人里離れた場所にたたずむ大きな建物であった。
CIMG9662.jpg



カテゴリー