FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平 夏も近づく2020 
旅と家族と日常を綴る宿主の徒然なる日記☆☆
1a1a1atlcPvztwN71b_D51553646594_1553646653.jpg


1a1CIMG0296.jpg


スポンサーサイト



ゆずかの誕生日
先日1月31日は柚花の誕生日でした。
CIMG0007_2019020520262125a.jpg

早いものでもう8歳。

このまま元気ですくすく育ってほしいと思いますネ。


CIMG0004_20190205202614825.jpg

りんごの雪中貯蔵
少量ではあるのですが、毎日夕食でりんご(サンふじ)をお出ししています。
そんなサンふじ、本日より木島平産(やまだ農園)のりんごに切り替わりました。

とてもみずみずしく、ジューシーなリンゴでして、その味わいを出来るだけ長く楽しめるよう、雪中貯蔵に。
CIMG0011_20190205202257c84.jpg

CIMG0008_201902052023052d6.jpg

3月中旬頃までは楽しめそうです。


楽天トラベル新春カンファレンス
ユースホステルとはいえ、いまやインターネット予約サイトは必須の集客アイテムなのは言うまでもありません。
ウチでは楽天トラベルに10年以上前から参画しています。

楽天のポイント、貯めている人も結構沢山いますよね?

通販に銀行、旅行まで。

楽天経済圏

などと呼ばれることもしばしばで、その影響力はまったく計り知れないものがあります。

その楽天が主催する戦略共有会議が年に2回開催され、2年前の夏にはじめて参加したのがきっかけで、それ以降毎回出席しています。

2月6日、その日がやってきました。

飯山から新幹線に乗って東京へ
CIMG0020_201902062245077fc.jpg

昼飯にはパレスサイドビルの洋食屋「タカサゴ」。
CIMG0040.jpg
昭和レトロ感満載の食堂でして、1991年から1998年までこのビルの6階にオフィスのあった会社で働いていました。

当時は20時以降の残業社員に対して「残業食券」なるものが発行され、時々この食堂で一人寂しく夕食を食べていたものです。

地下一階はほとんど食堂ですが、当時のままのテナントはここ「タカサゴ」だけに。

注文したのはカツスパ。
CIMG0045.jpg

パスタなどという小ジャレタものではなく、茹で済みの麺をフライパンで焼いてミートソースをかけるという、昭和レトロ感満点な一品であります。

平成もあとわずかで終わりというのに、ここにはまぎれもなく昭和レトロな懐かしの空気が今なお残っています。

満腹になったとは、東西線で日本橋、都営線で高輪と乗り継ぎ、会議の会場であるグランドプリンス新高輪へ向かいます。

初めて参加した時はそのスケール、演出に圧倒されまくりでしたが、4回目ともなるとすっかり慣れっこです。

トラベル事業部プレジデントのタカノヨシユキ氏の基調講演、今後の戦略方針などが語られ、優秀施設代表者によるパネルディスカッションなどが展開されます。

そして分科会では顧客をつかむための戦略や、インバウンド対応策、雇用対策など、施設によって異なる興味別に会場が設けられ、その道のプロが50分の講演を聞かせてくれます。

日本ユースホステル協会でも同様の研修会はありますが、楽天主催のカンファレンスは講師のレベルが非常に高く、即効性のある知恵を伝授してくれますので、その意味ではこちらが明らかに上手と言えるでしょう。

この手の会議、もともと存在は知っていたのですが、どうせ大規模ホテルや温泉旅館向けで自分たちのような弱小施設が参加しても大したメリットはないなどと完全に斜に構えていたというのが本音です。

しかし2年前に初めて参加して以来、小規模施設であっても得るものが十分すぎる位にあると実感した次第。

実際、成績優秀施設には会の最後で仰々しいばかりの授賞セレモニーが開催されます。
驚くほどのおおげさなBGMが会場を包み込み、プロの司会者がハイキーな声で、「おめでとうございます!」を連呼、壇上の受賞者たちにはあらん限りのスポットライトが浴びせられるのです。
CIMG0056_2019020622395208c.jpg

ところが、大規模リゾートホテルや温泉旅館、シティーホテルに混じって、部屋数わずか6、宿泊定員20名足らずの伊豆の民宿が最優秀賞の常連であることを知りました。

これは参考にしない手はありません。

今回はそのオーナーに直接話を伺う機会も得まして、これは是非一度泊まりに行ってみなければと思った次第です。

表彰式の後は懇親会。普段めったに口にすることのない、ホテルメイドの美味しい食事を堪能。

二次会は甲信越地区の宿泊施設限定での会食。
CIMG0075_201902062239593c8.jpg

ここでビンゴ大会が開催されまして、幸運にも楽天ポイントカード2000ポイント分をGETいたしました(^^)
CIMG0073.jpg

そんなこんなで、毎年非常に充実した会議を展開する楽天。

年に二度の参加機会ではあるのですが、私にとっては自分を見つめなおし、気合を入れなおす非常にイイチャンスでもあります。

開業19年になるわが宿ですが、日々是精進、生涯勉強。
いつ何時も忘れてはなりません。





品川から馬喰町へ 今宵の宿は寝台特急の宿!
懇親会会場をあとにして品川駅へ向かいました。
CIMG0082_201902072317079c2.jpg

生まれて初めて東京に足を踏み入れたのが高校1年の冬休み。青春18きっぷで東海道線をひた走り、降り立ったのが品川駅の西の出口でした。

当時とは全く景色が変わっていて、記憶にはまったくないのですが、駅前の駅ビル一階にあったマクドナルドで夕食を済ませたのをはっきり覚えています。

たぶんそのマクドナルドがこれ。
CIMG0083_20190207231804671.jpg

総武線に乗り、馬喰町へ。
CIMG0084_20190207233800db7.jpg

日本で一番低い場所にあることで有名な駅は、都会のローカル駅のともいえる佇まい。

東口には駅員がいません。
CIMG0085.jpg

長いエスカレータを登ると、そこは商店や飲食店が目立たない、ひっそりとしたエリア。
そんな中に今宵の宿があります。

CIMG0087_20190207233756bde.jpg

トレインホステル北斗星

かなり話題になったのでご存知の方も多いかもしれません。

北斗星で使われていた寝台や備品を再利用した、まるで特急北斗星に乗っているような感覚が味わえる、一風変わったホステル。
CIMG0089_201902072338007c4.jpg

ワタシはあえてA個室ロイヤル。

ドアはありませんが、カーテンが引かれてあって、シングルルームのように使えます。

4500円なり。

パソコン仕事を済ませたのち、12時前に寝台へ。
通りを走る車の音が賑やかなので、耳栓を装着して眠りにつきました。

あとで後悔したのですが、スマホに入っている24系寝台客車が羽越線の定尺レール区間を走る音源を流しながら寝るべきでした(^^)




馬喰町から東京駅まで走ってみた
トレインホステルで一夜を過ごした翌朝、7:00過ぎにジョギングシューズに履き替え、西の方向に走ってみることにしました。
青信号だけに従い、止まることなくとりあえず西方向へ。

朝の通勤時間帯ゆえにスーツ姿のサラリーマンが目立ちます。

前回走ったのが12月25日でしたので、かれこれ1か月半が経過。
ですがこの間、コブ滑りを週休一日ペースで続けてきた甲斐あってか、足が思いのほか軽く前に出る気がしました。
51495996_1252936281511356_5950234433314357248_n.jpg

結局皇居前に出て、パレスホテル付近から東京駅丸の内口までの3.5kmを完走。
tokyorun.jpg

51467586_1252936028178048_2152290055706640384_n.jpg


52123673_1252936224844695_5832646977598259200_n.jpg

51256817_1252936121511372_5168224526273609728_n.jpg


走り終えた後は、エキナカのカフェでモーニング。一休みした後、馬喰町へは総武線で「帰宅」しました。
旅先のジョギングは何処に行っても面白いものです。



蒲田の超ローカル映画館で有村架純、そして信州へ
9:30にトレインホステルをチェックアウト。
馬喰町から総武線にのって次に向かったのは品川、そして蒲田。

CIMG0110.jpg


少々レトロ感のある商店街を西方向に進み、たどり着いたのは映画館。
CIMG0111_20190208203329d23.jpg


お目当てはこれです。
320.jpg

11月下旬に公開され、東京都区内で上映中なのは此処だけなのです。
開始時間は10:40
CIMG0112.jpg


断っておきますが、有村架純のファンではありません。
亡き父の実家である熊本県南部を走るローカル線が舞台のこの映画を、鉄道ファンの視点で是非観てみたいと思っていたのでした。

高度なテクノロジーを駆使して、本当に俳優さんが気動車を運転しているかのようなリアリティーを再現しています。

多少突っ込みどころはあるにしても、鑑賞後はさわやかな風が吹きとおるような感覚に。

時間の関係で、エンドロールは最後まで見届けることができず、12:40に映画館をあとにして急いで蒲田駅へ。
12:50発の京浜東北線にのって、12:09に東京着。

昼飯がまだだったので、駅弁マーケットで物色。
しかし迷っている時間がなかったので、真っすぐ突進していった先にとっさに目についた緑のパッケージを即座にチョイス。
CIMG0114.jpg

そして13:24発のはくたかに乗って信州へ。
CIMG0116.jpg

旅の終わりは厚岸のかきめしでした。
CIMG0117.jpg
CIMG0118.jpg

15時過ぎには列車は中野市北部。
CIMG0121.jpg

3分遅れの15:08に飯山駅に無事到着しました。
しかし新幹線って、本当に便利ですね~(^^)


かまくらは新雪に埋もれ。。。
昨夜は久しぶりにまとまった雪になりました。
暖冬予報は結局ハズレということになりましょうか(^^)

少なくとも長野県北部中野飯山地区に限っては例年並みの積雪となっています。

三連休中日、この冬一番の多忙な一日。

あとひと踏ん張りです
CIMG0133.jpg


雪に埋もれたかまくら。
かまくらは玄関前に作らなければ意味がないということに気づきました。(^^)
CIMG0134_20190210171935b7a.jpg


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE




別館ログハウスAIRB&Bにてご予約受付中
SSC_0061sedr2a2.jpg




湯田中温泉楓の湯
昨日午後は用事で山ノ内町へ行ってきました。

木島平池の平を経由し、北志賀を抜けて。。。。
CIMG0136.jpg

CIMG0137.jpg


温泉街北部の住宅街で用事を済ませて、帰りに湯田中駅
CIMG0138.jpg

CIMG0143_2019021316224629a.jpg

CIMG0140.jpg

駅前の温泉・楓の湯でひとっぷろ。

イマドキ300円という良心的な価格設定が魅力的です。
CIMG0142.jpg


雪見の温泉といえばやはり
雪見の温泉と言えばやはり馬曲温泉でしょうネ。

先日金曜日に行ってきました。
51906510_1259647164173601_1611459411492995072_n.jpg

休日前とあって11時頃の馬曲はひたすら閑散と。。。。
52635841_1259647080840276_3544653362840469504_n.jpg

52422172_1259647134173604_7487257560441946112_n.jpg

露天風呂はこの通り誰もおらず
52179368_1259647007506950_654408378591739904_n.jpg

52999900_1259647020840282_3178031630149222400_n.jpg

露天風呂へ続く道は雪の回廊
52001130_1259647200840264_241441376091242496_n.jpg

お昼に隣接の鞍掛の茶屋で食事を楽しみました。

とんかつ定食980円
52087605_1259647274173590_2362987939928997888_n.jpg

品数も豊富、味もよし。
いうことナシであります(^^)
51957912_1259647237506927_6439893286680264704_n.jpg



プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー