fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
野沢温泉大湯通りの饅頭屋
雨降りです。

ここ2週間で一気に春へ加速している感じです。

今日は野沢温泉大湯に浸かってきました。
普段は熊の手洗湯ですが。
CIMG0314.jpg

CIMG0317.jpg


さすがに熱いのですが、入浴者がひっきりなしに訪れるので自然と湯温は低下。
「ぬるゆ」でさえ、いつもは45度以上ですが、今日はおおよそ43度で、なんとか全身入浴に成功しました。


野沢温泉一番の目抜き通りとあって、人だかりもなかなか。
CIMG0315.jpg

雨の中のスキーも気が進まないのか、白人のそぞろ歩きも目立ちます。

フキヤさんでまんじゅうを買って帰りました。
CIMG0316.jpg


【春の休館予定】


月末から4月にかけて、春の休館日を設けています。
あらかじめご了承ください。

休館日
3月28日(木)~4月2日(火)
4月14日(日)~4月23日(火)
国鉄型特急の終焉を見届けに
毎年8月下旬と3月はワタシにとって乗り鉄の季節でもあります。

夏の繁忙期、そしてスキーシーズンが一段落する季節に、合間を見て日帰りの旅を何度か楽しんでいます。

とはいえ、いつも向かう先は新潟方面でして、10年以上前から、旅気分を味わうための少し特別感のあるこの車両を目指して北を目指すことがとても多かったように思います。

ワタシは典型的乗り鉄ですが、当然一定の志向があります。

非日常を感じる列車であること
古き良き国鉄時代を感じられること

これらの代表格は

1.24系客車寝台列車(トワイライト、北斗星など)
2.越後線の115系電車
3.国鉄型高運電台特急電車
4.キハ40型気動車

の4つであります。

1.については3-4年前に日本国内から姿を消してしまいました。最後の乗車は2015年の「はまなす」でした。
2.については余命わずかではありますが、まだ辛うじて現役です。昨年の夏に乗りに行きましたし、これからも毎年1度は乗りに行くことでしょう。

3.については、2年前信越線から完全に姿を消しましたが、10年以上前から、何度となく乗りまくり、母ちゃんを連れ立って新潟にも何度となく出かけました。春花や柚花も相当な回数をお供させました。
17.jpg

11CIMG9384.jpg

ワタシの乗り鉄趣味はどちらかというと懐古趣味的な部分が大きいのが特徴です。

中村家には幼少時自家用車がありませんでした。家族旅行はもっぱら国鉄を利用して8月の実家への帰省と相場が決まっていまして、鳥取と熊本を1年おきに訪問する習わしでありました。

記憶を紐解きますと、小学校奇数学年は熊本、偶数学年は鳥取でした。

ワタシは昔から鉄道マニアではありましたが、普段目にするのは京阪電車のみ。しかし帰省の時は国鉄の「優等列車」。見慣れない赤とクリーム色の特急に大変興奮したものです。

タバコの匂いがしみついた車内は、私にとってヤニの匂いではなく、長距離列車のにおいそのものでありました。

新幹線も特別な感じはありましたが、どちらかといえば在来線の特急列車に興奮していたように思います。

熊本へ行くには、博多まではひかり号、そこから先は特急有明、または急行「かいもん」、または急行「ぎんなん」が定番でした。
新幹線から乗り換えると特急とはいえ、その鈍足ぶりに違和感を覚えつつも、ヤニの匂いの車内に少年は旅情を感じていたのでした。タバコを吸う習慣はいまなおありませんが。

そして博多駅発車と到着時に、必ず車内に鳴り響いた鉄道唱歌のオルゴール。
40年以上経過したいまなお、その音は私の当時の汽車旅の記憶を呼びさますサウンドとして、深く深く心に刻まれています。

ウチの鉄道模型レイアウトにもアンプを介して装備されています。

そしてJR東日本管内で唯一定期運用が残る国鉄型特急車189系が今度のダイヤ改正で姿を消すことになりました。
1CIMG0356.jpg

鉄道ファンは廃止が近づくと挙って現場押し掛ける傾向が強い性分ではあるのですが、この189系の定期運用終了は、ワタシの45年の鉄道ファン人生の中にあって、一大事。

我が家ではこの高運転台の特急型車両をかつて信越線で乗りまくった485系にんざぞらえて、総称して「ヨンパーゴ」と呼んでいるのですが、昨日朝、こんなやりとりがありました。


― 母ちゃん、今度のダイヤ改正でヨンパーゴが完全になくなるねん。明日、早起きして乗りに行ってくるワ。

― どうぞご自由に(^^)


彼女も何度となく乗ったヨンパーゴですが、当然彼女はそんな車両の廃止に興味を示すはずもありません。
単身4:45に起床して長野を目指したのでした。

長野駅から特急しなの
CIMG0319.jpg

姨捨
CIMG0322.jpg

松本で下車して改札を出る間もなく長野行きホームへ。
CIMG0328.jpg

189系が運用に当たる列車は、塩尻を起点とする毎朝通勤ライナー。下りのみの運転で7:10に松本を出発します。

「旧あさま色」で最期を迎えようとしています。

車掌は2名。
終焉に備えてか、運転担当と乗客担当がそれぞれ執務に当たっているようです。

ドア開閉と車内放送は女性。
CIMG03291.jpg

連日押し掛ける乗り鉄に、きっとうんざりしているはず(^^)

検札は男性。
CIMG0336.jpg

座席指定券を購入済みであることを示すため、ライナー券をチケットホルダーにこんな感じで挟み込み
CIMG0335.jpg


乗車扱いの最後の駅を出発後、男性車掌が回収して回ります。
ここ最近で最も腰の低い、なかなか好感の持てる車掌さんでありました。


一旦は最後尾車両の窓側を確保できましたが、せっかくの電車なのですから、モーター音が聞こえて、抵抗器がガチャガチャ音を立てて(*1)、かつブロワモーター(*2)の音がよく聞こえる車両がイイと、先頭から2両目の「モハ189(*3)」に移動、長野までの1時間を楽しむことにしました。

鉄道マメ知識
(*1) 架線から供給される電圧、電流値は一定なので、セラミック素材の「抵抗器」を使うことでモーターへの電流値を変化させ回転数を制御する方式の電車。
回路に挿入される抵抗器は、運転士のハンドル操作によって自動的に機械的に組み替えられ、その際の機械音が床下から聞こえる
(*2) 電流は抵抗器によって熱エネルギーに変わり過熱してしまうので、それを冷却するためのファンが抵抗器に装備されている。その音もまた鉄道ファンにとって「昔懐かしい音」であり、確固たる愛好家が存在する。
(*3) 「モ」は電動車、「ハ」はイ、ロ、ハ、の「ハ」で、昔でいう3等車、現在では普通座席車を指す。「189」の1は、直流電車、8は特急型車両、9は、旧信越本線碓氷峠において峠専用電気機関車EF63型車と協調運転可能な形式を指す。


乗り鉄率は30%、通勤者率70%といったところです。

なので、終始静かな車内。
CIMG0332.jpg

分散式冷房ユニット吹き出し口。国鉄型車両の象徴であります。
CIMG0334.jpg

時折駅の通過時前後には定尺レール区間があり、ガッタンゴットン、昔懐かしい重厚感あふれるジョイント音が鳴り響きます。
最新型の軽量化アルミ合金車両にはない音です(^^)

昨夜の雨は冠着駅付近では雪だった模様。
CIMG0341.jpg


平坦区間に入り稲荷山、川中島と過ぎていきます。

川中島駅通過前に録画スタート。


終着駅の放送はたいてい5分前くらいから始まるのですが、安茂里通過後にその時が訪れました。

昔懐かしい鉄道唱歌。しかも電子音ではないオリジナルオルゴールバージョン。 *2分50秒付近

正直に言います。
涙が出ました。(T=T)

長野電鉄木島線の最終列車
屋代線の最終列車
トワイライトの廃止

どれもこれも一定の惜別の念をもって接してきましたが、涙が出るほどではありませんでした。

しかしこの日は違いました。

乗り鉄歴45年の中にあって、まぎれもなくこの国鉄型特急車両の引退は私にとって大きな節目を迎えるものでした。

その最後の乗車で願ってもない鉄道唱歌。

一見愛想のなさそうな女性車掌さんはファンに対するサービスも抜かりないのでした。


鉄道唱歌、もって瞑すべし。

さようなら。国鉄型特急。
CIMG0345.jpg


魚と豚汁を求めて妙高市~上越へ
最近は少し人波も落ち着きまして、お出かけする機会も増えている我が家です。

昨日は一日雨模様でタダタダ寒いばかりの一日でしたが、今日は打って変わって快晴。

海産物を目指してまずは新井。
CIMG0359.jpg

この近辺で海の幸と言えばやはり「道の駅あらい」が筆頭。飯山地区の人たちも好んで出かける場所です。
ウチから35kmの距離にありまして、長野駅前に行くよりも近いのです。

ギンバソウ
ハタハタ
マダラ
生ワカメ
ソウハチカレイ
アサリ

を買い求めました。
CIMG0357.jpg

肉や野菜と違って、ホントの自然の産物。にもかかわらずここまで豊富にそろう日本海はスゴイ漁場だとつくづくそう思います。
最近、瀬戸内海が綺麗になりすぎて魚が獲れないと漁業者を悩ませているのとは対照的かもしれません。

魚を買い出しした後は、ランチ。
新井名物のとん汁「たちばな」
CIMG0365.jpg

具は豆腐、豚バラ肉、たまねぎ。
CIMG0362.jpg

それだけなのだそうです。

ウチでもこの味を真似て時々作ります。お客さんに提供することもしばしばですが、やはり本物は違います。
*でもウチのヤツもかなりいい線イッテいると思います(^^)
CIMG0364.jpg

味のポイントは大量の玉ねぎと、隠し味(ブレンドしていると思われる)の白みその調合比率。

とん汁などオカズではないと普通の人は思うのですが、ここのとん汁はまぎれもなくおかず。
沖縄の「みそ汁」と同等の感覚と言っていいかもしれません。

満腹になったら次は上越。

業務用精肉の豊富な「バッカス館」、地場産野菜がそろう「あるるん畑」
CIMG0366.jpg

最後に絶妙の品ぞろえが他店とは違うわが愛すべき「戸田書店」を訪れたところ、なんと閉店撤去作業中。

すぐさまネットで調べたら、2月一杯で閉店してしまったのだそう。
CIMG0367.jpg

早朝の189系に戸田書店。なぜか今日は2度のお別れ体験。

出会いと別れの春。なのですね。。。。。


カテゴリー