FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平2020早春賦★ 
旅と家族と日常を綴る宿主の徒然なる日記☆☆
神戸どうぶつ王国
滞在二日目は神戸どうぶつ王国へ。

以前花鳥園と呼ばれていたところが、経営者が変わり名前も「どうぶつ王国」に。
春休みの最後の日曜日とあって、身動きできないほどの超満員。

何処に行っても人だかりではあるのですが、ゆずかの意向を第一に思うと、やはり動物園が無難です(^^)
1a172_n.jpg

園内のレストランで食事を楽しんだ後は、一路西へ明石海峡大橋。
1a192_n.jpg

1a18_n.jpg

ハイウェイオアシスの観覧車を堪能。ラッキーなことにスケルトンゴンドラに当たりました。
1a100_n.jpg

新たまねぎを買おうと思い高速を降りて、道の駅に向かったものの、すでに売り切れ。
ならばと岩屋の海岸を南下して県道沿いに直売所探し。
神戸からわずか30分の場所に「瀬戸内」の雰囲気がふんだんに残るこんな場所があるとは、なんとも感動的であります。
1a104_n.jpg


スポンサーサイト



4月1日に大阪で雪!?
この日はワタシだけ別行動。

こどもとかあちゃんは、ワタシの弟と母に連れられ、コストコ&くずはモール巡り。

ショッピングモール巡りにはとんと興味のない私が同行したところで、暇を持て余す姿をさらすとかえって連れて行ってくれた皆さんに失礼なので(^^)あえて、個人行動に出るというワケ。

まずは私市駅から京阪電車にのって枚方市へ。
CIMG0705.jpg

枚方市からは8000系特急のダブルデッカー階下
CIMG0722.jpg

出町柳まで乗り通し、再び8000系特急ダブルデッカー階上
CIMG0721_20190403070801d7d.jpg

それにしても8000系のダブルデッカーの乗り心地&静粛性はJRの特急特急車両と比較してもそん色ないばかりか、完全に凌駕しているのではないかといつも思います。

二階建て改造の際、躯体の強度向上工事を施したと察せられますが、その際にかなりの量の遮音材が使われたのではないかと。


いろいろと調べて見ましたら、多くの鉄道ファンがそのことを指摘しています。
高周波のノイズが完璧にカットされていて、聞こえるのは空調の音だけという感じです。
京阪のウェブサイトによると、ダブルデッカーは剛性を上げるため、一般車がアルミ合金製であるのに対し、普通鋼製とのこと。
まさに653系よりも485系の方が遮音性に優れている論理と一致します。

サンライズよりも静かというコメントも目にします。

少なくとも、「いなほ」や「しらゆき」に使用されている653系とは全く比べ物になりませんし、サンダーバードよりも好印象です。さらにはかつては後塵を拝していた阪急京都線の特急よりも静粛性は上です。ヤハリサンライズの283系にも迫る遮音性能といえるかもしれません。近々サンライズに乗るので、比べてみることにします。

淀屋橋まで乗り通し、中ノ島
CIMG0720.jpg

ダイビル1階の丸福珈琲で濃厚大阪風コーヒー。
CIMG0719.jpg

改元の発表はここで知りました。

珈琲をお替りしたのち、大阪駅まで徒歩移動。
ここからは再び乗り鉄です。

新大阪まで一駅。そこからおおさか東線の新開通区間。
CIMG0716.jpg

高架のみの新しい区間には、昭和レトロな城東貨物線の雰囲気は微塵も感じられませんでした(^^)

ハナテンから学研都市線に乗り換え、寝屋川公園下車。

そこから3km歩いて向かった先は
CIMG0714_2019040307075412e.jpg

私が愛してやまないラーメン屋です。

不覚にもチキン南蛮セットを注文、摂取カロリーは1500kcal間違いなしです。
CIMG0715.jpg

食後はウォーキング。

星田駅→河内磐船駅を経て傍示の里。
CIMG0711.jpg

大阪の東のはずれの県境付近には、こうした限界集落がいくつも存在しています。
CIMG0709_20190403070749aa3.jpg

CIMG0710_2019040307074691b.jpg

遥か彼方には大阪の高層ビル群。
CIMG0708.jpg

八葉蓮華寺の国宝が大変有名でして、これが発見されたときは大阪中の大ニュースになりました。

最高地点標高290mあまりの峠を越えると、そこからは1km7分強のペースでジョギング。10km以上歩いた後でも、まだ走れる脚力が残っていたことに小さな喜び(^^)

奈良県生駒市側に降りていくと、そこにもまた古い町並み。
CIMG0707.jpg

関西圏の特に三重伊賀地方から奈良生駒、大阪河内地区にはこのような伝統集落が無数に存在しており、こうした町並みは売り方によってはとてつもない観光資源になれる可能性を持っています。

そうしたことを望む地域住民がいればの話ですが。。。。。

くろんど池は北大阪地区住民にとってド定番のハイキングコース。
CIMG0706.jpg

ここで雷鳴が響き、にわか雨。

水分補給を行い、再びラン開始。が、雨はやがてみぞれ、そして雪に。
4月1日に大阪で雪が降るなど、ちょっと考えられませんネ。

そして16時過ぎ、なんとか最終の京阪私市駅に到着。
1a1a4080_n.jpg


濃密な一日が終わりました。
1a1a1dfgfd.png

4月3日の大雪
昨日大阪から移動してきましたが、あと30分の差で、安曇野以北のチェーン規制にひっかかり、国道19号線を北上して20時頃無事木島平に到着。

が。今朝起きてみるとこのさま。
CIMG0725_20190403071814836.jpg


7時現在、警報レベルの降り方でちょいと驚いています。

これから松本に会議。昨日今日で800km走ることになります(^^)

では皆さん。良い一日を!


今年の春は
いつもの年なら今頃どこかに遠征しているのが常ではあります。
ですが、今年の春はPTAの寄り合いがしばらく立て続けに予定されていまして、まだあと1週間ほどは身動きの取れない状態です。

ですが、再来週に瀬戸内ゲストハウス巡りの旅に出かけることにしました。
昨年はバイクでしたが、今年は公共交通機関+自転車。

しまなみ海道エリアの広域レンタサイクルサービスを存分に活用しまして、可能な限り自らの足で動く計画です。

おおまかな行程はこんな感じ。

東京~サンライズ~高松~今治~自転車~松山~呉~音戸~とびしま海道~大崎下島~大崎上島~今治~しまなみ海道~佐島~向島~尾道~笠岡~真鍋島~佐柳島~多度津~高松~男木島~高松~神戸~飯山

前半戦


後半戦
1a1a1a1a1steam1a1a1a1dfgfds.jpg

日程的には1週間から10日の旅。


天気に恵まれればいいのですが。


木島平中学校入学式へ
今日は木島平中学校PTA会長としての初の表舞台。入学式の祝辞番です。

午前中にいつもの理容店で頭を綺麗に角に刈ってもらいまして。。。。

店の前から望むたかやしろ
CIMG0735.jpg


フォーマルスーツで身を固めひるの12:30に出陣。
1a1a1a56408488_1290491844422466_1067410672838508544_n.jpg

いま思い返すと、私の場合、中学校の3年は高校の3年よりもより鮮烈です。
小中高大の16年間におよぶ学校生活の恩師で、今一番再会してみたいと思うのは、中一と中三時の担任の先生です。

中学校の担任だった3人の先生を全員フルネームを漢字で書くことができますが、高校時代は名字しか思い出せません。
元気にしてるかなぁと、時々SNSを検索しては見るものの、いまだにヒットしたことがありません。

菱田健治先生
平井香積先生

いつかこの文字がネット上のどこかでヒットすれば、再会を果たすことができるかもしれません。
そんな恩師であります。

中学1年の時、担任の先生が「学級文庫を作ろう」と、一緒に本屋に出かけて選書しました。
きっと自腹で買ってくれたのだと思います。

その中の一冊は1学年終了時、ちゃっかり私がいただきましたが、今でも談話室の本棚に並んでいます。
CIMG0737_201904042312453a4.jpg

いうまでもなく、自分の趣味のみで選んだ本だったのですが、まぎれもなく私の乗り鉄の原点となるバイブル。
よくぞOKして買ってくださいました。



さて、本番の祝辞。

村長、村議会議長に続く3番手の登壇でした。

祝辞と言えば、日本の場合、蛇腹式の原稿を棒読みするのが一般的です。

しかし。

せっかくの機会ですから、型にハマることなく、心に響く強いメッセージをと思い、カンペなしで自分の言葉でと決めていました。

たとえば、わが村の日臺村長はいつも一切のペーパーを見ることなく自分の言葉で語られます。
いろいろな式に出る機会が多い中、やはり人の目を見て自らの言葉をゆっくりと力強く発する村長の姿はいつも鮮烈に脳裏に焼き付くのです。人を動かす力があるのです。


事前に作ったおおまかな原稿をコピペすると、おおよそのスピーチ推定時間はおおよそ7分半と算出(専用アプリがある!!)

自らが中学1年だった時の体験談を2例引き合いに出し、50になった今でもその時の経験が生きているということをアツく語らせてもらいました。


最初は若干緊張もありましたが、2分ほどで快感に変わりまして、中盤以降はランナーズハイの如く全開モード。
概ね上手くいったと自画自賛しておきます(^^)。


少々インパクトのある中村節(?)だったのか、閉会後に来賓の村会議員さんたちからお声がけ。

頼むよ。これからの村を。


だって。(笑)


三脚立てて動画撮影しておけばよかったなぁ。


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE




別館ログハウスAIRB&Bにてご予約受付中
SSC_0061sedr2a2.jpg



野沢温泉から千曲川に沿って
昨日は野沢温泉に行ってみました。
CIMG0762_20190407080618d33.jpg

CIMG0766.jpg
いつもの熊の手洗湯。

閑散とした温泉街にシーズンオフを感じます。
CIMG0767.jpg


帰りは国道117号線に沿って南下。
CIMG0765.jpg

中央橋から見た関田山脈。
CIMG0764.jpg

菜の花の開花~見ごろは、ここしばらくの寒気で例年並みの大型連休後半になりそうな予感です。
春の大仕事その1
夕方になって一気に冷え込んできた木島平です。
CIMG0777_201904081705511f3.jpg

春は何かと「ずく」の出る季節でして、冬の間延び延びになっていた仕事を一気に片づけるチャンスでもあります。

まずはポーチの塗装。
CIMG0788.jpg

CIMG0787.jpg

枕木風の製材の床を4-5年に一度前面塗装を施しています。

そして薪割。
CIMG0769.jpg

昨年きりきれなかった薪材がまだまだ堆く山になっているのですが、リンゴ農家さんから頂いてきたものがさらに加わりました。


ちなみに午前中は野沢温泉中尾の湯に行ってきましたヨ。
CIMG0782_201904081706192c5.jpg


野沢温泉の外湯では一番広く、最近では外国人入浴者も多数訪れている模様。
CIMG0781.jpg

熊の手洗湯とは違って、英語表記の掲示板が増えました。
CIMG0780.jpg

野沢温泉も国際化に向けてまっしぐら、そんな印象を受けました。



糸魚川能生の人気ラーメン店
今日は糸魚川能生に行ってきました。

上越から日本海側の国道8号線を南下。
冬型の気圧配置がまだ残り、白波が目立つ日本海。

能生の町中にある、隠れ家ラーメン店「あさひ楼」
CIMG0817.jpg

特別変わった味がするわけではないのですが、背油たっぷりのコクのある醤油ラーメンはある種の中毒性をもった一品と言えます。
今風の複雑なスープでもなく、麺に特徴があるわけでもなく、いや、いつも茹ですぎなところが特徴と言えば特徴かもしれません。

なのに、開店11時の10分前には駐車場は満員。
CIMG0819.jpg

CIMG0818_20190410000238d37.jpg

狭い路地を入った先にたたずむ、ラーメン屋らしからぬ佇まい。

店に入ると、まず厨房に向かって注文し、好きな場所に座って着丼を待ちます。
CIMG0816_20190410000236d36.jpg


しかしここの店の不思議なのは、
注文票ナシ、何処に座るかも尋ねない。

しかし注文通りにきちんと持ってきてくれるのです。


手前の狭いテーブル席、奥には広い座敷がありまして、何処に座ってもかまいません。
奥の座敷に陣取ると、完全に厨房からは死角になってしまうのに、です。


行くたびに不思議に思うのです。


今回もその謎は解き明かされることなく、食堂をあとにしたのでした。

青い海が印象的でした。
CIMG0814.jpg





隠れ家レストラン
昨日は竹内家マダムたちとランチに出かけました。

国道18号線通称アップルラインには多くの食事処が並びますが、中でも数あるレストランの牽引車でもあった「ヒルトン」が先日が閉店したばかり。

ヒルトンに関する6年前の記事


ヒルトンがヒルトンのままでいるために閉店を決意したとのことで、オーナーと料理長の高齢化が店じまいする理由だったとか。
思うような後継者が育たなかったのが悔やまれます。

ファミレスとは完全に性格を異にする正統派の洋食レストランでした。。。。。

そんな折、ヒルトンには及ばないものの、ちょっとした「隠れ家レストラン」に昨日出かけてきました。


外観はジブリアニメに出てきそうな店構え
CIMG0843.jpg

実はここ、ドイツ風ケーキの通販を主たる生業としており、レストラン部門は意外と穴場です。
CIMG0839.jpg

ラインナップは料理、ケーキともにドイツ風。
CIMG0841.jpg

CIMG0842_2019041114480741e.jpg

デザート&珈琲をつけると2000円くらいになるので、決してお安くはありませんが、満足感はかなりのもの。

好きですね。ココ。
CIMG0840.jpg




旅の始まりは北長野から
昨日はPTA 総会と新旧職員歓送迎会に出席し、役職柄、三次会のカラオケスナックまで帯同して帰宅したのは0時前。

急いで旅支度を整え、翌朝630に自宅を出発。

旅の始まりは北長野です。


使うキップは5枚。


まずはリゾートビューふるさとの旅に出ました。

長野904発の南小谷行き

日曜日ですが、閑散期ゆえに車内はガラガラ。
グリーン車然としたゴージャスなシート。
こんな奴にわずかプラス540円で乗れるJR の料金制度に外国人はきっと驚くはず。



姨捨で長時間停車










松本から大糸線に入ります。
穂高駅では巫女さんのお出迎えがありまして、歩いて5分の神社境内まで案内してくれます。

道中の安全を祈願し交通安全お守りお買い求めました。




神社そばにある池田屋餅店。
実はここの大福餅、絶品なのです。わずかに塩気の効いた、諏訪地方の塩羊羹にも通ずるこしあんが最高です。
我が家では大福餅ナンバーワン揺るぎなしです!


再び列車に戻り、さらに北へ。

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー