FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
月山から会津
月山で予定プログラムを終えて、山形市へ下山しました。

お馴染みゲストS氏にシベールファクトリーでお目にかかりまして、ティータイム。
CIMG2689.jpg

お茶の後は蔵王温泉にご一緒しました。
蔵王らしい硫黄泉がサイコーでした。
CIMG2691.jpg


ここでお別れしまして、私は東北中央道を経て米沢、国道121号大峠道路を南下。
CIMG2692.jpg

1990年代前半に開通した道で、この開通のおかげで会津と米沢が通年行き来可能となった画期的道路でもあります。
CIMG2695.jpg

山を下るとそこは広大な会津盆地。日没が近づく中、目指したのは喜多方市雄国川前地区
現在は「恋人坂」などと呼ばれていますが、ここをはじめて訪れたのは1994年2月。
道に迷ってたまたまたどり着いた場所でしたが、あまりに感動的光景は、おもわず言葉を失ったほどでした。


そして18;30、くだんの場所に到着したところ、無数のカメラマンの姿。
1CIMG2713.jpg

いつの間にかここは撮影名所となっていたのでした。

あまりに素晴らしい光景にしばらくじっと立ちすくんでおりました。
CIMG2765.jpg


=1994年当時の思い出を辿った15年前(2004年)にしたためた懐古日記=

【白銀の飯豊山】

雪の会津にはそれからも何度か通った。一人ではもちろんのこと、会社の後輩達とスキーに出かけたりもした。
2月中旬のある土曜日、奥会津のあるスキー場に出掛けることになった。
その日は少し離れた民宿に泊まることになっていた。ラーメンで有名なある町のはずれの民宿だった。
当時はスキーブームが最高潮であり、直前の予約では、スキー場に近い宿はどこも満室だったためだ。

そんなわけで、スキー場とはかなり距離の離れたこんな場所にまで足を運ばなくてはならないハメになってしまったのだ。
そこはスキー民宿ではなかった。喜多方市川前という場所にある、釣り民宿だった。

スキーを終えた私達は70kmも離れた喜多方市に向かった。なにせはじめての場所である。地図で「喜多方市川前」を探し、おおよその見当をつけてひたすらクルマを走らせた。地図には喜多方市の東部、少し標高の高いところにその地名の記載があった。

「こんな場所に釣りの名所があるのだろうか?」

確かに地図上を見まわしても、釣りの出来そうな川や大きな湖はどこにもない。しかし「川前」の地名の記載があり、民宿の住所と一致していた。

夕暮れが近づいていた。会津盆地に入ると雲っていた空は一気に晴れあがり、夕焼け空が刻々とその色を増してきた。
目指す「川前」まであと数キロの地点にさしかかった。喜多方市の東の斜面を登っていくと、目指す「川前」集落だった。
しかしどこにも民宿らしき建物は見えてこない。どうやら道を間違えてしまったらしい。道行く人に尋ねてみた。


―「川前」の民宿を探しているのですがどこでしょうか?

―川前の民宿?ああ、あそこね。おたくらの探しているのは「慶徳川前」、ここは「雄国川前」。全く反対の方角ですよ。

完全に場所を間違えたらしい。

結局、クルマは坂の一番上にまで上ってきてしまった。

ふと後ろを振り返ると広大な会津盆地、そしてその背後に真っ白に連なる山脈の姿。
一点のシミさえないましろな山、夕日に赤く染まる雪山「飯豊山」の姿だった。あまりの美しい姿に言葉を失った。

これまで見た山の中でもっとも美しいのはまぎれもなくあの「富士山」である。そのなかでも「忍野村」から見たあの姿はいつまでも忘れられない。
しかしその時見た「飯豊山」の姿はそれに勝るとも劣らない姿だった。

「道を間違えて良かった。」

心からそう思った。






スポンサーサイト



姥が岳山頂から日本海
月山2日目です。
昨日午後は雨の中の「修行」でしたが、今日は打って変わって晴れ。

月山は基本的に天然スキー場。リフトは秒速1.2mの低速ペアリフトで、滑走エリアは森林限界を超えた姥ケ岳の傾斜地に広がる一帯です。
P5290016_20190529175247530.jpg

よって、登山として訪れる人も少なくはなく、ペアリフトを降りた先にはさらなる別世界が広がっています。

4度目の月山訪問でしたが、過去最高の晴天のチャンスを逃すまいと、ペアリフト先に架かるTバーリフトで山頂アタック。

索道終点からは、スキーを担いでさらに150mをハイクアップ。
P5290045.jpg

そこには絶景と呼ぶにふさわしい光景が広がっていました。
庄内平野と日本海。海の先には飛島。

P5290033.jpg

南西に目を向ければ粟島から飯豊&朝日連峰。
P5290034.jpg

スゴイ景色でありました。

1年に一度、コブの滑り方講習会開催のために訪れる場所ですが、コブの練習以外にもまた見るべきものが沢山詰まった月山遠征。

素晴らしい1日でした。

P5290044.jpg



月山にて
月山は真夏でさえも経験しないような猛烈な暑さでした。


日本中のスキーフリークが集結しているだけあって、平日とはいえ駐車場は満車。







例年よりも積雪は多いのですが、コブエリアに移動するまでのアプローチ横移動区間では、いつもの年ではあまり経験のない、波打つ斜面にちょっと四苦八苦。

でもゲレンデ整備にはあまり興味のないスキー場運営会社。

パトロールが巡回する様子もなく、「どうぞ勝手に滑ってくれ」的スタンスが見え隠れします。


君たち、コブにしか興味ないんでしょ?
だったらゲレンデ整備しなくても大丈夫でしょ?


そんな感じです。


午後2時頃になって、あまりにアプローチエリアが深いウェーブと化してきたので、リフトの女性係員さんに聞いてみました。


アプローチエリアの「ウェーブ」がかなり深くなってしまって前に進めないんですが、圧雪車で慣らしてもらえませんか?



あー、あそこは圧雪車は入れないんですよ。


わずか100m手前には、リフト降り場へ雪入れするための圧雪車が待機しているのに、まったくもって意味不明な返答。
入れないのではなく、入らないだけでしょう。 

長年の慣習にならった「コース整備はしない」のスタンスをかたくなに守っているようにも見えます。

プロ&マニア比率が圧倒しているとはいえ、一般レジャースキーヤー目線のサービス精神を求めたいものです。





山形県月山へ
トレイルランニング大会の後は、休む間もなく14:30頃に出発。

山形県月山でスキー講習会であります。

新井、柿崎、柏崎、出雲崎など日本海沿岸を経て
CIMG2641.jpg

CIMG2643.jpg

CIMG2646.jpg

CIMG2649.jpg


日没後は日本海東北道、国道7号線を北上してこの日は鶴岡までの300キロ。


日本海東北道の高速区間(最高80km)、アップダウンのある国道7号線山岳区間も含めてのこの間の平均燃費はこの通り。
CIMG2650.jpg
300キロ走っても、わずかひと目盛しか減らないなんて。

恐るべしアルトラパンAGS。(^^)




たかやしろトレイルランニング大会出場記
昨年の北信州ハーフマラソン大会以降、体力維持のために12月の国頭トレイルラン、その後も2月以降は継続的にジョギングに励んできたわけですが、それもこれも今年の北信州ハーフマラソンでの2時間切りを目指してのこと。

その一環として、今日たかやしろトレイルランニング大会に参加してきました。
CIMG2619.jpg

当宿にも3名のランナーがお泊りでして、朝食は7時の提供。


やんばるトレランに比べると、明らかにつわものが揃っている感じ。
CIMG2622.jpg

CIMG2621.jpg

擬態語に例えるなら

国頭トレイルラン=ユルユル
たかやしろトレラン=ギラギラ

それくらいに違います。

スタートは9時ですが、猛暑予想ゆえに500ml以上の飲料水携行が義務付けられ、いざスタート。

5年前参加した時に比べると、歩く人の比率がグッと下がっています。

スタート直後に私はすでに最後尾グループの一団。
CIMG2623.jpg

林間コース上部のつづら折り区間においても、前後をびっしりと歩く人が埋め尽くしていたのですが、今回はポツポツ。

あまりの暑さからか、頂上通過時間は1時間13分10秒。4日前の視察ハイクの時は1時間12分台でしたので、まさかの失速。
CIMG2628.jpg
陽気なDJ風ナレーションで選手を鼓舞する人たち。


下山ルートでも人影はまばら。
CIMG2631.jpg

しかし、ランニングの練習量は過去にないほどの充実していましたので、ペースの上がらない山岳エリア(登山道区間)をやりすごせば、「ウサギとカメ」の論に従い、それなりにランニング対応できるのではと目論んでいましたが。。。。

とはいえ、あまりに暑いので、決して無理はイケマセン。

なによりも、この後、月山出張が控えていますので、怪我だけは避けなくてなりません。

最後のゲレンデ下りに出た時点で、5年前の記録は更新できることを確信。


下見時には登山靴で重さもあってか、下りで最後は足が言うことを聞かなくなり「ラン」できなくなりました。
が、この日は捻挫防止用サポーターを装着してのランニングシューズで臨みましたので、下りでもスピードアップ。
(実は1993年の夏、北アルプス槍ヶ岳の帰りの「槍沢」で重度の捻挫をやらかしまして、右足首の側面じん帯がユルユルになっています。)


結果、猛暑の中のウサギとカメ作戦が功を奏したようで、ゴールは2時間26分53秒で5年前の記録を約2分更新しました。
CIMG2637.jpg

前回より記録アップしたものの、順位は226人中199位。年代別は27人中25位。

やんばるトレランに比べての「ギラギラ」した雰囲気はやはりダテではありませんでした。

ちなみに。

当宿にお泊りのMさん親子のお子さんは男子中学生部門で優勝。記録は1時間21分台。強豪揃いの長野県勢を倒しての価値ある優勝。

総合女子1位は竹内農園の次女MIKOTOさん。
飯山高校の1年にして総合優勝とは、ダテではありません。

なんせ昨冬開催の全国中学生スキー大会クロスカントリーの覇者ですから。
スキーのトップを目指すのと同時に、山田琢也さんのように、ゆくゆくはプロトレイルランナーとして活躍するのもアリかもしれません。

男子総合優勝は専修大スキー部で昨シーズンの全国覇者。

本当に凄い人たち揃いですネ。


しかも総合優勝は男女ともに

スプリント賞(最初の第10リフト終点上りまでの700m区間競争)
山岳賞(高社山山頂到達最短賞)
総合優勝

の三冠。

当宿も大会に協賛していまして、男女総合1位には普及の名著「デールカーネギー・人を動かす/道は開ける」を贈呈いたしました。
61139684_373071083310875_5744407394192982016_n.jpg

おめでとうございました!

まさかウチの協賛賞品が「身内」に渡るとは予想していませんでした(^^)


ご参加の皆さん、お疲れさまでした。




山菜フェア盛大に
今日は山菜料理の会。
CIMG2617.jpg

●ウドとタケノコ(孟宗)の煮物
CIMG2615.jpg

●ワラビのおひたし
CIMG2614.jpg

●ゼンマイのナムル
CIMG2651.jpg

●ウルイのツナマヨ和え
●豚バラ肉と行者ニンニクのピリ辛炒め
●コゴミの胡麻和え
●タケノコ汁
●タケノコの炊き込みご飯
CIMG2612.jpg

●よもぎのパン
CIMG2613.jpg


てんぷらは

●たらのめ
●山ウド
●山ブドウの若芽
●マタタビ
●トリアシショウマ
●フキノトウ

をたっぷりとご用意。
CIMG2652.jpg


その場で揚げながらアツアツをお楽しみいただきました!
CIMG2611.jpg

このスタイルでの山菜の会は初めてでしたが、なかなかイイ感じ。
恒例の年中行事にしたいですね(^^)

ありがとうございました!

山菜調達と仕入に
明日は山菜の会。

一応山に入って採取。足りない分は道の駅直売所。
CIMG2590.jpg

飯山から栄村、津南、まつだい、大島、上越、妙高。
CIMG2597.jpg

巡りに巡りました。


田植えの進むたかやしろ麓
CIMG2593.jpg

みゆき野残照
CIMG2591_2019052423514188b.jpg


美味しい会にしたいと思います。

お楽しみに!!!



久しぶりの珈琲リスト刷新です
水光る5月。田植え真っ盛りの木島平です。

珈琲の世界もまたニュークロップが続々国内市場に流通し始めていて、銘柄選びが楽しみな時期でもあります。

といわけで5月下旬以降のラインナップです。

11a1q1sd.jpg


●ブラジル 
セーラ・ネグラ農園 ブルボンアマレロ種ピーベリー

●パナマ
カルメン農園 カツーラ ナチュラル(ワイニープロセス)

●ルワンダ
アバトゥンジ農園 ブルボンロングベリー種(イカワ・ンデンデ)

●インドネシア スラウェシ
トラジャサパン ティピカ

●ブラジル スモーキーフレンチ(従来通り)

●オリジナルブレンド(従来通り)



これまでとはかなり違ったラインナップにお馴染みさんは驚かれることと思います。

ルワンダアバトゥンジは3年ぶりの登場。
スラウェシ島(インドネシア)トラジャもまた3年ぶりのラインナップですが、農園、焙煎元が違います。
ブラジルは濃厚な味わいが特徴のピーベリーで、これまた4年ぶりの登場です。

パナマは8年前に「ハートマン農園」を扱ったことがありますが、それ以来の登場です。

ですが、プロセスが「ナチュラル」でして、当店での定番となっていた、エチオピアモカナチュラル同様の華やかなワイニーフレーバーが特徴です。

これまでのモカとの比較も面白いかもしれません。


これらの焙煎元は、東京新宿区鶴巻町の「カフェゼロサン」。
直火焙煎技術の水準は極めて高く、業界人さえも一目置く非常に高品質な珈琲を焙煎するお店として名が知れています。

最近はやたらと体裁先行な自家焙煎珈琲店が増え、技術が伴わないにもかかわらず、能書きばかりが先行する業界。

そんな中にあって、しっかりと地に足をつけ、至って謙虚に淡々と高品質コーヒーを良心的価格で提供し続ける同店の姿勢は称賛に価すると思っています。

是非お試しください。

カフェゼロサン

1a1q1sd.jpg


たかやしろトレイルランニング大会の下見
今日は晴れ。
母ちゃんは竹内農園にお手伝い。

私は4日後に迫った「たかやしろトレイルランニング大会」の下見に出かけました。

スポーツハイムアルプ前を9時過ぎにスタート。
P5220001.jpg
目指すはあの山の頂

P5220003.jpg


木島平スキー場斜面をひたすら登り、まずは19分で第六リフト前到達。
P5220004.jpg



林間コースの冷気が心地よい斜面をひたすら登り。
P5220005.jpg

1キロ12分ほどのペースを維持します。
P5220006.jpg

P5220007.jpg


山頂出合
P5220010.jpg

P5220009.jpg

ブナの森が心地の良いトレイル。
P5220012.jpg

イワカガミ
P5220011.jpg

カタクリ
P5220013.jpg

出来ればのんびり歩きたいコースです。(^^)

そして1時間12分後に山頂到着。
5年前の下見ウォークでは1時間18分、本番レースでは1時間14分でしたのでそれらを上回っています。
P5220015_20190522173642e12.jpg

2月から続けてきたトレーニングはやっぱり嘘をつきませんネ。

山頂からは北アルプスまで一望できました。
今年は残雪が多いといいますが、やはり実際に山並みを目視しますと、白さが際立っているのがよくわかります。
P5220019.jpg
飯縄山の背後には槍ヶ岳~穂高連峰までクッキリ。

高社山は独立峰ですが、山頂から西側へは縦走路が続いていまして、実際は「双耳峰」をなしています。
P5220022.jpg


胴結場に到達しますと、そこから左は谷厳寺、右は沢筋を経て木島平方面です。
P5220023.jpg

レースコースは左に折れて、ひたすら下ります。


が。

此処でカメラの電池切れ。私の足も同じ(汗)。

登りは調子よかったのですが、下りが今一つです。
登山靴だったからなのか?

ちなみに5年前は軽量ローカットハイキングシューズでした。

結局2時間35分でゴール。
1a1dddd.jpg

途中、コースを誤り、ショートカットしてしまったので実際よりも1キロほど短くなってしまいました。

さて、本番はどうなることやら。

天気予報では最高気温が32-33度との予報。

水分補給には気を付けたいですね。



山菜採りと馬曲温泉
午後から雨予報でしたが、日中は晴れ。
少し風は強かったものの、心地の良い一日でした。

今日は中野に買い物に出かけたのち、木島平スキー場で斜面でワラビ採り。
CIMG2548.jpg

今週末は山菜フェアなので、その下準備も兼ねて。


戦利品。
CIMG2556.jpg

そのあとは馬曲温泉へ。
毎年この時期、村民には無料券が一人当たり3枚配られますので、村民で賑わうのですが、時間がまだ早く誰もおらず。
CIMG2555.jpg


絶景の露天。
すっかり有名な温泉ですが、やはり素晴らしい景色には何度足を運んでも癒されますネ。
CIMG2554.jpg


風呂上りには名物ソフトクリーム。
CIMG2551.jpg

CIMG2550.jpg

長野県内では長門牧場や、清泉寮のやつが有名ですが、ここのソフトも全く負けてはいません。
牛乳風味満点の逸品は、ソフト好きにはたまりませんネ。

側の棚田は目下注水中。
数日後には田植えが行われ、撮影好機を迎えることでしょう。
CIMG2549_20190520173805b2f.jpg

また来ることにします。


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE







カテゴリー