FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平より2020冬★ 
宿主の徒然なる日記
電車でGO!名運転士選抜選手権挑戦者募集中です
云わずと知れた当宿名物鉄道模型。
音と動きが連動する鉄道運転バーチャルリアリティーともいえる、ちょっとしたアトラクションでもあるのですが、もちろん何方でも老若男女問わずお楽しみいただけます。

ですが、ただ運転するだけの鉄道模型遊びを、エキサイティングな遊びに出来ないかと思案した結果、始めました。

dengo.jpg

★ルール★

当レイアウト(本線)を3周運転いただき、下記条件を満たし、「鉄道模型運転マイスター」の称号を獲得すると次回利用可能な1泊2食つき無料宿泊券を進呈。

持ち点100点スタート、最終停車駅到着時で120点以上で

★★★鉄道模型運転マイスター★★★


得点の仕組み

【ボーナスポイント】 *5点加算

●1週目通過 定時通過指定時間 1分20秒 ±5秒通過
●鉄橋通過時ホイッスル吹鳴 (1回限り)
●2週目通過 定時通過指定時間 2分20秒 ±5秒通過
●停止位置±5cm 
●定時到着±10秒


【ボーナスポイント】 +10点加算

●停止位置±2cm
●定時到着±5秒 


【ペナルティー】

定時運転正確度

定時比10秒以上遅れ ▲5点
定時比20秒以上遅れ ▲10点
定時比20秒以上早着 ▲10点
定時比30秒以上遅れ ▲20点 
*1周目、2週目の通過時刻、および到着時刻

運転車両は機関車牽引による旧客(6両)です。

1.お好きな機関車を下記リストよりお選びいただきます。
EF65 1000番台
EF65 500番台
EF70
EF62
ED76 500番台
EF58
★いずれもKATO製フライホイル搭載車両です。

1.ダイヤは以下の通り定めます。

出発進行! 0:00
1周目通過 1:30
2周目通過 2:40
3周目通過 4:30


2.習熟運転を3周 x 3回お試しいただきます。
特にブレーキの特性について慣れるのに時間がかかります。十分に練習を重ねてくださいネ!


3.定位置から発車!3周後、時計と停止位置目標を見定めながら、上手に停車させてください。

宿主が採点後、結果をその場で通知。

120点以上の獲得で次回利用時無料宿泊招待券を進呈!


●ご同行者みなさんもれなく1名様当り1回挑戦できます。
●「外野」からの運転操作指示は自由です。ただし、直接手を添えての運転介助することができません。


というワケで本日早速1名様挑戦いただきました。
CIMG2221.jpg

大学1年の根っからの鉄道ファン。
年甲斐もなく、EF63をこよなく愛する国鉄マニアさんでもあります。

さすがに機器に扱いなれているだけあって、1周目、2周目の定時性はプラスマイナス10秒にとどめ、腕達者ぶりを発揮。

しかし、最終の3周目到着時間が20秒以上早着となり、基準点達成できず。

実際、これはかなり難易度が高く、120点以上を獲得するのは至難の業。

しかし、鉄道模型運転をゲーム仕立てにすることで、ちょっとしたエキサイティングな気分になれること請け合いです。

挑戦者、募集中です。(^^)




平成最後の夜は川口浩探検隊シリーズを3本鑑賞。
CIMG2222.jpg


スポンサーサイト



大型連休も最終盤
長かったことしの大型連休もようやく終わりを迎えようとしています。

きのうまでの賑わいから一転、今日は5名様です。

昨夜はサラリーマン時代の同僚(後輩)がご家族でお越しになりまして、昔話に花が咲きました。

そして夜更かしの一夜が明けた今日は、気温が一気に上がり、蒸し暑さも感じるほどの昼下がり。
CIMG2239_20190505161031d97.jpg

北側のウッドデッキに階段を取り付ける工事が、連休前に中断したままだったので、1週間ぶりに再開。

数日後には完成の予定です。
CIMG2237.jpg


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE



●5月11日(土)アクアマリンライブコンサート開催




遅ればせながら菜の花公園
怒涛の10連休繁忙期を終えて、今日は一家総出でおでかけ。
まずは弁当持ってやまびこの丘公園。
CIMG2390_2019050816063079f.jpg


当宿から4kmほどあがったところ、スキー場の丁度裏手に広がる広大な芝生広場をもつ公園です。
CIMG2387.jpg

遊具も楽し。
CIMG2386.jpg

山野草園にはシラネアオイの群生。
CIMG2391_201905081606321ca.jpg

周囲は山に囲まれ、まるで仙境のような場所でです。
CIMG2389_20190508160632462.jpg

地元の中沢牧場さんの牛乳を使った美味しいソフトクリーム。
馬曲温泉で食べられるものと同じ、あのソフトです。(^^)
CIMG2385.jpg


その後、菜の花公園へ。
59913170_1313314855473498_1345736287469961216_n.jpg
北に目を向けると関田山脈、鍋倉山。

南に目をやれば千曲川の悠々たる流れと斑尾山。
59521136_1313308892140761_5891843489636810752_n.jpg


いまから20数年前、はじめてこの地を訪れ、あまりの美しさに言葉を失い、この地でユースホステルを開こうと決心せしめた景色でもあるのです。
60076507_1313218512149799_4659040317788389376_n.jpg

言うなれば私の原点ということにもなります。

2005年頃には、NHKおはよう日本のオープニングテーマのバック映像に登場したことがあります。

CIMG2382.jpg

CIMG2381.jpg


菜の花を堪能した後は、野沢温泉ふるさとの湯で。
59407270_1313218598816457_7067454816842153984_n.jpg

外湯が一般的な野沢温泉ですが、有料(500円)の立ち寄り湯もなかなかあなどれません。

内湯は麻釜の湯から、外湯は真湯から引湯。泉質の違う2種のお湯を堪能することができる、魅惑の立ち寄り湯。
59845601_1313218742149776_2470619781712052224_n.jpg

おススメです。


志賀草津ルートへ
今日は志賀草津ルートを越えて群馬県草津温泉まで行ってきました。

湯田中手前では北アルプスが前面に。
CIMG2379.jpg

湯田中から国道292号線に入り、ひたすら山越えの道。
CIMG2378.jpg


昨日の寒波で峠付近の路肩には残雪も。
CIMG2369.jpg


眼下に高社山と妙高山。
CIMG2376.jpg

CIMG2377.jpg

国道最高所の碑
CIMG2374.jpg

芳が平~草津温泉方面
CIMG2373.jpg

そして富士山までバッチリ望めました。 なんとなくわかるでしょう??


雪の大谷
CIMG2372.jpg


草津白根付近は停車禁止。
CIMG2360.jpg


また、万座三差路~草津殺生までの区間は、万が一の噴火に備えて、二輪車、自転車、オープンカーは通行ができません。
CIMG2370.jpg



草津温泉街は、GWが去ったとはいえ、相変わらずの賑わいでした。
CIMG2361.jpg


湯畑から少し西に入った路地の饅頭屋さん「長寿店」。
通行人にもれなくまんじゅう1個+お茶のサービス。(かなり有名です)
CIMG2362.jpg


ツイッターなどでは押し売りだの、強引だの、酷評されている記述も目立ちますが、

同じ商売人の立場でお店の名誉のため、あくまで客観的立場で申し上げておきますと


セールストークはしても
決して押し売りはしていない


ということはハッキリしています。

しかし、ここまで徹底すれば購買率が上がること間違いなく、試食でばらまいたまんじゅうコストは確実に挽回できること請け合い。

亡き父が生前、口癖の如く私に言っていた

損して得取れ


の大阪商人(?)の原則が貫かれています。

CIMG2363.jpg

というワケで私たちもついつい買ってしまいました。
有名な「ちちや」よりも大きくて食べ応えあり。もちろん蒸した食感もGOOD.

草津に来たならやはり温泉。
CIMG2364.jpg

白旗の湯に浸かって気分サッパリ、木島平に帰りました。
CIMG2366.jpg
濁り湯、やっぱりいいですよネ。




樽滝出現
昨夜から今朝は少し冷えました。

でもそのおかげか、空気は澄み渡り昨日の夕景はこの通り。
CIMG2383.jpg

今朝のたかやしろ
CIMG2380.jpg
田植え準備も着々と進んでいます。

根塚と妙高山
CIMG2384.jpg

そしてこの日は年に2度の樽滝放水。
CIMG2359_201905081540492f3.jpg

CIMG2358.jpg

実は

人為的に流しているんです。

その昔、ここにはもともと滝がありました。しかし大正時代に水力発電所が建設されまして、導水管のあまった水だけを流すように。
すると写真愛好家の間で「写して絵になる美しい滝」との評判が広まりました。

が!

昭和59年に導水管の改良工事をしたのをきっかけに、その水の全てを発電に使うようになり、滝は惜しくも消滅してしまいました。

しかしその後も滝の復活を望む声は多く、昭和62年、5月8日にすぐそばで行われる玉滝不動明王例祭に合わせて、一日限りの放水が再開されたのでした。

これが幻の滝「樽滝」の正体なのです。

ところが。

最近ではパワースポットブーム(すでに下火ですが。)にあやかろうと、「この滝をバックにカップルが写真を撮ると幸せになれる」などと、根拠のない都市伝説を流布しようと企む木島平村。
しかし、そんなことはどうでもよく、この滝がどのようにして、何故年に2回放水されるのか、そのあたりの情報をしっかりと伝えるほうが、「地域を知る」「見聞を広める、という点では重要ではないかと思うのです。

私って、頭かたいですかネ(^^)



今日はバイクで松本へ
今季初の長距離バイクツーリングは松本。
CIMG2408.jpg

恒例の長野県ユースホステル協会総会参加するためです。


片道100kmの道のりですが、今季初の運転だった故に、燃料残がどの程度あるのか確認しないまま出発。

が、25km地点の長野五輪大橋手前でまさかのガス欠。予備タンクにシフトしていたため、本当にガス欠。
CIMG2393_20190509224407560.jpg

幸い押していける場所にENEOSがありまして、万事休す。

国道19号線に入ったら、あとは流れに乗ってガンガン行くのみ。
久しぶりのバイクはやはり爽快。

犀川沿いのルートは走り慣れた道とはいえ、やはり気持ちのイイルートであることには変わりません。
CIMG9663.jpg


10:35に到着、会議は昼飯を挟んで15時まで。
CIMG2413.jpg

ランチは山賊焼き
CIMG2395.jpg


その後、数人で場所を変えてお茶しながらの作戦会議(?)
CIMG2412.jpg

17時にお開きとなり、元来た道を木島平に向けて北上しました。
CIMG2410.jpg


千曲川の堤防道路で感動的な夕景に遭遇。
CIMG2409.jpg

自宅に到着したのは19:30。今季初の長距離ツーリングは走行距離227km。
なかなか良い走りが出来ました。




xx
11Ar9.jpg

お客さんの気持ちになって飯山駅からシャトルバスに乗ってみた
今日は午前中、バイクにまたがりあちこちで用事を済ませました。

午後2時頃から中3日空いてのランニング。
自宅から飯山駅まで走りました。


少々暑い中、さらに向かい風を受けながらの走りでしたが、ペースは悪くありませんでした。
このペースでハーフを走れたなら2時間切りが見えてくるのですが。(そんなに甘くはない)


4年前まで、飯山駅は片田舎の小駅に過ぎなかったのが、嘘のような佇まいであります。


駅からは15:20発の木島平シャトルに乗車。






新幹線が開通してからは、木島平村が独自に運行しています。
が、どちらかというと通勤通学バスの性格が強く、野沢温泉線のように観光客の姿はほとんどありません。


村の三セクホテルや民宿、ペンションなどもみーんな宿からの送迎車を出すので、結局誰も乗らないんですよネ。

乗りもしないのに、公共交通機関の廃止反対を声高に訴えるお役人の存在は何処でも一緒ですが、17年前、長野電鉄木島線が廃止される時も、観光協会経由か何かで廃止反対署名の回覧が回ってきました。
乗らないのに、乗ったこともない。そんな人たちが廃止反対って、何?(笑)

私は頻繁に乗っていましたがネ(^^)

ユースホステルの世界は、昔から「ホステラー」は、電車とバスを乗り継いで宿までやってくるものでした。
YH利用者の存在は、公共交通機関の維持のために、一定の重要な役割を果たしていました。
やはり路線存続のためには利用促進が何よりも大切です。それは今も昔も変わりません。

北海道のなよろサンピラーYHさんの最寄り駅も、もはやYH専用駅の性格が強いと聞きますが、その駅が存続しているのも、宿泊のお客さんがその駅を利用するから。

少し話はそれましたが、当宿も木島平シャトルの維持のため、可能な限りそれに乗ってお越しいただくことをお願いしている訳であります。

田んぼに水の入った水田を横目に見ながらトコトコ走ります。


約30分かかって、YH最寄バス停である「総合グラウンド前」に到着。





それにしてもこの日は夕日が綺麗な黄昏時。

妙高山が染まる夕景にくっきりと浮かんで見えました。


学校教育現場とアクアマリン
昨日は午前中、信濃教育会中野下高井ブロック総集会なる会合に出てきました。
PTA会長には出席のお誘いが来るのです。

信濃教育会とは、労働組合ではなく、教育職能団体で、1886年(明治19年)7月に、「我邦教育の普及改良及びその上進を図る」ことを目的に設立されました。

長野県は古来から教育県として知られていますが、その確固たる裏付けは実はほとんど存在しません。

あえて言うならば、遥か昔の明治9年の調査で小学校就学率63%(全国第1位)を記録し、同16年の文部省調査による旧国別の寺子屋数調査でも全国1位だったことにその片鱗を伺うことができます。

しかしそれは昔の話。

こんにち、学力ランキングでも全国平均で20番台と、至って普通。
むしろ、小中高と進むにつれて全国ランキングは下がる傾向にあるので、むしろ逆といえるかもしれません。

少し話はそれましたが、そんな中、教職員のための職能組織は140年もの伝統があり、活動もさかん。
その一環の支部集会的位置づけのこの日の会合でありました。

その総集会。出席者の95%は教職員でして、私は完全にAWAYの中に放り込まれた感はぬぐえません。

ちょっと場違い化も?参加する必要なかったかな?
そんな会場の雰囲気に若干の動揺は隠せません。

しかし、周りには木島平小中学校の知った顔の先生も多数。

隣の席には英時の中学校時の担任のM先生。斜め後方には校長先生。


この日はアクアマリンコンサート。



学校にも事前に開催の案内を出していました。

なんせミマス氏作曲の「COSMOS」は、とある調査で人気合唱曲全国1位なのですから。


こんな曲です。


そんな学校関係者の中では「超有名」な人が、毎年2回も木島平でライブコンサートをやってくれるこの事実をお知らせしない手はないわけです。

ですが。

意外と皆さん忙しく、学校教職員関係がライブを見に来られるケースは意外と少ないのです。

ならばと、この総集会の会場でその告知をさせてもらえないかと、校長先生に話をもちかけたところ、運営の先生に掛け合ってくれまして、営利目的でないのならばと、総集会の最後の「連絡事項」として、ワタシが直接そのアナウンスをすることになりました。

集会の参加者は100人以上。そんな中でどの程度の効果があるのか定かではありませんが、ウチのラウンジが満員になることはまずないと確信の元、


木島平中PTA会長のなかむらと申します。木島平でユースホステルをやっております。
皆さんもよくご存知の合唱曲COSMOSを作曲した「MIMAS」率いるポップスバンド(?)が我が宿で今日コンサートを開きます。
かれこれ17年もやっていて、(結果的に)中野下高井地区は彼が最も数多く足を運んでライブ活動をしている場所です。
ウチは宿屋ですが、ライブコンサートは地域慈善事業でやっているので、無料でご覧になれます。
お手元のスマホで「アクアマリン」 「木島平」 「ライブコンサート」とググれば案内がTOPに出てきます。
16時に開演です。 あの「COSMOS」は16:10頃演奏される予定です。
是非おいでください。


そんな趣旨のアナウンスを言い残して、さあ誰が来る???

と待つこと4時間後。

わが木島平中学校の教頭先生
中野市立小学校の先生
山ノ内町小学校の先生

3名の教員がおいでになりました。

教職員にとって、アクアマリンよりも「MIMAS」の名が有名で、先生いわく「とても敷居の高い超有名人」なのだそう。

一種の神的存在なのかもしれません(^^)

かつてのアイドル、菊池桃子サンのファンが、メイン楽曲提供者である林哲司氏に会うような感覚でしょうか?(いや、違うか)

第一部は16:45まで。第二部は17時から再開。
第二部では、ワタシもステージよりご来場の皆さんにご挨拶。
アクアマリンとのなれそめや、その他諸々のご挨拶を申し上げました後、サプライズ(箸休め)としまして、COSMOS宿主バージョンを披露させていただきました。


ご存知の方もおいでかもしれませが、COSMOSアクアマリンバージョンは、基本キーがC。
Aメロ+サビは比較的簡単なのですが、最後に転調がありまして、一気に黒鍵が増えて難易度が上がります。セッション初体験から3回は、転調前まで演奏を終了していたのを、その後練習しまして、ウチコミ(=ドラムやシンセサウンドなどが流れるオリジナル音源)をバックに転調後も含めたフルコーラス演奏することとなりました。

今辛うじて指が動くのも、年2回の「舞台」の練習を多少なりとも続けているからであり、もしこのセッションプレイをなくしてしまうと、ワタシの指は衰えに向かってまっしぐら確実なのであります。

トシも50を過ぎ、このまま老いていくのは悲しいものがあります。
死ぬまでには「新曲」として、最も伴奏が美しい合唱曲と評判の、合唱版COSMOSをマスターしたいと密かに考えている今日この頃。

最近ではこんな便利な動画もありますので、ちょっとは取っつきやすいかもしれません。
気合と根気が必要なのはまぎれもない事実ではあるのですが。。。。。
それにしても美しいんですよね。この伴奏アレンジ。


いずれにしても、かの有名なMIMASとの面会を果たした先生方、大変興奮されていまして、大大満足のうちに会場を後にされました。
CIMG2431.jpg


というワケで、今後もこのライブ開催は、ワタシのライフワークとして、そして地域活動の一環として地道に続けてまいります。
次回は11月23日で決定です。

どうぞお楽しみに~


2035年9月2日に起こる一大事
昨夜演奏後、アクアマリンメンバーと話が弾みました。

ミマス氏は特に天体に精通していて、日食の話題で話が盛り上がりを見せました。

今から10年前の2009年、日本で皆既日食が観測されました。厳密にいえば列島の陸地では悪天候のため観測できなかったと表現すべきかもしれません。
皆既観測可能な陸地であるトカラ列島が大フィーバーしました。

その後、2012年の5月、国内では金環食が観測されました。
あの時は長野県内でも7割が欠け、気温が低下。明らかに周囲の照度が下がったのを鮮明に覚えています。
とにかく日食は月食とは比較にならないほどの、あらゆる自然現象の中で最も幻想的かつ、死ぬまで一度は見るべき芸術とも言われています。

今度皆既日食が観測できるのは2035年9月2日(日)10時4分から6分までの2分間です。
しかも北関東から北陸にかけて皆既帯が伸び、さらにその中心線(皆既の時間が最も長い)が木島平から飯山を通過することは計算ですでに分かっています。(地震などの地殻変動が地球の自転公転に及ぼすことで、今後微妙に変化するそうです)

真ん中の赤い線が「皆既帯中心線」
1a1aCIMG2028.jpg

ミマス氏いわく

7‐8年前に旅行会社からの打診が来る
3年前にはすでに宿がいっぱいになる

なのだそうです。

しかも、最近では皆既日食を目的の富裕層が金に物言わせて事前に宿を押さえに走るらしく、入念な下準備をしておかないと大変なことになってしまうそうです。


あくまで例えとしてですが、外国の旅行会社が100万円出すから、8月31日~9月3日までの間、ユースホステルまるごと一軒貸し切りで利用させてくれ


などの引き合いがあるそうです。


今から10年前の皆既日食のことをあまり昔のことのようには感じません。
ならば今から16年後なんてあっという間です。

木島平も出来るだけ早い段階で「日食の村」などと銘打ってPRに励むのもイイかもしれません。

何事も言ったもの勝ちですからネ。



プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー