FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
ウチにどれくらい雪がないかというと。。。。。
本日14時現在の我が家はこんな感じ。
20191230142248280.jpg


真冬の我が家をご存知の方はきっと驚かれることでしょう。
2019123014225813b.jpg


でも今夜から大寒波がやって来るらしいので、除雪機をバイク小屋の最前列に待機させておくことにします。
201912301429369df.jpg






スポンサーサイト



晴れが続きます
いよいよ年末年始の超繁忙期に突入です。
23日に帰国して以降、少しずつ習熟運転を重ねてきましたが、28日からのイキナリの超繁忙期突入も難なくこなすことができました。(^^)

しかし雪はなし。

本当に有難いことに、雪がなくてもキャンセルが出ないわが宿。
ですが、なんだかんだ言ってスキーを楽しみにおいでの方も多いので、公共交通機関でお越しの方には当宿、そして村の観光局がタッグを組みましてスキー場送迎を実施中。

今日は野沢温泉、明日は北志賀竜王。

次の寒波は31日らしいですが、木島平スキー場のOPENはいよいよ新年の様相が濃くなってきました。

年明けのスキー場開きは20回目の冬にして初めてのことかもしれません。



2019122920293137a.jpg


野沢温泉村はさすがにそこそこの積雪があります。本日の送迎の途中。

20191229202938a2d.jpg

初積雪!

今日は夕方4時頃から雨が雪に変わりました。
恵みの雪です。

日が暮れてからは道路も圧雪状態になり、いよいよ冬本番な雰囲気です。遅ればせながら。。。。。


それはそうと。

今日、ミュージックステーションの特番で

今年一番歌われたJPOP合唱曲ランキング!!

なるコーナーで、なんとアクアマリンのCOSMOSが第一位にランキング。


ナレーションでは


1位はまさかの結果!!!???


などとナレーションが流れておりましたが、別にまさかでもないんですけれど(^^)


ソーシャルメディアでは続々とその様子を伝えるツイートが。

追記にそのままコピペしておきました。

20191227213121ccf.jpg


201912272131287f0.jpg


●空き情報
1月2日、3日 各1室
1月11日、12日 各2室

2020年イベント暫定版を発表いたしました。


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE




[ ⇒続きを読む ]
晴れ渡るみゆきの
例年になく雪のない年の瀬を迎えています。
20191227083513dfd.jpg


いつもの年ならこの看板も相当雪で埋もれているはずですが
201912270835407b5.jpg


ただ朝の冷え込みは一級品でして、日陰はびっしりこの通り。
20191227083628eeb.jpg


今夜からはかなりの大雪が予想されています。
恵み野駅となることを祈るばかりですね(笑)


サンタクロースがやってきた
遅ればせながら昨日、我が家にもサンタクロースがやってきました。

いつも知らない間にこっそりやってきてプレゼントを置いて行くサンタクロース。

偵察に外へ出たくて仕方のないユズカですが、やっぱり怖い。
お姉ちゃん、一緒に見に行こうよ。

などと、気が気でならない様子。

風呂から上がって、子どもたち3人で「いつもの場所」を見に行くことに。

何故かネコを連れて階段を上がる柚花。

201912261825319ee.jpg



ありました!

ですが、窓は開けっぱなし。




2019122618253908a.jpg


ひょっとしてサンタクロースは、室内への進入を試みたものの、あまりに体が大きくて断念したのかもしれません。
いつもの室外機上に、大きな大きな包み紙が。

念願だった「すみっこぐらしスーパーモチモチ抱き枕【トカゲ】



今年もその姿を目撃することは叶いませんでしたが、やっぱり来てくれました。


このゆずかにしかプレゼントは届けられませんでしたが、年に一度限りのワクワクは、誕生日よりもお正月よりも、何よりも楽しい夢のあるかけがえのない一日。

英時も春花も一緒に楽しんでいました。


良いね。クリスマスは。

20191226182547dce.jpg


●空き情報
1月2日、3日 各1室
1月11日、12日 各2室

2020年イベント暫定版を発表いたしました。


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE



ゆきのないクリスマスイブ
昨日は18:23着のはくたかで無事帰還しました。

全く休む間もなく19:00から木島平中学校新役員(再来年度PTA会長選出)のための話し合いに参加。

PTA会長、悪くないですよ。
そんな話を熱く語らせてもらいまして、20時にようやく家族団らんの時間となりました。

積もる話も山積みでして、12時まで延々と土産話を。


体内時計が完全逆転しているのでいつまでたっても眠れず、でもそのうち浅い睡眠へ。
気づけば9:30でした。

外は雪。でも積もるほどではなく、舞う程度。
すでにそんな冬型も緩み始めていてなかなか寒波が居座らない2019年年の瀬です。

12月24日の時点で地面に積雪がないのもかなり久しぶりのことかもしれません。


まあ自然相手ですからじっと見守るしかないのですが。

皆さん、楽しいクリスマスを!!!



2020年イベント暫定版を発表いたしました。


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE




JL46便羽田行
JL46便羽田行は19時発。

20191225100611921.jpg

15時過ぎに日本から到着した機材が折り返しとなる。
搭乗ゲート前にはサッカーフランスリーグで活躍する川島永嗣選手、酒井宏樹選手の姿があった。

20191225100649ec0.jpg


シート間隔はイベリア航空よりも格段に広く、サービス向上を図る同社の意気込みを感じる。

離陸から1時間半頃、食事が配られる。
洋風のビーフシチューか、和風の豚生姜焼きが選べ、迷わず和風を選ぶ。
温かい味噌汁が気が利いていた。

20191225100725fd5.jpg


2019122510074408b.jpg


フィンランド上空、北緯60度付近に差し掛かる頃、機長アナウンスで「オーロラが見えます」との放送が流れる。

早速後部ギャレー横の窓から空を凝視すると、かすかに緑のもやが確認できる。
暗所性能に秀でるスマホカメラをかざすと、その姿を捉えた。主翼端の白色閃光がなければもう少し良く見えたかもしれない。


事前のオーロラ予報では強度レベル2と、活動は弱く、2年前の帰国便で体験したレベル8には遠く及ばないが。
20191225101420112.jpg


それでも、機内アナウンスするサービス精神は流石に日系会社である。

到着前の「昼食」は焼きうどん。
洋食に飽き飽きした日本人向けの計らいが粋だ。

20191225102323efb.jpg


行きの14時間30分に対して帰りは11時間。
実際の所要時間以上に短く感じたのは、快適さが要因だったのかもしれない。


20191225102607381.jpg


14時45分頃駐機場に停止し、荷物を受け取ったのは15時35分頃だった。
残念ながらホタテ貝は割れてしまっていた。

モノレール区間快速に乗り、浜松町経由東京に向かう。

20191225104132bc2.jpg


15時32分発の「はくたか」で信州を目指す。
2019122510425165e.jpg


20191225104312944.jpg


夕焼けにシルエットが浮かぶ富士山が、ザ・日本。

2019122510444222b.jpg


W7系の乗り心地もまた、ザ・日本。

帰ってきた。ようやく。。。。


帰国への道、完全に開ける
時間はまだ12時少し前。
チェックイン受付開始まで、まだ4時間ある。

ルクセンブルクの駅構内の公衆電話で、日本航空ヨーロッパ予約センターを介して

22日発 JL46便振替完了

となったわけだが、英語の口頭で交わした約束なだけに、本当に予約が完了しているのだろうかと、実は最後まで不安を抱えたまま悶々とこの三日間を過ごしていた。

昼飯はカフェでキッシュとサラダで済ませる。
20191223023154746.jpg


しばらく休んでいると、突然警察官がやってきて、全員出ろという。
周囲の店も全てシャッターを閉め、通行人はその区画から全員退去させられる。
テロのアラートでもあったのかもしれない。


何せフランスは何が起こるかわからない国なのである。

刻一刻とチェックイン開始時刻が迫る。
まだ出発の4時間前だというのに、指定されたチェックインカウンター2番には長蛇の列ができている。


不安を抱えたままでいるので、できるだけ早くチェックインを完了させたい。
普段なら、ギリギリまで行列に加わることはしないのだが、今回ばかりは違っていて、一刻も早く安心を得たいという気持ちが勝る。

私も群衆に引き寄せられるように列に加わった。

2019122302341136e.jpg


順番がやってきた。
手にはボロボロの E チケットも一応用意してある。
もしもに備えて、


12月19日の昼頃この電話番号にかけて確かに予約変更完了したはずだ!


と強く主張する用意も怠ることはなかった。

通常の手順に従い、パスポートのみを差し出す。
もし空いていれば、窓側がいいのですがとも付け加える。
窓口氏の表情は終始穏やか。荷物に貼り付けるタグだろうか。印字機から出てきたものをテキパキとマイパックに取り付ける。

優しそうなフランス人が、カミーノを歩いてきたのかと聞く。そうだ。と返事する。
隣の係員の女性も、にっこり微笑み、それはお疲れ様だったねみたいなことを言う。

彼は帆立貝と瓢箪を丁寧に整え、ザックを袋詰めにしてくれた。

20191223023448d60.jpg



全てが終わった。
そして
重く肩にのしかかったプレッシャーが解ける。


やっと帰れる。


そう思うと不思議と涙が出てきた。

手にはカクタスのショッピングバッグ、首には旅の道中ドラえもんのポケットの如く重要な役割を果たしてきた私の七つ道具入れ。

201912230238022d2.jpg


私は日本への道はこれで完全に開かれた。
搭乗開始まであと10分。

日本に着くまでの間、しばし旅を振り返るとともに、仕事復帰に向けてのイメージトレーニングを重ねようと思う。

20191223023836fd2.jpg



2019年12月22日18時35分
パリシャルルドゴール空港
ターミナル2
37番ゲート待合所にて
下見も怠らず
フライト時間は19時発の日本航空46便。
ターミナル2からの出発となる。

まだまだ時間があるので、次回実施予定のルクセンブルクウォーキングツアーに向けて、到着から空港連絡鉄道へ乗るまでのアクセスを確認しておきたい。

実施するとなるとおそらく ANA を利用するので、ターミナルは1。
無人トラムでターミナル1へ移動してみる。

20191222223658214.jpg


到着出迎えゲートまで足を運び、そこから空港連絡鉄道までのアクセスを忠実に辿る。
ターミナル1には連絡鉄道は来ておらずまず無人トラムに乗る必要がある。

そしてターミナル3で下車し
20191222223824c04.jpg

エスカレーターで一つ上の階に上がる。

するとそこには鉄道乗り場があり、切符売り場が並んでいる。

無人トラムを降りてからほんの30 M ほど先の場所に改札口があるので分かりやすい。
201912222239228f6.jpg


そこからはパリ北駅に向かって電車が頻発している。

20191222224847bab.jpg




TGV の列車もそこから出発しているが、残念ながらルクセンブルク行の便はない。

まずはRER-B線でパリ北駅まで行って、そこから歩いて5分の東駅へ移動となる。

ANA 羽田発パリ行きがドゴール空港に着くのが4時半頃とすると、RERに乗れるのは5時過ぎ、北駅に到着するのは6時前となる。


そこからルクセンブルク行きの TGV に乗るとなると、18時40分東駅発ルクセンブルクシティ行きが適当かと思われる。

到着は20時50分。

1日目のスケジュールはおおよそこんな感じで良いかと思う。

最後の最後まで下見は怠ってはいけない。



パリ脱出作戦
さあいよいよパリ市内をいかにして脱出するか、真面目に検討しなくてはならない。

通常なら徒歩10分の場所から、バスに乗り、空港連絡鉄道(RER)に乗り換えれば良いのだが、バス空港連絡鉄道ともに多くの区間で運休となっている。

ホテルのスタッフに空港に行くにはどのようにするのが良いかと尋ねると、間髪入れずタクシーがお勧めという。

当然のことながらタクシーはコストがかさむ。
市街地南部から空港までは55ユーロ。
できれば使いたくない。

グーグルマップで調べると、実際に運転している路線の中から最適ルートを教えてくれる。

はじき出したルートは

38系統バスで「パリ北駅」まで行ってそこからRER b線に乗ってシャルルドゴール空港へ乗り継ぐというパターン。

100%は信用できないが、とりあえずそれに従うことにした。

7時過ぎに朝食を食べる。
こんな朝食もこれが最後かと思うと少し寂しくなる。

20191222214829ab1.jpg


朝食の席にはちょっと着飾った関西弁を話す若い学生さんと思しき団体がたくさん座っている。
引率者らしき人に尋ねてみたところ大阪の専門学校なのだという。

何やら今日は自由行動らしく、各自ストライキ情報チェックした上で、バスや電車を乗り継ぎ観光地へ向かうのだと言う。
これも一種の訓練かとおもった。


霧雨が待っていたので雨支度を整え出発する。
20191222214857fd8.jpg


まずは Google Maps の言うとおり38番系統のバス停に向かう。
20191222215216b93.jpg

予想通りの人だかりである。
しかしなかなか38がやってこない。

時々やってくる違う系統のバスはこの通り。
あまりに人が多すぎて扉が開かない。

201912222154483ba.jpg


10分待てど20分待てど、38番はやってこない。

時間は9時15分。
いい加減痺れを切らし、バスを諦めることにした。

パリ北駅までは6.8キロ。
今の私にとっては全く取るに足らない距離である。
一時間半ほどで到着出来るはずだ。

ひたすら北上するが、やはり38番バスが私を追い越すことはない。

交通局の事前のストライキ情報とは異なる事実。
パリとはこういう場所なのだろう。

地下鉄の地下道入り口もこの通りシャッターが閉じられている。

20191222215728d6a.jpg


10時35分無事パリ北駅に到着。
20191222215820bfc.jpg


案内に従い、空港連絡鉄道RER乗り場へ向かう。
20191222215914202.jpg


券売機でチケットを買う11ユーロ也。
2019122221594690b.jpg


そして11時、晴れて空港鉄道乗り場プラットフォームたどり着く。
20191222220038f17.jpg


列車は11時7分に出発
20191222220229e89.jpg


空港連絡鉄道とはいえ、日本とは違って同じ線路の上を違う会社が走る。 
TGV や貨物鉄道がひしめく複雑な線路の上を行く。
目に映る風景は、新潟駅を出発した後通過する、上沼垂電車区に少し似ていた。
20191222220511e09.jpg




カテゴリー