fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
釧路彷徨2
和商市場を後にして、フィッシャーマンズワーフを経由し、バスで春採に向かう。
17_20201201000928ecd.jpg


釧路といえば海鮮モノが一番の名物だが、実は蕎麦屋が多いことでも知られる。
何度も釧路に通う私ではあるが、いまだかつて一度も釧路でそばを食べたことがない。

北海道最後のランチに釧路の蕎麦を試してみることにした。

北海道で最も古い蕎麦店は釧路にある「竹老園東家総本店」である。
北海道中に40店舗以上あると言われる東家の大元であり、釧路にものれん分けした店が20軒も存在する。

今風でいえばチェーン店なのだろうが、メニューは各店にゆだねられているらしい。
釧路の街をうろついていると必ず目にする店故、ご存じの方も多いに違いない。

そのひとつ、春採分店を訪れたs。
21_20201201001002323.jpg

店らしくない無機的な住宅然とした建物はどうかと思うが、建物の外見と味は関係がないのは言うまでもない。

12時前の店はすでに4組ほどのお客がそばをすすっていた。

鳥そばだしつき


を選ぶ。

鶏肉の入った暖かい出汁に冷そばをつけて食べる人気メニューらしい。
つけ麺の蕎麦版といったところか。
20_2020120100100039c.jpg

その鶏つゆに加えて、通常の「かえし」で作られたそばつゆが添えられ、一度で2度おしいというここの名物とのことであった。

麺はクロレラを練りこんであり、緑色をしているのは東家の流儀である。
もちろん手打ちではない。
19_20201201000931a81.jpg

が。冷水〆が素晴らしく、十分なコシと風味を感じる。

とても旨いのである。

確かに「手打ち」といえば聞こえはいい。
が、それは技術を伴っていることが前提となる。

乾麺はNGかといえばそれは決してそうではない。

たとえば、もうすでに営業をやめてしまってはいるが、新潟松代の善屋はイイ蕎麦屋だった。

山本食品の「十割蕎麦」や、舛田屋食品の「富倉そば」は素晴らしい。
廉価版なら霧しなの「木曽御岳そば」がサイコーである。

ここ東家のそばは、間違いがない。

釧路には何十回も訪れているが、もっと早く来ればよかったと後悔した。



蕎麦で満腹になったら、歩いて5分の六花亭に向かった。
春採湖を見渡す、私的六花亭ナンバーワンの店舗である。
23_20201201001005d39.jpg

こんなケーキがたったの270円。
コーヒーは無料。
22_20201201001003fb8.jpg

これはどうみても商売ではない。

それにしても六花亭の店員は親切である。そして時としてフレンドリーである。

カフェコーナーに入るや検温された。
表示が35.7度と出て、店員が


結構低いですね(^^)と言う。


この旅の道中、何度も検温を受けているが、このようなリアクションは初めてだった。


太平洋炭鉱鉄道跡
六花亭を後にして、坂を下る。
釧路春採にやってくると必ず立ち寄る太平洋炭鉱鉄道だが、昨年5月に廃止されてしまったらしい。

商業採炭は廃止されたものの、技術伝承、研修のための採炭は続けると聞いていただけにショックを受ける。
旧春採跡に保存用と思われる貨車編成と機関車が留置されていたが、その前後左右に敷かれていた線路はすでに完全に撤去されてしまっている。
もう二度とこの列車たちは線路上を動くことはない。

26_20201201001008840.jpg

24_2020120100100661e.jpg

釧路からはいよいよ今回の旅のメインイベントが始まる。




釧路~那覇 地球表面を忠実にたどる0泊3日の旅
20歳の時、はじめて北海道に足を踏み入れた。
とはいえ、北海道中をくまなく、そして安く旅行するのが目的だったので、越夜の場所は宿泊施設でなく、もっぱら夜行列車だった。
列車に乗ってばかりいて何が楽しいのかと問われるが、実は楽しいのである。

宿泊は伴わなくとも、乗り換え時間を使うことで十二分に観光ができる。
1時間待ちや2時間待ちはざらであり、その時間を有効に活用すれば、知らない街を歩くことができる。

観光とは、観光名所を訪ね歩くことではなく、知らない風景を眺め、空気感を味わうことであり、駅前の何気ない街、そこに暮らす人の生活感を感じるだけで、それは極上の旅となるのである。

若く体力もあったので、夜行列車の連泊もいとわなかった。
汽車旅人生最長の夜行列車連泊記録は7泊だ。 もちろん寝台車ではなく、座席であるのは言うまでもない。


あれから30年が経過した。
風体はすっかりオヤジだが、心は昔と変わることはない。
大体、世の中の中高年の人たちの多くは自分が年寄りだとは思っていない。
それはな内面が変わらないからである。

なので、昔のようなふざけた旅にも依然興味があって、いつかやってみたいと心の中にしまってあった、根室から那覇までを飛行機を使わずに、ひたすら列車と船を乗り継ぐ旅を実行することにした。

MISSION 1
宿には泊まらない

MISSSION 2
航空機を使わない

そんな訳で、釧路13:42発の特急おおぞらに乗り込んだ。
27_20201201001009488.jpg

28_202012010010116ed.jpg


新得手前で日没を迎え、列車は狩勝峠の大カーブを時速90km以上のハイスピードで駆け上がる。
29_20201201001056b18.jpg

夜のとばりが降りたトマム駅は雪の中だった。
2年前の今時分、この駅に降り立った時、中国人観光客でごった返していたが、今は見る影もない。
30_20201201001058537.jpg

南千歳に定刻17:33に到着。函館行き特急北斗の発車時間まで1時間以上ある。
夕食がてら、一つ先の新千歳空港に行ってみることにした。
31_2020120100110049f.jpg

32_202012010011014fd.jpg

コロナ禍にあって、さすがに北の大空港は閑散としていた。
立ち並ぶ飲食店も手持無沙汰な印象はぬぐえない。
35_20201201001105e23.jpg

たまった楽天ポイントを使って食事ができないかと、探し回ったが、意外と見つからないものである。
できれば釧路で実食を果たすことができなかったカキフライ定食にありつきたいと考えていたのだが、楽天ポイントが使える店となるとなかなか見つからない。

ようやく見つけたその店はスープカレーの店であった。
34_20201201001104654.jpg

仕方なく(?)入ることにした。

札幌では「スープカレー」、関西圏では「スパイスカレー」が大流行しているが、かくあるワタクシ、日本的(欧風)カレーは好きであるし、インドカレーも自分で頻繁に作るくらいに大好きである。

が、スープカレーはあまり好みではない。

美味しいのは間違いない。
が、あの粘度のないスープをどうやってご飯と混ぜ食べるのか、方法がよくわからず、いつも狼狽えるのである。

もちろん決まりなどないはずだが、きれいに盛られた具の添えられたカレーの中にイキナリご飯を投入するのも気が引けるし、反対にきれいに盛り付けされたカレーの丼姿をバラバラにしてご飯にぶちまけるのにも遠慮してしまう。

結局、ご飯をスープに浸しながらチマチマ食べ進むのがオチで、普通のカレーに比べて割高な値段設定にも少々納得がいかずに
あまり良いイメージを持っていないのである。

ちなみに食べたのは、ジンギスカンソーセージ、ココナッツ風味  1890円
33_20201201001102069.jpg

ライスは小、中、大の中から選べたので、「大」を選んだが、何のことはない。
いたって普通の、ココイチでいうなら200g程度のfご飯がつつましやかに盛られて出てきた。


千歳空港発18:30のエアポート快速、南千歳で北斗22号に乗り換える。
函館まで3時間を要する。

窓の外の景色も見えず、基本は読書。眠くなれば居眠り。
退屈することなく新函館北斗に到着した。
38_202012010011083cc.jpg

切符は北海道新幹線経由で、枕崎までの片道切符を持っている。
が、宿に泊まらないというミッションを果たすには、新幹線を使うことは許されない。

そもそもこの時間帯に北海道新幹線に乗ったとしても、一切の景色は見えないし、夜の時間帯とあっては、青函トンネルも地上も区別がつかない。
私は生粋の乗り鉄ではあるが、せっかく乗るなら、明るい時間帯にしたいと思うのである。

新函館北斗の改札で「下車印」を押してもらい、いったん改札外に出る。
「新幹線の終点」というだけで、北斗市も開業時にはずいぶんと浮かれた様子だったが、やはり観光の拠点とならない場所では商売的には厳しい。

オーバースペック気味な駅舎に、少しのむなしさが漂っていた。
39_202012010011103c1.jpg

40_20201201001111698.jpg

新函館北斗からは15分の接続で「はこだてライナー」が発車する。
41_20201201001113133.jpg

赤く光るテールランプ、銀色に輝く車体ははまるで宇宙刑事ギャバンの如しである。
42_2020120100111496d.jpg

閑散とした車内に軽々なジョイント音が響く。
乗り心地はなかなかよい。
エアダクトとエンジン音が賑やかな特急北斗とは雲泥の差だった。
44_2020120100111648f.jpg

五稜郭駅で下車。ここから津軽海峡フェリーターミナルまで約3kmある。
時間は22時を過ぎたところだが、青森行きの出航時間は0:30でまだ余裕がある。

駅前のスタバで「カフェミスト」を飲み、体をあたためてから40分の夜道へ出ることにした。

カテゴリー