FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
思い出の釧路
この日は午後から大移動する日ではあるが、午前中は自由である。
せっかくなので、釧路湿原に向かうことにした。

ホテルの朝食
4_20201201000908d9b.jpg

網走行き快速しれとこ
5_20201201000910caf.jpg



いまから30年以上前、1989年の夏、サークルの合宿がニセコで行われ、その足で、後輩を引き連れてレンタカーで釧路までやってきた。
標茶に向かう国道を北上し、「岩保木展望台6km」なる看板を見つけ、それに従い林道に分け入った。

が、進めど進めど、展望台にはたどり着かない。
林道に分け入ってから相当走ったはずだが、一向に展望台が見えてこない。看板案内にあった「6キロ」は優に超えていた。
すでに日没が近づいていて、西の空が林の合間から赤く染まっているのが確認できた。

どこまで続いているのかもわからないまま、ひたすら車を走らせると、果たしてそこに

細岡展望台

なる看板を見つけた。

当初目指していた場所とは違うが、まあイイと、車を路肩に止めて看板の言うとおりに進むと、そこには見たこともない絶景が広がっていた。
まぎれもない、釧路湿原であった。

ただひたすら神々しく、言葉を失った。
絶景に遭遇して背中が震えた人生初の経験だった。

それ以来、私にとって釧路は人生を大きく変える場所になったのだった。

この日の湿原も、あの日と変わらないままの姿を横たえていた。

湿原駅で下車し、10分歩く。
6_20201201000911436.jpg

8_20201201000914469.jpg

9_20201201000918e52.jpg

列車はわずか25分の待ち時間で釧路行きがやってくる。
写真を2-3枚撮影し、おもいきり空気を吸い込んだら、元来た道を戻った。
10_202012010009197bd.jpg

ここ釧路湿原駅は12月以降、停車する列車がガクンと減る。
観光用季節共用駅なのである。

釧路行きも12月からはこの駅には止まらない。

列車は定刻通りやってきた。
11_20201201000921c8b.jpg

網走から乗ってきた観光客で5割ほどの乗車率だった。
GOTOの威力はやはり絶大なのである。
12_20201201000922f28.jpg

例によって、頻繁に警笛が吹鳴され、減速がかかる。
花咲線同様、シカの出没が絶えない区間である。

と、その時、この日最大の急ブレーキがかかった。
床下にかすかな「ゴン!」という音を感じた。

列車は完全停止し、運転士が後方へと歩み寄る。
過ぎ去った軌道敷の先を凝視すると、動物らしき物体が、横たわっているのが見える。

さらにその先では大きなシカがこちらを気にするように立ちすくんでいる。
わが子が列車にはねられたのを気にしている母シカに違いない。

こんな場合、運転士は必ず当該物を軌道敷外に除去し、運転指令に報告をしなくてはならない。
運転士は実にうんざりした表情で、現場へ向かう。

2年前も、暗闇の花咲線で同様の衝突事案が発生し、運転士が懐中電灯を片手に現場に向かう姿を目の当たりにした。

人間ではないにしても大型哺乳類の死体を処理するその心中は察して余りあるものがある。
仕事とはいえ、気の毒な話ではある。
15_202012010009253f1.jpg

運転再開は10分後だった。
運転指令に無線で報告し、発車。
いきなりフル加速はせず、ブレーキテストやエンジンが正常に回転するかどうかを確かめてから通常運転に戻った。

10分遅れて釧路駅に到着後、和商市場に向かう。

いまではすっかり「勝手丼」の市場に変貌してしまった感はあるが、それでも昔ながらの鮮魚のみを扱う店もある。

私がここにはじめて出会ったのは1991年2月。

当時、「勝手丼」の先駆けとなる、サービスを人知れず始めた店があった。

田村商店という。

お金のない貧乏旅人に少しでもおいしいものを食べてもらいたいと、魚の切り身やイクラをどんぶり分だけ小売する、当時としては画期的なサービスをこの店が始めた。

本当に安かったので、当時ヘルパーしていたYHでも、一押しとして毎日紹介した。
泊まったお客さんの多くが田村商店に足を運び、釧路の海鮮を堪能していた。

ある日、田村商店に顔を出すと若旦那が夕食に炉端焼きをご馳走してくれることになった。

今でこそ炉端焼きの店は多いが、本家本元元祖炉端焼きの店だった。

今思い返すと、「接待」を受けたのはあの時が生まれて初めてだったと思う。

それ以来、釧路に訪れるときは必ずと言っていいほど田村商店を訪れる。
決して安い店ではないが、若旦那はブランクが1年開こうが、2年開こうが、私が店に近づくと、お!久しぶり!と声がかかる。


新型コロナ禍にあって、さぞかし厳しいかと思いきや、そうでもないという。
オンラインでの動画発信で、相当な注文を受けているといい、対面販売はむしろオマケなのだという。

いつものセールストークに負けて、鮭を自宅に送ることにした。
上越の魚勢なら、半分以下の値段は確実だ。

しかし、商売というのは、値段だけの問題ではなく、貴方から買いたい!

と思わせることが一番重要なのであって、値段の高低は選択の第一優先順位ではないということをこの店は教えてくれるのである。


スポンサーサイト



釧路彷徨2
和商市場を後にして、フィッシャーマンズワーフを経由し、バスで春採に向かう。
17_20201201000928ecd.jpg


釧路といえば海鮮モノが一番の名物だが、実は蕎麦屋が多いことでも知られる。
何度も釧路に通う私ではあるが、いまだかつて一度も釧路でそばを食べたことがない。

北海道最後のランチに釧路の蕎麦を試してみることにした。

北海道で最も古い蕎麦店は釧路にある「竹老園東家総本店」である。
北海道中に40店舗以上あると言われる東家の大元であり、釧路にものれん分けした店が20軒も存在する。

今風でいえばチェーン店なのだろうが、メニューは各店にゆだねられているらしい。
釧路の街をうろついていると必ず目にする店故、ご存じの方も多いに違いない。

そのひとつ、春採分店を訪れたs。
21_20201201001002323.jpg

店らしくない無機的な住宅然とした建物はどうかと思うが、建物の外見と味は関係がないのは言うまでもない。

12時前の店はすでに4組ほどのお客がそばをすすっていた。

鳥そばだしつき


を選ぶ。

鶏肉の入った暖かい出汁に冷そばをつけて食べる人気メニューらしい。
つけ麺の蕎麦版といったところか。
20_2020120100100039c.jpg

その鶏つゆに加えて、通常の「かえし」で作られたそばつゆが添えられ、一度で2度おしいというここの名物とのことであった。

麺はクロレラを練りこんであり、緑色をしているのは東家の流儀である。
もちろん手打ちではない。
19_20201201000931a81.jpg

が。冷水〆が素晴らしく、十分なコシと風味を感じる。

とても旨いのである。

確かに「手打ち」といえば聞こえはいい。
が、それは技術を伴っていることが前提となる。

乾麺はNGかといえばそれは決してそうではない。

たとえば、もうすでに営業をやめてしまってはいるが、新潟松代の善屋はイイ蕎麦屋だった。

山本食品の「十割蕎麦」や、舛田屋食品の「富倉そば」は素晴らしい。
廉価版なら霧しなの「木曽御岳そば」がサイコーである。

ここ東家のそばは、間違いがない。

釧路には何十回も訪れているが、もっと早く来ればよかったと後悔した。



蕎麦で満腹になったら、歩いて5分の六花亭に向かった。
春採湖を見渡す、私的六花亭ナンバーワンの店舗である。
23_20201201001005d39.jpg

こんなケーキがたったの270円。
コーヒーは無料。
22_20201201001003fb8.jpg

これはどうみても商売ではない。

それにしても六花亭の店員は親切である。そして時としてフレンドリーである。

カフェコーナーに入るや検温された。
表示が35.7度と出て、店員が


結構低いですね(^^)と言う。


この旅の道中、何度も検温を受けているが、このようなリアクションは初めてだった。


太平洋炭鉱鉄道跡
六花亭を後にして、坂を下る。
釧路春採にやってくると必ず立ち寄る太平洋炭鉱鉄道だが、昨年5月に廃止されてしまったらしい。

商業採炭は廃止されたものの、技術伝承、研修のための採炭は続けると聞いていただけにショックを受ける。
旧春採跡に保存用と思われる貨車編成と機関車が留置されていたが、その前後左右に敷かれていた線路はすでに完全に撤去されてしまっている。
もう二度とこの列車たちは線路上を動くことはない。

26_20201201001008840.jpg

24_2020120100100661e.jpg

釧路からはいよいよ今回の旅のメインイベントが始まる。





カテゴリー