fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
佐渡のスペインバル
小木を後にして向かったのは真野町にあるスペインバル。
昨年訪れた際、途中手に取って買い求めたローカル雑誌紹介されていたのをきっかけに知ることになった。

昨年は実店舗ではなく、出張店舗で「ボカディージョ」をテイクアウトして買い求め、ほんのわずかの時間だったが、カミーノネタで話が弾んだ。
それ以来、インスタグラムでその様子を知る程度だったが、今回の佐渡では是非実店舗に行ってみたいと考えていた。
真野町の目抜き通りの古民家を改装して2020年にOPENしたそうだ。
6_202306140639236ed.jpg

店の前にいったんバイクを止め、店の中を覗き込み駐車場所を尋ねると、5秒後奥様が、「中村さん!!??」と気づいてくれた。

ほんの1度しか会ったことがないのだが、まさか名前まで覚えてくれていたのには感動した。
接客業とはこうではくてはならない。

指定の駐車場にバイクを止めて、店内に入ると、そこはまさにスペインバルだ。
特別に夜メニューを用意してもらえることになり、いくつか「タパス」をオーダーした。

ご主人の仕事の丁寧さがうかがえる、実に洗練された品々に感動する。
8_20230614063923c1e.jpg

9_20230614063923813.jpg

7_2023061406392277c.jpg

気分はスペインカミーノ。
ご主人は単独でフランス人の道を2回も歩き、夫婦でも歩いた経験がある。

私はブルゴスから70KMのフロミスタまでと、サリアからコンポステラまでの114KMのほんの一部だが、互いの経験を振り返りながら、大いに話が弾む。
ゲストと同じ話題で場が盛り上がることはまったく珍しくはないのだが、この盛り上がりような何なのか?

23年の宿屋の経験からしても、旅した先の経験談でこれほどまでに共感しあい、話が楽しく感じたことはあまり記憶がない。


それほどまでにスペインカミーノは人々の人生に大きな影響を与え、旅したことのある人はどこかにカミーノの経験を拠り心にして生きているのだろうと思った。

そしてまたいつか再訪してみたいと心から思った。
10_2023061406392419f.jpg



佐渡一周
MANO CAMINOでの2時間があまりにも楽しすぎて、何処に行く気もなくなってしまった。
その日は相川に宿をとっていたが、バイクのミラーのガタや、一部装備の不足があったので、ひらせいダイソーに立ち寄り買い物後宿に向かった。

雨が予想されていたので、屋根付きの駐輪場がある宿を探した結果、JR東日本のグループホテル「ファミリーオ佐渡相川」に決めたのだった。
1_202306140727314ec.jpg

お客は5組10人ほどだったが、にもかかわらず食事はバイキングだった。
3_20230614072731756.jpg

フードロスが半端ないのではないかと余計な心配をしてしまう。

食後は目の前の海で夕日を眺める。はるか沖を行く1000teu型コンテナ船が太陽と離合し、なかなかドラマチックな瞬間を目の当たりにした。
5_202306140727312dc.jpg

6_202306140727329e8.jpg

7_202306140727427dd.jpg


翌日は雨にもならず、8時15分に出発、島の周回路を巡るツーリングに出かけた。

立つ鳥跡を濁さずである。
宿屋をやっていると、そんな意識が特に強くなる。
8_202306140727418ac.jpg


どこも伝統様式の街並みが続き
9_20230614072743bdf.jpg

10_20230614072743f6b.jpg

1_20230614073332152.jpg

かつての最北の集落、岩谷口。外海府ユースホステルの前にて
2_202306140733338e5.jpg


大野亀のカンゾウはまだまだ見ごろ。
3_20230614073335d89.jpg


島の東側
4_202306140733361fd.jpg

5_20230614073338cea.jpg


佐渡はいまだに昔の木造校舎を二次利用している事業体が少なくはない。
家並みだけでなく、学校もまた取り壊されることなく生き残っているものが多いのだ。
6_20230614073339510.jpg

sabo珈琲で軽い昼食をとり、島の南部へと移動する。
7_2023061407334112b.jpg

8_2023061407334794e.jpg

9_20230614073350d4e.jpg

同じく風光明媚な集落景観が続き、それは沿岸のみならず、内陸についても変わることはない。
10_202306140733516ca.jpg

11_20230614073352660.jpg

昨年openしたというチョコレート工場に立ち寄る。
13_20230614073353d8b.jpg

佐渡でチョコレート?と思うが、どこもかしこも同じようなカフェではなく、このような「トンガリ」は大いに評価されてイイと思う。
マーケティング的に需要があるかどうかは別だが、ご活躍を祈りたい。
12_2023061407335388c.jpg


赤泊から島を横断し、再び真野に戻ってきた。この日は昨年同様、島ふうみゲストハウスに投宿した。
一棟貸しとしてはこれまで泊まったどこの宿よりも充実し、レベルが高い。

リビングの白いムートンに感動し、昨年ウチの談話室にも青いものを導入したが、モノが違いすぎて、わずか10か月でぼろぼろになりこの春「退役」したのは記憶に新しいところではある。
2_20230616065613a6c.jpg

オーディオシステムは完璧、自動お湯はりバス、洗濯機はもちろん、洗剤も何種類かラインナップされる。
レベルが高すぎてもはや真似することもできない。
5_202306160656179d7.jpg


衣類用消臭スプレーはウチのログにも置いて良いかもしれないとおもった。

早く寝るつもりだったが、オーディオの凄さに、ついついspotifyで懐メロを聴きこんでしまった。
この歌、こんなにいい音だったのか!?

真似しようにも真似のできない宿は意外と少ないと感じるが、さすがに此処だけは格が違いすぎる。
全くワタシの手には負えないレベルにあると断言できる。

3_20230616065614c24.jpg


佐渡両津から仙台へ
この日は宿を8時前に出発し、両津フェリーターミナルに向かう予定だった。
荷物をバイクに積み込むため、室内外を何度か往復しているうち、あろうことか玄関のカードキーを室内に残したままドアを閉めてしまった。 オートロックのドアが無情にも施錠されてしまった。

この施設はベーカリー併設で、夜間には人はいない。時間は8時前だが、店のopenは10時である。
駐車場を見渡してみてもクルマはまだ1台も停まっておらず、スタッフはまだ出勤していないと思われた。
しかも、運の悪いことに唯一の連絡手段である携帯電話も室内に置いたままだった。

絶体絶命。

もしかしたら裏口に開口ドアがあるかもしれないと、藪の中を無理やり進んでみた。
しかし徒労に終わった。

ベーカリーの店舗を覗いてみるも電気は灯っていない。なかば諦めかけたところ、ふとスタッフらしき女性が姿を現した。
右往左往している私を見て

「どうかされましたか?」

「カードキーを持たずに外に出てしまって」

女性はすぐに店舗内に戻り、予備のキーで開けてくれた。 万事休す。

気を取り直し、予定より10分ほど遅れて宿を出発、両津港には8時40分に到着した。
さすがに両津航路はクルマやトラックも多い。バイクは1台先客があった。
1_20230616065612f80.jpg

9_2023061606562391f.jpg

おけさ丸は佐渡汽船最大船型で、これは北海道航路のフェリーです、と言われてもあまり違和感がないくらいにパブリックスペースが充実している。こがね丸とは全く格が違う。
6_20230616065618bf4.jpg

7_20230616065620ac1.jpg

8_20230616065621f2f.jpg


2時間30分の航海で、新潟港に到着、幸い雨はまだ降っていなかったが、午後には東北地方で雨が確実に降り始める予報だった。とりあえずコンビニに立ち寄ってゲイターを含む雨具一式で身を固めた。雨が降り出してから整えるのは、駐車の場所やタイミングが難しいので、降り始める前から装備するのが得策なのだ。

眠気防止のためのメガシャキを3本まとめ買いし、国道113を北上、聖篭の工業地帯を横目に、日本海側の松林を北上する。
月山コブ遠征を始めた8年ほどまえは毎回この道を通るのが常だったし、2005年&2006年の北海道ドライブでも2年連続してこの道を通過していた。

途中関川、小国、南陽、白石で合計4回のコンビニ休憩をとりながら、仙台港を目指す。結局雨七ヶ宿あたりから降り始めたが、さほどの大雨でなかったのが幸いした。
10_20230616065624249.jpg

所要時間は6時間。到着したのは17:45だった。



カテゴリー