fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
エルベ川渡船
遊歩道を少し歩いて行くと、船着き場が目に入った。
遊覧船の桟橋とは別に渡し船の浮桟橋がある。対岸に目をやるとそこには小型の渡し船が客を乗せてこちらに向かってくるところだ。

看板を見ると、旅客運賃は1.8€とある。迷わず乗ってみることにした。
9_2023100111235358b.jpg

自転車も乗れるのは日本各地にみられる公営渡し船と同じである。
10_20231001112355f25.jpg

11_20231001112357617.jpg

川幅は100mほどで、かつての音戸渡船よりも少し近い印象だ。

丁度ドレスデンから下って来たと思われるリバークルーズ船がやってきた。
15_202310011124028d3.jpg


対岸の街は新しい家が多く、どちらかといえば上流階級の匂いがする。
駐車されている車もメルセデスが目立つ。
1_20231001115502df6.jpg

付近を行きかう路線バスのカラーリングはまるで京都市交通局である。
4_20231001115506454.jpg

駅に戻ると、ショップがあるのに気づく。ドイツの駅には常駐駅員はほぼおらず、代わりにドイツ鉄道直営のコンビニのような店が営業しているところが多い。
ココは書店も兼ねており、多くの雑誌類に混ざり、ガイドブックも豊富に置かれていた。
画家の道に関する詳細な本も陳列されており、2冊ほど買い求める。
6_20231001115509729.jpg

鉄道関係雑誌の種類は日本を圧倒していた。
7_20231001115510828.jpg

8_202310011155142b4.jpg


帰りも同じく機関車けん引のS3線にのってドレスデンに向かう。
9_2023100111551320b.jpg

10_20231001115516443.jpg

時間に少し余裕があったので、ドレスデン中央駅で下車し、15分ほどかけてユースホステルに戻った。
11_202310011155167c3.jpg

12_202310011155186ab.jpg

13_20231001115520814.jpg

駅前に自家用車をむやみに乗り入れさせない構造になっているのがドイツらしい。

ドレスデン市内ツアー
午後2時からはドレスデン市内観光ツアーが組み込まれていた。
地元のガイドさんに連れられ見どころを歩く。

旧市街の入り口で街づくりの過程について話を聞く
1_20231001123807dd3.jpg

そしてツウィンガー宮殿へ
2_20231001123809219.jpg

模型を示しながらの説明をきく
3_20231001123810494.jpg

4_20231001123811638.jpg

世界遺産にも指定されているこの旧市街だが、実はそのほとんどは第二次大戦で消失してしまったが、隣国ポーランドワルシャワと同じく、街並みは再生され「世界で最も難解なジグソーパズルを完成させるようなものだった」とたとえられている。
5_2023100112381389c.jpg

一部の建造物は、原形のパーツを使ったものと、新しく作ったものが混在させ、その再生過程がわかるようになっている。
28_202310011304090b8.jpg

26_20231001130406c37.jpg

27_20231001130408f0e.jpg

25_202310011304058b8.jpg


広場に屋台が立ち並ぶさまは何処も同じである。
7_20231001123817d1c.jpg

6_20231001123814621.jpg

聖母教会前で解散となり、夕食時間の18:30までは自由に過ごす。

ガイドさんに尋ね教えてもらったカフェ
24_20231001130403678.jpg

ドイツケーキと珈琲を頂く。
8_20231001123818ced.jpg

ケーキは5.9€、珈琲は3€ 合わせて8.9€だったので、チップ込みで10€を支払った

cafeを後にして新市街区へ向かってみた。
夕照にそまる大聖堂が美しい。
14_2023100112382856b.jpg

土曜日なのでどこも人だかりにはなっているのだが、店の数もそれに比例して多いので日本のような行列ができているところは皆無である。
22_20231001130401c59.jpg

23_20231001130403971.jpg

新市街区
11_2023100112383073f.jpg

10_20231001123830cdc.jpg

12_2023100112383050e.jpg

エルベ川の橋が旧市街、新市街の境界となっている
13_2023100112382681c.jpg

やがて集合時間の18:30が迫る。
9_20231001123827918.jpg

15_20231001123828455.jpg

16_202310011238296f4.jpg

ユースホステルに急ぐ。

ドイツにおいて社会的地位の高いユースホステルは、市中のど真ん中でもこんな公共道案内標識が掲げられている。
2_20231001131850b53.jpg

1830に集合して、徒歩で近くのドイツ料理店にて夕食のご招待を受ける。
1_202310011318482af.jpg

ココからは今回の受け入れ担当であるミリアム氏も同行。これまで3回来日しており、日本ツウでもある。

今回の訪問では、あまり自己紹介をする機会がなく、先方が我々の境遇や立場、職域を知らないまま話すことが多かったのだが、今回ははじめてドイツ側から自己紹介を求められることになった。
4_20231001131840825.jpg

私はあえて英語で貫き、丁重な感謝の意を表すとともに、思っていたよりもはるかに充実したドイツ滞在だったことを切々と語った。
とはいえ、話していることは単純極まりないので、おそらくメンバー全員が理解してくれたに違いない。

私は海外居住経験はゼロだが、35年以上前のある一定の期間日本人オンリーの環境下で英語の訓練を受けたのが今になっても確実に役に立っている。
通訳のラウラに「めっちゃ感動しました」と声を掛けられ素直に嬉しかった。

思いを正しく素直に伝える。国際舞台ではとても重要なのだとあらためて思った時間でもあった。

注文した羊肉のグヤーシュがとても美味しかった。
3_202310011318400cc.jpg



ユーロシティ―(EC)に乗ってベルリンへ
10月1日、ドレスデンを出発して最終滞在地のベルリンへ向かう。
私にとって待ちに待った長距離列車での移動となる。しかも乗車するのはICE(新幹線)ではなく、ユーロシティと呼ばれる国際列車である。
前日ピルナに行くときに乗った近郊鉄道「Sバーン」に乗り、ドレスデン中央駅に移動。
11_202310011155167c3.jpg


そこからベルリン行きに乗る。
ベルリンの協会職員ミリアム氏によると、この列車での移動は日本でいう「座席未指定券」なのだという。
したがって、乗車したら、空いているところに手当たり次第に着席し座席を確保せよということらしい。しかも、食堂車にも自由に座ってもイイという。
日本人の感覚で言うと少し理解しがたいのだが、そういうことらしい。

予想に反して列車は定刻通りやってきて、撮影の準備が間に合わず、青い色をした先頭の機関車の姿は捉えられなかった。
1_202310021343304b3.jpg


EC176はチェコのプラハ発の列車で食堂車を含め9両編成となっている。
機関車けん引の客車列車だが、サービス電源は機関車から供給される故に電源車は連結されていない。

乗車口案内はあいまいなので、列車が止まると、皆分散して近くの扉から飛び乗るように散り散りとなった。
ワタシとT氏が食堂車の扉から乗り込み、ミリアム氏の言う通り、空席のテーブルに着席、「座席」確保に成功した。
2_202310021343321e2.jpg


他のメンバーがどこに居るのかよく知らないまま、列車は滑るように走りだし、やがて大柄な男の店員が注文を取りにやって来た。
4_202310021343369ff.jpg


ミリアム氏によると、ビール以外はユースホステル協会で負担するというので、まずは珈琲を注文し、そのあと、食事、デザートを注文し、日本では体験できない食堂車の旅を楽しむ。
5_202310021343363a1.jpg

牛肉の黒ビール煮込みビーンズ添え
6_20231002134339f8d.jpg

バタークリームのケーキ
7_20231002134339d8a.jpg


そしてやがて他のメンバーの消息が明らかになる。6人掛けのコンパートメントに収まったものの室温が高く不快という。しかも見知らぬ外国人が2人いて、あまり心地いい環境ではないという。

食堂車組はラッキーだった。


移り行く田園風景はヨーロッパならではであり、日本人の旅人のこころをくすぐる。
ラウラによると、これは当たり前の景色で特に何とも思わないというので、日本は山地に覆われているので、平地にはことごとく町が形成され、住宅が立ち並んでいる。なので、このような田園風景が続く車窓は北海道に行かなければ見ることができない。
なので、とても異世界を感じるのですよ、と説明する。


1時間ほどして席替えを実施し、私はくだんの6人掛けコンパートメントへ移動する。やはり快適とは言えない空間だった。
8_202310021343411a3.jpg

通路にも、食堂車ギャレーにも人が密集する。
9_20231002134344509.jpg

3_20231002134334618.jpg


これでもか!とばかりに食事に招いてくれるのだから、せめて列車の移動も1等車にできなかったのかなと思う。
最後部に2両連結された1等席は乗車率は4割ほどしかなく、席の確保は容易だったはずである。

1等車とはいっても日本のグリーン車のような豪華版ではなく、普通車に毛の生えた程度で、2-3千円程度を加算すれば良いだけの話なのだから。


団体旅行ゆえにそのあたりはもう少しきちんとした工程管理が求められる。
実際、発車から1時間以上消息不明のメンバーがいて、暫くの間みなそわそわ落ち着かない時間帯があったのもまた事実である。


ベルリンに到着
11_20231002134346dd9.jpg

12_202310021343476aa.jpg

エンジを基調とした乗務員の制服はカッコいい。
14_202310021343488c1.jpg

乗り心地の良さの元でもあるバッファ式連結器
15_2023100213434914f.jpg

16_20231002134351f6b.jpg

大阪なんばのような駅の作りにどこか親しみを感じるベルリン中央駅であった。
17_20231002134352a66.jpg



カテゴリー