fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
大人の社会見学 ~日本一うまい米はこうしてつくられる
今日は宿はじまって以来のイベント

「大人の社会見学~日本一うまい米はこうして作られる」

を実施しました。

昨年の米コンクールで特別優秀賞を受賞した竹内農園。
今回のイベントにあたっては、格別のご協力をいただきました。

9時30分頃、竹内家前に集結。
CA3E0088.jpg

昨夜露がおりた影響で、稲刈りは10時過ぎから始めるとのこと。
まずは、もみすり、選別、精米、袋詰めの作業場で弟の芳次郎サンが解説。
CA3E0091.jpg

モミの付いた米は乾燥機で水分率15.5%に調整されます。
地元JAの基準では14.5%なのだそうですが、食味を上げるためにはそれではNGなのだそうです。
かといって16%以上だとカビの原因になりこれまたNG.非常にシビアな乾燥水分調整過程です。

乾燥方法には昔ながらの「ハザ掛け」の方法もありますが、ハザ掛け乾燥は、仕上がりにムラがあって、決して優秀とはいえないのだとか。
あと、ハザ掛けした米も多くの場合、最後には機械乾燥で仕上げるそうです。

乾燥が済んだ米は籾摺り機を通って玄米になり、そこから

●石抜き
●光センサー選別機「ピカ選」による不良米選別
●粒サイズ選別

の合わせて3台の選別機を通過して。。。。。
CA3E0099.jpg
↑今期新規導入したハイテク選別マシンサタケ製「ピカ選」。224万円也


CA3E0101.jpg
出来立てホヤホヤ玄米の出来上がり。

野菜と違って、米を作るには、驚くほど多くの機械がかかわっているということがよくわかりました。
良い米を作るにはハイテクは欠かせないのです。

ほ場の露が消えた頃を見計らって稲刈り現場へ移動。
ヒゲマスターが米の栽培について詳細に解説。
CA3E0109.jpg

その後、なんとコンバインを体験操作させていただきました。

ところで皆さん。何故「コンバイン」と云うかご存知でした?

稲を刈るだけでなく、

脱穀
稲わら裁断

という複合機能を持ち合わせたマシンだから「コンバイン」というのです。何気なく「ヰセキコンバイン」などと耳にしていましたが、そういうことだったのです。

まずはワタシが恐る恐る挑戦。30mほどの距離を往復して稲刈りしました。
CA3E0121.jpg

次に東京のウラワさんが挑戦。
CA3E0124.jpg

脱穀された米を軽トラのホッパーにシュータで積み込み。
CA3E0123.jpg
ウッドチップ運搬船の積荷役を思い出しました(笑)

そんな作業をしている間、竹内家に戻り精米したてのコシヒカリを貰ってきて、それを龍興寺清水で米とぎ、炊飯準備を進めました。
CA3E0129.jpg

そして土鍋炊飯。
コールマン製ツーバーナで強力加熱し、約25分で完成!
CA3E0130.jpg

1升も炊いたのですが、大人6人、小学生1人、幼児2人でみんな食べつくしました。
サイコーの景色、サイコーの天気、そしてサイコーの米、水。
旨くないわけがありませんネ。
CA3E0131.jpg

お疲れ様でした。

そして竹内家の皆さん、本当にありがとうございました。



FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中です。よろしければ1日1回クリック下さいネ!

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


カテゴリー