FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平より2020冬★ 
宿主の徒然なる日記
極上コシヒカリ・いよいよ入荷です!!
みゆきの杜YH提供しているお米は、村内内山地区にある竹内農園さんの極上の新米コシヒカリ。
待ちに待った新米が今週末いよいよ入荷します。

竹内農園
butarogo.gif

第11回食味コンクールにおいて

見事

特別優秀賞を受賞


したこだわりの逸品

実際、同年の食味試験において

96点

をマークし、木島平村内でサンプリングが行われた30数軒の農家中、トップランキングされました。これは最上級の魚沼産コシヒでさえなかなか到達することの出来ないきわめて高いレベルなのです。 

参考資料

高品質の米をたとえる表現に「魚沼産同等」という表現がよく使われますが、これを見る限りでは竹内農園さんのコシヒカリは、一般的な魚沼産はもちろん、魚沼産の中でも最上級品質とされる塩沢産の多くを凌駕していることがわかります。

米の味の全てを食味数値だけで計ることはできませんが、実際食べてみると本当に美味しいのです。

で、ちょっとそのワケを竹内さんに尋ねてみました。

======

①50%減農薬
米どころ新潟県よりもさらに厳しい基準が定められた長野県基準の50%減農薬栽培

②魚カス肥料による食味のアップ
先代からの「秘伝」ともいえるこの肥料には旨み成分の「アミノ酸」が豊富。まさに米のかくし味

③昼夜の温度差が激しい中山間地に広がる棚田
水源は内山地区の名水。温度管理をしつつ、水は毎日入れ替えするので水環境が抜群。(まるで源泉掛け流し!)
昼夜の温度差がさらに米の旨みを増す。

④稲刈りまでしっかり「立たせたまま」にこだわる
絶妙の肥料調整により、収穫前に稲が倒れることを限りなくゼロに抑える。⇒最後まで稲を生かすことで、米の旨さが損なわれない

⑤通常の間隔よりも広げて植えることで、日光を浴びる量をUP
収量は減るが、高い品質を保てる



====
◎お米の食味とは◎
食味値近赤外線分析機で、「アミロース」「タンパク質」「水分」「脂肪酸度(玄米)」の4つの成分を測定し、食味方程式により食味値を出します。

味値は、100点満点で表し、数値が高いほど美味しいお米になります。
最近の良食味品種の増加や美味しい米作りの努力により、日本産では、60~65点が標準になっています。70~80%の人が美味しいと認めるのは、70点以上、コシヒカリレベルは概ね75点以上と云われています。

====


竹内農園の作業場
RIMG0041_20091009160725.jpg

RIMG0048_20091009160906.jpg


内山地区の一番上に位置する棚田地帯がこのお米の生まれ故郷
RIMG0045_20091009160826.jpg

竹内農園は若い夫婦兄弟が支えています。

ヒゲマスターこと、竹内昭芳サン(兄)
RIMG0067_20091015164828.jpg
こどもが4人もいます。あ。家族そろって鉄道ファンというのもワタクシにとっては見逃せません。

野生児ではなく「野菜児」こと、竹内芳次郎サン(弟)
RIMG0042_20091009160744.jpg
明日の日本の農業を担う若き農業従事者たちです。

芳次郎さんは3年前、パプリカ栽培技術において農林水産省経営局長賞を受賞。
さらに一昨年春にNHKの「青春リアル」に登場しました。

その一方で、兄弟そろって冬は木島平スキー学校でインストラクターとして活躍。
殊に芳次郎は冬季は当宿の名物イベント「竹内兄弟のビデオレッスン」の主任としても大活躍してくれます。

と、ちょっと横道にそれてしまいましたが、本題に戻りましょう。

そのお米を美味しく食べる秘訣はなんといっても

電子ジャーではなく、厚底の土鍋を使ってのガス炊き、そして水です。
当宿の水道水は高社山の伏流水。カルキ臭ゼロの非常に美味しい水道水です。米が旨く炊けないわけがありません。

ハジメチョロチョロナカパッパ

の教えに基づき、炊飯します。

①まず米を十分にとぎ、十分に浸します。あまり強く混ぜないことが肝要です。
②米と、コメと同量+α相当量の冷水を鍋に入れます。
③強火にかけ、沸騰したら弱火にして17分。
⑤火を止め5-10分蒸らします。

これでビックリするような美味しいご飯が出来上がります。
CSC_1926.jpg

これまで使っていた普通の「長野コシヒカリ」も十分美味しいと思っていましたが、それとは比べ物になりません。

たかが米、されど米。

うまい米の里・木島平

その木島平の米の中でも最上級にランキングされた竹内農園の米。
middle_1209998455.jpg


ちょっと米に対する考え方が変わりました。本当に美味しいんです。見た目と味は。。。

=====

①米とぎの段階から表面がピカピカしている

②精米具合が秀逸なのか、とぎ汁が普通のお米に比べて早く濁りがなくなる

③炊き上がりのツヤが違う

④米粒ひとつひとつがとても大きい

⑤弾力、粘り、甘みに富んでいる

⑥冷めても旨い。オニギリが最高に美味しい!


=====


長くなりましたが、論より証拠、百聞は一見(一食?)にしかず.
日本一旨い米をどうぞ思う存分お召し上がり下さい。


スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー