fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
佐渡島の旅 4
海の幸をたらふく食べた後は、もうやることもなく、ただ波の音を聞きながらゴロゴロしていました。

そして気づいたら夜中の2時30分。テレビをつけたら丁度サッカーの中継が。

しかしテレビを見続ける気力もなくそのまま再び眠りについてしまいました。

・・・・・

朝起きると予想外にも天気は晴れ。風は強いものの、澄んだ青空が広がっていました。

小木港の出航時間は12:50。 それまでの間、可能な限り島を巡ることにしました。

普通、佐渡島観光と聞いて、多くの人が連想するのが


トキ

金山

たらい舟



といったところでしょうか。確かにそれは佐渡を代表する一般的観光地ではあります。

しかし!ガイドブックやネットの情報ではほとんどクローズアップされない、佐渡の隠れた「光」が存在することをぜひ皆さんにも知ってほしいと思うのです。

それは

町並み・伝統的建造物

であります。

実は佐渡の沿岸に点在する集落のほとんどが、旧来からの「漁村」です。
本土においてはその漁村風景もずいぶん近代的になってしまったきらいがありますが、ここ佐渡においては驚くほどに原型をとどめているということを見逃してはなりません。
ADSC_9911.jpg

ADSC_9912.jpg

ADSC_9921.jpg

つまり新建材でできた家が非常に少ないということにほかなりません。

海岸沿いの民家は塩害から守るために板張りの壁で、屋根は能登地方にも共通して見られる黒瓦。
これらの伝統的民家が実に良好に保たれているのです。
ADSC_9939.jpg

ADSC_9899.jpg

この伝統はたとえば学校関係の建物にも共通して言えることです。驚くことに佐渡の沿岸には木造校舎が非常に多く現存しているのです。現役校舎もあれば、すでに役目を終えた建物もありますが、その面積あたりの数は特筆に価するものです。
ADSC_9908.jpg

ADSC_9906.jpg


佐渡が世界遺産としてさら強く推すのであれば、この町並みについても十分価値を再検証し、推挙すべきだと思われます。

私が佐渡に惹かれる一番の要因は実はこれなのです。

しかしこの町並みについて、詳細に触れた書物やサイトはほとんど存在しません。

小木の宿根木の重伝建はかなり凄くて見ごたえがあると思うのですが、多くのガイドブックには申し訳程度にしか掲載されていません。
ADSC_9934.jpg

ADSC_9935.jpg

木曽や白川郷にも負けないくらいの貴重な町並みなのですが。。。。

まあとにかく、町並み好きはぜひ一度行くべしです。
県道を一歩外れて細道を行けば、あっと驚く日本の原風景が広がっているんですからネ。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

こんな、町並みを見たら行きたくなります。
以前夏休みに、計画立ててみたけど。。。しまったあ~行っとけばよかったな。
いずれ、行ってみようっと。素敵な旅日記ありがとう。(荒波の中、お疲れさま)
【2008/11/24 20:12】 URL | みえ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


カテゴリー