FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平より2020冬★ 
宿主の徒然なる日記
道の駅めぐり@飯山+木島平
GWが明けてひたすら近隣の調査(?)ドライブです。

昨日は鍋倉高原に斑尾高原。

今日は野沢温泉、そして道の駅。

近隣の道の駅の雄と言えばダントツで道の駅花の駅千曲川。飯山市観光局直営の施設でして、直売所の地元産品の豊富さは他の追随を許しません。
CIMG3839_20120426181525_20150512134502d12.jpg
地元飯山市の産品はもちろん、全国各地の提携道の駅の駅の名産品も並びます。
くるま麩がいつでも買えるのは沖縄好きとしてはなんともうれしい限り(^_^^)
CIMG3831_20150512134501019.jpg
隣接のカフェもまた地元色を前面に出したコストパフォーマンス抜群のメニューが並びます。
飯山のヤサイゴロゴロカレー(2年前に実食)
CIMG3837_201505121345018d2.jpg
菓子店が軒を連ねる飯山らしく、市内各店のお菓子が買えるのもまた画期的です。
意外と知られていませんが、企画立案のけん引役は飯山の観光施策のブレーンでもある木村宏さん。
なべくら高原森の家開設時に支配人として招へいされ、飯山市振興公社の総支配人を経て、現在は飯山駅の観光案内所の支配人でもあります。

飯山市の観光PRのセンスの良さは誰もが認めるところであり、周辺自治体の関係者から一目置かれる存在であります。

そんな超優良道の駅から直線距離で7kmの場所に木島平村が総力を結集してOPENさせた

道の駅「FARMUS木島平」

観光関係者の多くの注目が集まる中、5月1日にOPENしました。
特にグリーンシーズンの利用の多いわが宿にとっては気が気でならない観光の核ともなる施設。

実はGW以降、ほぼ2日に1回足を運んでいます。

残念ながらGW以降はいまひとつ活気がなくひっそりとしています。

2x6次産業の拠点として巨大な製造工房を構え、地場の2次産品の販売ステーションとするコンセプトはなかなか立派です。
しかし村営ではなく村民を中心とした出資による民間会社の運営としていることで、類似施設との統合はありません。
よって農産物直売所「たる川」もわずか200m先に従来通り営業しています。

先日はカフェコーナーでジェラートとサンドイッチを食べました。





ちなみにジェラートは村内のケーキ屋「レーヴ」さんの製造とのこと。



今日はレストランでオムライスとクラブハウスサンドを注文してみました。



農産品の拠点としながら、都会にありがちなパスタメニューやオムライスではあまりにインパクトが弱すぎます。
ランチメニューは特に競合が激しく、単品のみのラインナップではリピータの獲得は望めません。






近隣には、土曜日はイタリアン、サージ、長野市内に目をやればキャナリーロウ、ピッツェリアなど、イタ飯屋はゴロゴロしていまして、此処の女性受けを狙ったと思われる意匠は悪くありませんが、コスパに関しては全く勝負になりません。

飲食店なるもの(宿もそうですが。。。。。)、

今度いい店が出来たから行こうよ

と知人を誘いたくなるような店でなくてはなりません。

私たちもいろいろな店や観光地を回って、出来るだけ多くのお泊りのお客さんに自信を持って「あそこは行くべくですよ!」と紹介したいと考えています。

しかしながら現状では自信を持ってお勧めできるものとは言い難いというのが正直なところです。

村の産業課の方にもこのブログのファンがいらっしゃる模様ですので、ここで私なりの旅人視線からテコ入れ策を。。

●表通りからみて視界に入らない奥をメインエントランスにしているので、来訪ゲストに背を向けたような配置は風水上よくない
●表通りには一刻も早く国交省統一デザインの「道の駅看板」の設置を
●道の駅本体の建物に看板がないので営業施設であることはわからない
●「ファームス木島平」のデザイン看板の文字が細すぎて遠くから判別できない
●農産物直売所の品ぞろえが少なすぎる。多くの農家さんに協力を求め、陳列量を最低でも現在の10倍以上に。
●建物中心部の「マルシェホール」は第三者向けレンタルスペースに頼るのではなく、この部分をメインマーケットスペースに。そうすれば現在葦簀を立てて表示している「立ち入り禁止」のネガティブ表現看板を立てる必要もない
●レストランはありきたりのパスタやオムライスよりもより田舎らしさを
●単品900円ではなく、サラダ、飲み物とセットで1200円程度でお得感を。
●木島平に求めるのは、決して東京表参道のカフェを真似たようなレストランではない。
●米が主産品ならば米粉パン屋米粉パスタではなく、ゴハンを主力メニューにすべきかと。
●木島平米という超優良ブランド米があるのに「白飯」が存分に食べられない。現状はオムライスのケチャップライス、ビーフストロガノフに添えられたゴハンのみ。
●信州なのにソバやおやき,野沢菜が食べられないのは違和感を感じる。近隣の競合営業店に配慮する必要があるのか?競合を気にするのなら3km先にあるパスタ店「土曜日はイタリアン」とはモロに競合しているのでは?
●米粉パンが珍しいと言っても、所詮小麦のパンの風味はかなわない。
●カフェのハイチェアは年配者には使いづらい
●カフェで提供しているサンドイッチはレストランに任せ、よりも軽いお菓子やケーキなどを充実させては?
●カフェにも持ち帰り用の販売コーナーを充実させてほしい
●レストランの調理場をシースルーにしているのは逆効果(作り置きがバレバレ)
●現状で雑然とした事務所はオープンにするのではなく、壁を一枚設けてホテルのフロントのようにすべき
●とにかく来訪者がテンションアップするような、買い物袋、胃袋が満杯になるような仕組み作りを

まだ始まったばかりですが、出来るだけ早い善後策を期待したいものです。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー