FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
文庫版 宮脇俊三 続々
自宅にあった宮脇俊三作品も既に読み尽くし、今や古本をアマゾンで仕入れ、さらに読み進めています。

読みたいものはほぼ手にし、残るはあと6冊となりました。


私なりに選んだベストは

最長片道切符の旅
時刻表おくの細道
時刻表昭和史
汽車旅は地球の果てへ
殺意の風景

逆によろしくないのは

夢の山岳鉄道
鉄道廃線跡の旅

でしょうか。あくまで私個人の感想ですが。

イイと感じられる作品には、氏が実際に訪れた場所の情景、そして感情や空気感をも筆のチカラのみで再現しようとする労力、工夫が感じられ、それが如実に「宮脇節」となり現れます。

ことに「時刻表おくの細道」に描かれる寂寥とした、うらさびれたローカル線の空気感がなんともリアルなのです。

時刻表昭和史も、はるか昔の記憶でありながら、戦火を免れつつも汽車に乗る青年時代の自分の姿を往時の情景とともに蘇らせることに成功しています。

そうした宮脇節を完全フィクションで、トラベルミステリー風の「短編サスペンス」に仕上げたのが、「殺意の風景」です。直木賞候補にもなりました。

ミステリーといえば「西村京太郎」に毒されている私。
「殺意の風景」の読み始めでは「いったい何がミステリー?」と、アタマを傾げましたが、やがて本質を知るに至りました。


反対に「よろしくない」と評さざるを得ないのそのひとつは、架空の鉄道の建設計画を淡々と綴るのみで、宮脇節の出る幕が一切ありません。

鉄道廃線跡の旅もまたしかりで、鉄道遺構を巡りながらの「記録集」的に色合いが強く、これまた宮脇節の出る幕はありません。
氏が出版した廃線跡めぐりの本はベストセラーになったそうですが、それは随筆というよりもやはり記録集。
文章によって語られること以上の物を想像することが出来ません。

同じ著者の同じような文章の連なりでも、作者の気合いや思い入れがここまで如実に表れるとは、驚きであります。


みゆきの杜ユースホステル
今日も元気に営業中!
ご予約は、お電話で( ^ω^ )



↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★



スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


カテゴリー