FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平より2020冬★ 
宿主の徒然なる日記
秘境駅の宝庫・飯田線
塩尻から豊橋に至る飯田線は総延長190キロ余り。そこに90以上の駅を擁する駅密度ナンバーワンの長距離ローカル線です。

もともと私鉄だった路線をくっつけて出来上がった路線ゆえに、カーブが多く、いわば地域内ローカル鉄道。
その一方で、天竜川のダム工事のために建設された鉄道という側面も持ち合わせていて、黒部峡谷鉄道のごとく、森林鉄道の雰囲気さえ併せ持つ変わり種路線ともいえます。


天竜峡までは伊那谷を走りますが、そこから南の下伊那郡の村々にさしかかると、天竜川沿いの渓谷沿いを縫うように走ります。

金野、小和田などの秘境駅で名高い駅に律儀に停車を繰り返します。




青春18きっぷの季節になると、こうしたローカル線には普段とは違った賑わい。
誰が流布するのか定かではありませんが、18きっぷ廃止のうわさがたびたびささやかれます。
しかし、私は18きっぷの廃止は絶対にないと思うのです。

それは単にきっぷの売り上げというだけではなく、18きっぷの持つ経済効果です。
18きっぷを使う人は長時間列車に乗ります。遠くに行きます。

遠くに行くと移動の最中に食事をしたり、飲み物を買ったり、消費行動が必ず伴います。
駅そばで食事したり、駅ナカコンビニでパンを買ったり。
確実に支出が生まれます。

そうした支出により経済効果はやはり無視できません。
18きっぷがなくなると、おそらく地方のローカル線からは人影が消えるに違いありません。

18きっぷはやはり偉大なのです。

そんな飯田線。天竜峡までは、なぜか車掌が3人も乗っています。


ほとんどが無人駅、そしてその間隔が短い。
運転業務と改札業務、放送。


とにかく飯田線の車掌は忙しいのです。
たぶん日本で一番労働密度の高い車掌は飯田線の車掌。

券売端末の操作スピードもまた職人技です。
ほんの2-3分しかない走行時間の間に切符を売り、釣銭収受。

なのでサポート要員ではないかと。


天竜峡で乗り換え、豊橋行き。ここから「秘境区間」です。

中部天竜で上下交換。


列車はやがて愛知県に入りますが、深い谷でもなく、広い盆地でもなく。 駅前には民家。その民家の裏は低い山。
田舎の景色ではあるのですが、このような光景にはなかなか巡り合ったことがありません。

この路線は30年ほど前に一度乗ったきりで記憶にもなく、実に新鮮な気持ちでありました。

中部天竜から長篠あたりまではそんな風景。

新城までくると山が遠ざかり、いよいよ豊橋が近いことを知らされます。


スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー