fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
ブルゴスからダルダホス
スペインの夜明は遅い。
七時に提供される朝食の最中はまだ真っ暗。宿を出た8時にようやく明るみ出す。
日の出時刻は8時25分という。


ブルゴス大聖堂前にカミーノが通っているが、少し寄り道をする。

修道院横の旧市街。




しかし、突如として便意を催し通りがかりのバルへ。


コーヒーとクロワッサンで僅か2EURO。

 
バルの近くの公園からカミーノの メインルートへ合流する。


道には黄色い矢印。カミーノの目印。


所々に貝殻マーク。此もカミーノの目印。




市街を抜けると、そこは突然メセタ(スペインの大地)。

この感覚は 北海道で言うなら、釧路市街地を抜けたとたん 湿原が広がっている。まさにそんな 感じである。

道路や鉄道の高架下を抜けて




はるか彼方にブルゴス大聖堂のシルエット。



 
1050にダルダホスへ。 


街の入り口の雰囲気からは想像できない古びた集落が 目前に広がる。


映画でしか見たことのない、まさに時代が止まったかの様な光景に 背中が震える。
かの宮脇俊三が、 感動的な鉄道風景に触れた時に多用するあの有名なくだりのように。
わかる人にはわかるだろうから、敢えて説明はしないが。





映画のロケ地ではない。紛れもなく人のすむ村なのである。



スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


カテゴリー