FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州2018年冬★ 
信州・木島平村で旅宿を営んでいます。    平成最後の冬、通算5本目の泡波升升半升を手に入れ気をよくするこの頃 
鶴岡から木島平
丁度、酒田行き列車がホームに入ってきた。酒田まで行って折返し村上行きになるようである。
ならばと乗ることにした。駅の待合室で時間を潰すよりずっとマシだ。

低い雲の垂れ込めた庄内平野をゆく。
停車のたびに、ひとけのない車内に気動車ならではの乾いた長いブレーキエア音が響く。

2年後には新型ハイブリッド気動車に置き換わるらしいので、このローカルな雰囲気を味わえるのもあとわずかである。

旅の情感は視覚、嗅覚、聴覚、味覚によって司られると私は考えている。
列車の旅の場合、聴覚の要素が少なくなく、そこの部分が2年後、大きく損なわれてしまうことになる。

残念なことである。

酒田では折返しではなく、別の車両が村上行きとして待機していた。

村上までの3時間、夢ごこちが約束された。

村上からは新潟行の129系。

新潟からは越後線に乗る。

11月に115系の走行音収録を狙い出掛けたのだが、乗ったのは129系ばかりで全て空振りに終わった。

しかし信頼できる情報筋では新潟発1640柏崎行は間違いなく115系とのこと。

11月29日に始まったスペイン、ユーラシア大陸の果て、津軽鉄道ストーブ列車に続く旅のラストミッションは越後線115系の集音だった。

つまり録音機材一式をスペインまで持参していたのだった。

新潟から暫くは満員状態であり、流石にぬけぬけと機材を取り出す勇気は私にはない。

しかし岩室、吉田を過ぎると、乗客は減少の一途で、果たして寺泊では陣取る3両目のクハ115の客はわずか一人になった。 

マイクに風防をセットし、モニター用イヤホンを装着。
窓をわずかに開けて、外の音を拾う。

柏崎までの40分、低規格軌条の越後線ならではの、なんともけたたましい「ガッタンゴットン」を収めることに成功した。

おそらく今年度中に姿を消すであろう越後線115系。きっと私の乗り納めだ。

17日続いた旅の終わりは国鉄型電車で。
115系、もって瞑すべし。である。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ

カテゴリー