fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
大応援団が飯山を出発
飯山高校の一回戦は大会4日目、8月9日の第二試合。

今日、その応援のためにバスの一団が飯山を出発です。
応援に加わる英時を学校まで送っていきました。
CIMG9789_20190808235540988.jpg



まずは先陣を切って飯山高校生徒有志のバス16台がスタンバイ。
CIMG9790_20190808235552e40.jpg

CIMG9791.jpg


向かいの光学機器メーカー「コシナ」の社屋前には
CIMG9795.jpg

そのすぐ横には野球部のグラウンド。
CIMG9793_20190808235557159.jpg


綺麗に整えられたグラウンドが、遠く甲子園で出番を待つ仲間へのエールを送っているように見えます。
CIMG9792.jpg

この後、JTBの応援ツアーバス、飯山市、木島平が仕立てた応援バスなど、総勢70台が次々に甲子園へ出発していきました。

明日は1塁側アルプスを飯山の大応援団が埋め尽くすことでしょう。

雪国から甲子園へ!そんな歴史の目撃者になる人たち。

生きている間にはもう二度とないかもしれないアルプスの応援。

しっかりと脳裏に焼き付けてほしいと思います。



高校野球の過剰なハードワークが話題になる昨今ですが、いざ当事者となると、単なる高校野球というカテゴリーを超越し、地域が一体となる、ひとつのお祭りなのだということをひしひしと感じます。


だんじり祭りなんて危険だからやめてしまえ。
御柱の木落は危険だから廃止しよう。


そんな意見はあまり耳にしません。

過剰なハードワークは考えものですが、その辺を歩いている、ごく普通の高校生がつかみ取った甲子園大会への切符。


例えるならばそれは、昨年サッカー日本代表がワールドカップの決勝トーナメント進出を決め大騒ぎしていた感覚に似ていますが、おそらくそれ以上のインパクトがあります。


そして飯山高校ナインは、サッカー日本代表が、いきなりブラジルと対戦するか如く、仙台育英に立ち向かうのだということ。


何ともシビレル話ではありませんか。


もう二度と経験することのないかもしれない2時間の試合。その歴史の瞬間をテレビの前でじっくり堪能したいと思います。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


カテゴリー