FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平より2020冬★ 
宿主の徒然なる日記
長時間停車を繰り返しながら。。。
新発田で高校生がドッと乗ってきたものの、その後村上で全員下車。
30分以上の長時間停車は古き世k国鉄を彷彿とさせる駅風景でもあります。
2020020621384331a.jpg



20200206213914bec.jpg


202002062139336f0.jpg


令和の時代に入った今となっては実に貴重な時空間といえるかもしれません。



夕闇迫る笹川流れ。
202002062140253c6.jpg



車内はただひたすら閑散と。
2020020621412232e.jpg


ステンレスむき出しのこんなトイレとももうすぐお別れですね(^^)
20200206214209db7.jpg



あつみ温泉駅も静まり返ったままでした。
20200206214044446.jpg


202002062141022c9.jpg



18:46に鶴岡駅着。
20200206214145dc0.jpg




ここでも30分近い長時間停車となりまして、エキナカNEWDAYSで弁当を買い求めました。
鶴岡駅といえば「庄内弁」が有名で、私も何度か買って食べましたが、この時間ではさすがに売り切れて在庫はナシ。
普通のコンビニ弁当に甘んじることに。

余目で陸羽東線に乗り換え、キハ40からキハ110へ。
20200206214239acb.jpg


20200206214257196.jpg


夜の閑散としたローカル駅での乗り換えにこのうえない旅情を感じるワタクシ。
こんな乗り換え案内看板ひとつとっても、汽車旅の魅力が詰まっています。判る人にはわかるこの心情。(^^)
ですが、乗車車両は飯山線でもおなじみのJR東日本の主力気動車。

新庄で4分の接続で陸羽西線。
202002062143271fb.jpg


山形新幹線の終点でもあり、この駅を境に奥羽本線は標準軌から狭軌へ変わります。
かつての長大ホームは真ん中で寸断され、互いが行き止まりホームへと変貌を遂げていました。

何故か列車は鳴子温泉どまり。
20200206214349b0b.jpg




202002062144260a3.jpg


2020020621440914d.jpg


駅前を散策するも、21時過ぎた山間の小駅での駅前は完全に静まり返ったまま。

やることもなく、すぐに駅に戻り、小牛田行き最終列車に乗り込みました。
20200206220143fe0.jpg





今夜の投宿地、古川で下車。

新幹線の駅前ではありますが、町らしい町でもなく、焼肉屋や居酒屋が点々とする、不思議な駅前風景。
大型店があるわけでもなし、コンビニもなし。

ただ、目立つのはホテルルートインと、東北イン。
東横インに妙に似たデザインに??な感じがしますが、東日本地震を契機に、東横インから地元の会社に経営譲渡がなされたとのことです。


今宵の宿はルートイン。

東北の田舎町では酒田の「最上屋」のような商人宿に泊まりたいものですが、時代の流れってヤツですね。



20200206220213a92.jpg


スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー