FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平より2020冬★ 
宿主の徒然なる日記
南三陸から石巻経由名取へ
それにしても宿の窓からみた湾の景色が忘れられません。
月の薄明でくっきりと島が浮かび上がるようです。
1_202002122244119af.jpg



翌朝は8:30に民宿を出発、名取ビジターセンターの板橋さんのクルマで沿岸を経由しながら南下。
2_2020021222441273f.jpg

北上川河口の川の駅ビジターセンター
3_202002122244147db.jpg

釣石神社
4_20200212224415cbf.jpg

縁結び・夫婦円満。子孫繁栄に御利益のある神社です。
御神体の巨石が幾多の災害でもビクともしないことから受験の神様として有名で、合格祈願に多くの参拝者が訪れています。
大漁祈願、萬年長寿の祈願にも御利益があるとされています。

入試を控えた春花に合格祈願矢を買っていきました(^^)

石巻市立大川小学校跡
6_202002122244171e1.jpg

東日本大震災の津波で多数の犠牲者を出したことで有名になってしまった小学校は取り壊されることなく、震災遺構として当時のまま保存されています。


敷地の中にまで入ることが出来ますが、非常に胸が締め付けられる思いがしまして、長時間そこに居ることは困難でした。
つい先日、石巻市の敗訴が確定したことは記憶に新しいところですが、当時の状況、立地などを詳細に伺うと、なるほどと合点のいく部分も少なくはありません。

伝聞だけでなく、そこに訪ねていくことで真実が明らかになる、そんな震災遺構でもあります。

ですが、本当に息苦しく、辛くなる、あまりにリアルすぎる遺構です。
覚悟をもってお出かけになることをお勧めします。

さらに南下して、名取市トレイルビジターセンターには11時頃に到着。
9_202002122244210ea.jpg

みちのく潮風トレイルの全貌が、まるで立体のような精緻な巨大地図で表されていて、それはそれは見ごたえのあるマップです。
10_2020021222442326e.jpg

コーナーには信越トレイルの紹介も。ありがとうございます。
8_20200212224420677.jpg

板橋さんに名取駅まで送っていただき、そこでお別れ。
またお会いしましょう!
10_2020021222442326e.jpg

仙台駅で土産物を物色。
めったに行かない東北ですから、家族のためにたくさん買い込み、12:30発のはやぶさ16号へ。
11_20200212224424eed.jpg

こまち+はやぶさの17両にも及ぶ長大編成新幹線ですが、ほとんどの区間でマックス320kmの国内最高運転速度が続きます。
大宮までわずか1時間10分、そこから乗り換えてはくたか。
13_202002122244266fd.jpg

飯山駅には15:05に到着。
仙台からの所要時間はわずかに2時間35分。総距離543kmですから、平均速度は210km

行きに山形経由で10時間かけて在来線列車で移動したことを思うと隔世の感があります。
恐るべし、新幹線!としか言いようがありません。
14_20200212224427a07.jpg

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー