FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
磐越西線へ
早朝、例によって付近を散歩。

沼垂地区の卸売市場跡を活用した「沼垂テラス商店街」が話題の地区でもあります。
1a1a_2020072509342759d.jpg


新潟駅からは磐越西線快速「あがの」に乗車。

新潟駅最後の地上ホームからの出発となります。
5_20200725093431a28.jpg

長年活躍してきたキハ40がこの春、新潟地区で全廃となり、広域で新しく電気式気動車が導入されました。
まるでアルミ地金のようなフロント形状が特徴的ですが、サイドビューは50系客車を思わせるフレームのない窓意匠。 北海道のキハ54に似てなくもありません。
1_2020072509342522a.jpg

戦隊ヒーローのフロントマスクにに似た特急が続々と登場したり、タブレット画面のような四角四面な無機的な通勤電車が幅を聞かしたりと、何もかも新しくなっていく鉄道車両デザインに、私のような古い鉄道ファンは嘆かわしく思うものです。

しかしこの新車両のサイドビューにはちょっと救われたような気持になりました。

電気式気動車といえば、五能線や大糸線のハイブリッド気動車を思い浮かべますが、乗り味は気動車です。
蓄電のためのディーゼルエンジン運転が行われるハイブリッド車は、力行時は基本的にエンジン音はせず、VVVFサウンドが車内に響き渡り、あくまで電車。
2_20200725093428f04.jpg

ですが、この新型気動車の場合は、蓄電システムではないので、モーター運転とディーゼルエンジン運転が完全に同調していて、モーター音が車内に響くこともありません。
減速時の電気ブレーキもまた、電車のようなモーター音が鳴り響くわけではないので、あくまで気動車的ノリ味であります。

VVVF音を聞きながら阿賀野川や笹川流れの景色を眺める違和感に恐れをなしていましたが、その心配は杞憂に終わりました。

ヨカッタ。ヨカッタ。

鉄道マニアネタはこれくらいにしておきまして、列車は阿賀野川沿いをコトコト走ります。

UVカットガラスが採用されたことで、ブラインドは廃止。
そのためガラス越しの色調が、チョットおかしくなってしまいました。
3_202007250934301bd.jpg

2時間チョット走り、喜多方までやってきました。

会津盆地の景色は飯山盆地を巨大化したような感じです。
6_2020072509343229b.jpg

7_202007250934340c2.jpg

駅前のラーメン屋「桜井食堂」で早めの昼食。
ラーメンネタばかりですみません(汗)
9_20200725093437c34.jpg

8_2020072509343686d.jpg


折り返しは11時過ぎの同じく快速「あがの」。
11_202007250934407b6.jpg

新潟までの2時間は、NEWDAYSで買った短編小説集で読書に没頭。
久しぶりに集中して読書に励みましたが、なかなかイイものです。

新潟からは越後線吉田行き、その先は柏崎まで余命わずかの115系。

14_20200725093443abe.jpg


8年前にデジカメで録画してYOUTUBEにアップした動画に、いまなおコメントが付くんですよ。
懐かしい気分になれる、癒し系ローカル線、乗るなら今のうちです。


この秋にはまた集中的に録音の旅に出かけたいものです。

今回は集音機材を持っていなかったので、それは叶いませんでしたが、こんな音が聞ける私的信越地区No1ローカル線がここ越後線吉田~柏崎間。
飯山線よりも、只見線よりも、磐越西線よりも、私はこの区間が好きなのであります。(^^)




スポンサーサイト





カテゴリー