FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
農耕民族ゆえの呪縛かも??
信州にはなかか目立った銘菓が見当たりません。小布施の栗菓子以外は(^^)
その証拠に、信州のどのSAに行っても必ず小布施ブランドが目立つ場所に陳列されています。逆に言うならば、信州には小布施の栗菓子以外にめぼしいものがないのです。

以前、道の駅ファームス木島平が


酒かすフィナンシェ

米粉サブレ


など、地元色を前面に押し出した企画菓子を発売したことがあります。
でも短命に終わりました。 

酒かすフィナンシェなら、栗の木テラスのマロンフィナンシェのほうが100倍美味しいです。
サブレにするなら、米粉よりも小麦粉で作ったほうが、格段に香りがよくなります。

信州はおしなべて農産品を加工してお菓子に加工したがる人が多いと言えます。
しかし、原材料を特産物にこだわると、実は本当に美味しいものができません。
一度買えば二回は買わないのです。

信州の土産菓子はおしなべてヒジョーに地味です。
いや、そこまで地味ではないにしても、信州の土産菓子は「特産」からの呪縛から抜け出せず、本当に美味しいと思える土産菓子が生まれてきません。

中でも多いのがりんごを使ったお菓子。

しかし、リンゴは生で食べるのが一番美味しいのです。ことに12月のサンフジの美味しさと言ったら、筆舌に表しがたいものがあります。
ですが、その「サンフジ」を加工してお菓子にしたところで、まったく冴えないものに成り下がります。
特産物にこだわりすぎるとロクなものができません。

ただし、加工することによって味わいが良くなるものは大いに使用してもイイと思います。


生米 → 精米 → ごはん   = 確実に美味しくなります。
小麦 → 製粉 → 水とこねて焼く   = 単なる穀物がパンやケーキに化けます


しかしリンゴやブドウはお菓子に加工したところで、生食のものを上回る製品が出来上がるかというと、決してそうではないのです。



全国を見渡してみると、人気の銘菓には一定の法則があります。

1.地元の特産物にはこだわらない。
2.決して伝統菓子ではない。
3.大手の製菓会社が作る類似品がない。
4.必ず喜ばれる。
5.自分で買って食べたいと思う

私が美味しいと思ったお菓子を思いつくままあげてみると。。


北海道 とうきびチョコ、マルセイバターサンド、三方六、 き花
大船渡 かもめのたまご
仙台 萩の月
福島 ままどおる
東京 東京ごまたまご
神奈川 鳩サブレ
鳥取 ふろしきまんじゅう
愛媛 ポエム
熊本 武者返し 陣太鼓


地元の農産品を加工した銘菓などというものはほとんど存在しないということに気づかされます。

要するに、加工技術とセンスがモノを言うのです。


安易に農産品を加工して名物を作ろうという考えは、ちょっと思いとどまったほうがいいかもしれませんネ。

スポンサーサイト





カテゴリー