FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
ピザの会
土曜日は史上初となる「ピザの会」
1_2020090709305718f.jpg

ピザだけでなく、ラタトゥイユ、ペンネサラダ、パエリヤ、黄桃、などもお出ししましたよ。
2_2020090709305930a.jpg

3_20200907093100c07.jpg



それでも主役はやっぱりピザ。

5月にピザ釜を据えて、家族で4回ほどテストを重ねて、ようやくこの日を迎えました。

当初は薪を燃やすのに、新聞紙に火をつけてそこから徐々に燃え移らせ火床を整える方式で試しましたが、新聞の燃えカスがピザにまとわりつくのが難点。 あと、炉内の奥の温度が高くなりすぎ、どうしても焦げが目立ちます。

その次はBBQ用の木炭を使う方法。
でもこの場合、火床が整うのに時間がかかり、炉内の温度が低すぎて失敗することも少なくありません。

数々の失敗を経てこの日選択した方法は。。。。



開始1時間半前から、木炭ひと箱以上焚き火台で燃焼
熱くなった木炭をピザ釜内に投入
さらに炭を投入。炉内の2/3を埋め尽くすまでに徹底燃焼
過剰な炭を取り出し、残った炭を炉内底面に敷き詰め火床を整える
ピザストーンを投入、加熱


テスト期間中はピザ生地は手作りだったのですが、柔らかくなりすぎて釜に入れることが困難となり、今回はあえて既製品を使用しました。
また、炭の熱が底からジワリと効いてきますので、ピザ生地がカリカリに仕上がりました。



せっかく見栄えのするピザが出来たわけですが、作業中は写真を撮る余裕を失い、結局プログに上げられるようなまともなスチル映像がひとつもありません。

よくあることなんですが。。。。




というワケで、9月も予約は依然好調をキープしております。
すでに昨年同月比80%にまで回復。このままいけば昨年実績を超える可能性も出てきました。



とはいっても、多くの同業者さんがつぶやく





今はGOTOという「麻薬」を打ってしのいでいるだけ
付加価値を下げているだけ
GOTOが終わればはたして従来通りお客様にお越しいただけるのか




そんなマイナス要因を挙げる人も少なくはなく、とはいえ、制度として存在している以上これを活用しない訳にはいかず、なかなか悩ましいところではあるのですが。。。。。。

そこで






緊急企画

9月12日 東京都民限定
木島平村独自観光宿泊支援クーポン利用
1泊2食3980円 プラン






を発売いたします。

2室2名様限定で、シングル利用のみ適応となります。


東京都の皆さんは、東京に住所があるという理由だけでGOTOから除外され、大変気の毒な話ではあります。
ワタシも若いころ東京の会社に勤めていましたので、その気持ちはよくわかります。

いまだに地方においては「東京都民お断り」を掲げるところもありますが、その合理性には疑問符がつきまよネ。





というワケで、これで木島平村から割り当てのクーポンは13枚提供済み。


あとの2枚は1か月以内のどこかの週末に投入予定です。



そうそう、土曜日はその道ではチョット有名な方がお泊りになりました。
こちらの動画の主役の方です。


実は私のリアル幼馴染で、小学校の時には神戸に引っ越しされましたので、かれこれ40年以上のブランクを経ての再会。


テレビでは語られない興味深いお話が次々に出てきまして、なんとも濃密な夜のカフェタイムでありました。


またお会いしましょう!!

スポンサーサイト





カテゴリー