FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
走行音を録音するということ
鉄道ネタの続きです。


ご存知の方も多いかとは思いますが、鉄道趣味ジャンルは実に多岐にわたっています。


写真を撮る人
鉄道模型に興じる人
鉄道に乗るのが好きな人
きっぷを集めるのが好きな人


挙げればキリがありませんが、まだまだあります。


実は私は鉄道写真を撮るという、鉄道趣味としては比較的メジャーなジャンルにほとんど興味がありません。
さすがに数年前に飯山線をSL列車が走った時、10年ほど前に信越線をD51が走った時は撮りに出かけましたが、被写体が珍しすぎるので、たぶん鉄道ファンでなくても撮りに出かける人が続出したはずです。


鉄道模型も仕事の一環ではありますが、自分で走らせて楽しむということはほとんどありません。
通電を確保するために一日に二回、ただ自動で周回運転を繰り返すだけです。


ワタシの場合は乗ることがすきなんですね。


かといって、地下鉄や通勤電車に乗りたいかといえばそうではありません。(笑)

ひとことで言うならば、旅情を感じられる列車に乗りたい、そういうことなんです。


つまり旅の一環としての乗り鉄ということになります。


沿線の景色が良ければなお良しですが、出来れば懐かしい感じの車両に乗りたいというのが優先順位としては上です。


その点、今のJR車両はすっかり新しいものになってしまって、昔ながらのいわゆる「国鉄型」なるものが絶滅寸前です。
この3月で新潟エリアのこんなのが廃止になりました。
20200206144138f72.jpg


その代わりに登場したのがこっち。
5_20200725093431a28.jpg
なんだかスマホの画面のような車両です。


そして今、私の一番のターゲットはこれ。
5_20200911163604b9a.jpg


一昔前なら珍しくもなんともなかったこんな車両が実は絶滅危惧種となっています。
そしてただ乗るだけではなく、そんな絶滅危惧種の列車走行音を「録音」することが、実は私の鉄道趣味ジャンルの最右翼でもあります。

音の効果と言うのは実は計り知れないものがあります。



むかし流行った曲を聞くと、当時の情景が蘇ってきますよね?

テレビを通じての映像付きの音楽も悪くありませんが、音だけだと、空想が働きます。映像付きよりもかえってリアル感をかんじられることもあります。 ヘッドホンを介してのステレオサウンドだとなおのことです。


そんな古式ゆかしい列車の走行音をステレオサウンドで残しておこうという算段であります。

そんな車両がいまなお現役で走るのは新潟県の越後線。
しなの鉄道にも走っていますが、越後線でなければならないのです。

その理由は「昔ながらの音」がするからです。


たとえば不特定の誰かをとっつかまえて、




すみません、電車の走る音マネしてもらえませんか?  と頼みこんだとします。


恐らく99.9%の人が、





タタン、タタン、タタン、タタン




と口にするに違いありません。


これは鉄道ファンの間では一般的に「ジョイント音」と呼ばれています。

が、実はこの音、都市部の多くの路線ではすでに聞くことができなくなっています。 しなの鉄道しかりです。
何故なら、ロングレールという線路のつなぎ目がない長尺物が使われているからなのです。
長尺物ではないにしても、線路改良工事で、昔のようなけたたましいリズムを奏でる路線が随分と減ってしまいました。


例えば、長野県含む近隣で言えば、南小谷以北の大糸線や、長野電鉄あたりはここ5‐10年で重軌条化されまして、列車の奏でる「ジョイント音」はとても大人しくなりました。

つい2週間ほど前、長野電鉄に乗りに行きましたが、信州中野~湯田中の区間でさえ、ほとんど「ジョイント音」が聞こえないんですよ。( ;∀;)



ところが、越後線、特に燕市の吉田駅から柏崎駅の間のそれは、チョット大丈夫ですか!?と心配したくなるくらいの賑やかな「ジョイント音」が健在です。そしてそこを絶滅危惧種の「115系」がまだ元気に走っています。


そして昨日、そんな音を収録しに行ってきました。
青春18きっぷ最終日とはいえ、乗り鉄にはもともとあまり人気の無い越後線。この通りの閑散ぶりです。
3_202009111636017c3.jpg


昼間の通学生徒のいない時間帯を狙っていくと、それはそれは素晴らしい静寂環境で音を収録することができます。
冷房が効いていますが、コロナ禍にあって窓開けが推奨されていますので、こんな感じで。
2_20200911163600281.jpg

モーターのついている車両、ついていない車両、抵抗器の音が賑やかな車両、実はそれぞれ音の味わいが違っていまして、場所を変えながらの録音作業に、合計1往復半没頭していました。

が、115系の冷房機の音はウルサイので、空調がヒーターのみに変わる11月以降、出来ればもう一度出かけたいと思います。


アホでしょ?(笑)




ワタシの乗り鉄趣味は、同時に懐古趣味でもあります。

齢50を過ぎ、いよいよ人生の後半戦へと突入したわけですが、年々ますます昔を懐かしむ行動が顕著に出ているように感じます。
未来を見据え生きるのも大切ですが、昔を懐かしみ楽しい気分に浸るのもまた「認知症予防」に役立つとか。(^^)

というワケで、懐古鉄道趣味は一生やめられそうにもありません。



追伸

6年ほど前に上げたワタシのこんなつまらない動画に、予想外のコメントが数多く寄せられていまして、あーみんな昔の電車の音が好きなんだなーと改めて思い知った次第です。


大井川鉄道でK氏に代理収録していただいた、電気機関車+旧型客車列車の走行音


今回収録したものの一部(柏崎~西中通)


どちらも昭和感満点であります。

【当宿の当面の新型コロナ対策について】


ご予約はオンライン申込&チェックインのこちらから
↓ ↓  ↓  ↓
楽天トラベル予約


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE







スポンサーサイト





カテゴリー