fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
枕崎まで大人一枚ください
バスに乗った時間はすでに日没直前だった。
50分走って下車した根室駅はすでに夜のとばりが降りていた。
1_20201130061516da7.jpg

2_20201130061518b9c.jpg


ここからJRに乗る。
ちょっと面倒な切符だったので、あらかじめスマホのメモ帳に書いて、それを見せた。

1_20201130054853393.jpg

かの宮脇俊三の名著「最長片道切符の旅」では、メモ書きにした細かな経路図を渋谷駅の旅行センターに持参し、平静を装う窓口氏が、

「少し時間をください」

一通りのやりとりのあと、

「いいですよ、やりますよ、どうせ誰かやらなきゃならないんですから」

などと、世にも嫌な乗客が来たかのような"捨てゼリフ"まで吐かれて数日の時を経て出来上がったという最長片道切符だった。


最長片道切符ほどの面倒さはないにしても、まだ入社したてと思しき若い駅員は、私が示したスマホ画面を律義に指定券購入申込書に律義に書き写している。
何のためにスマホ画面を見せたのか、無駄なことをしてしまったと思った。

窓口には行列はなかったが、若い窓口氏の表情には明らかに焦りが見える。
赤い帯の巻かれた帽子をかぶった駅長と思しき先輩男性が心配そうに画面をのぞき込んでいる。


ー すみません。めんどうなきっぷで。。。。


― いえいえ、大丈夫ですよ。



年配の社員ならば、


― これから鹿児島ですかぁ~ご苦労様です

― いやいや。一度やってみたかったんですよ


などと、あれこれ言葉のやり取りがありそうなものだが、若い窓口氏はただ、実直に任務にあたっている。


ー 新函館北斗から新幹線にはお乗りにならないのですか、乗車券は二つに分けますか?

ー はい。乗りません。 でも乗車券を二つに分けてしまったら、この旅の意味がなくなります。


五稜郭まで列車で行って、そこから津軽海峡フェリーの夜行便に乗るとはあえて説明はしなかった。
ただ、まじめに任務を果たそうと奮闘する若い窓口氏に、そのような情報は不要であった。

それでもかかった時間は10分。その後一人、二人と列を待つ人が増えた。

一寸気まずい雰囲気が漂ってきたころ、果たして予定通りの切符が出来上がってきた。
3_20201130061519896.jpg


ここから空路を使わず、そして地表を忠実にたどり鹿児島まで行く。
そのトップバッターは花咲線根室16:12発釧路行き普通列車だ。

5_2020113006152293e.jpg


スポンサーサイト





カテゴリー