FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
なぜ鳩間島なのか
なぜ鳩間島なのか?

宿そのものが大変な魅力であるのはもちろんですが、それ以外にも鳩間島の魅力は尽きることがありません。

八重山関連のガイドブックを見渡したとき、正直、それらの島の特徴をハッキリと言い表した記述が非常にすくないというのが私の印象です。

例えば竹富島は、誰もが知っている古い家並みが非常に広範囲に残っていて、ガイドブックを見るまでもありません。波照間島は「最南端ブランド」と幻の酒「泡波」を武器(?)に知名度を上げています。
しかし、それ以外の若干特徴に乏しい島々については、青い海のビーチや土産物、宿泊施設、名産などを断片的に紹介しているのみで、島全体の雰囲気は全く伝わってきません。言い換えるなら、どの島も似たり寄ったりという印象を与えてしまっているのです。

ところが鳩間島については昨年訪れた石垣島、西表島、竹富島、与那国島、波照間島を含めた6島の中で、訪問前後の印象がもっとも異なる島だったといえます。
あくまで個人的な印象あり、天候の良し悪しによる不公平はありますが、模式的に表すとこんな感じです。 * ○ほぼ予想通り △少し期待はずれ ◎期待以上 

石垣島○
西表島△
竹富島○
与那国島△
波照間島△
鳩間島◎

RIMG0351_20091201165559.jpg




↑↑↑
ブログランキング参加中です。1位返り咲きを目指し、貴方のワンクリックを!


スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


カテゴリー