fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
ミュンヘン到着~ガルミッシュパルテンキンヘン
飛行機はほぼ定刻にミュンヘン国際空港に到着した。
手も持つ受け取り場へのアクセス通路が非常にシンプルなのに気づかされる。
1_20230922122516b7c.jpg

2_2023092212251795e.jpg
まるで開業したばかりの成田空港第三ターミナルの如しである。

入国審査で何人かのメンバーが帰りの航空券を見せよと求められ、少しの足止めをくらう。
何処へいくのか?目的は?などと聞かれ、私はすんなり通過することができたのだが、メンバーの何人かはすぐに通してもらえなかったようだ。
引率であるユースホステル協会職員さんがオンラインチケットをスマホから取り出そうとするもののWIFIがつながらずにあたふたしている。

今回に限らず、国外旅行に出かける場合、航空券その他の重要な証憑類は事前に必ず印刷しておくのが鉄則である。
スマホは電源が落ちてしまえばタダの箱でしかないのだ。


すったもんだはあったものの、晴れてドイツ入国を果たした一行。無事入国出迎え口には通訳の女性が待ち構えていた。
名前をLauraさんといって、筑波大で社会学を学ぶ院生なのだそうだ。
西部デュッセルドルフ出身なのだが、今回通訳の仕事を受け、ドイツに一時帰国してきたという。

笑顔の絶えない大変明るい人で、まずは一安心である。


クルマの待つ待機場へと向かうが、相変わらず電飾は地味である。欧米各国の国際空港のようなギラついた雰囲気はあまり感じられない。
少なくともきらびやかに装飾された羽田空港のような「ウェルカムTO我が国!」的電照広告や明るい照明ではない。
3_20230922122518026.jpg


ドイツは環境問題や最近取り沙汰されているSDGSの先進国であるが、そんなところにも国のポリシーが強く表れているようにみえる。

5_20230922122522319.jpg


クルマ待機場で迎えのワゴン車へ。
4_20230922122520dc1.jpg

が、手荷物の大きさと数をあまり考慮されなかった模様で、人間は収まるものの、10個近いスーツケースが収まりきらない。
トルコ出身の男性運転手はパズルの如くあれこれ積み替えなんとか収納スペースに押し込もうと頑張るものの、物理的に荷物の総容積が荷台スペースを完全に上回っている。

諦めていくつかの荷物を足元に置き、6人は胡坐をかくようにして後部座席に、私は運転席と助手席の間のシートに収まった。
6_20230922122524d7e.jpg

空港を出るとすぐにアウトバーンに出る。
アウトバーンというと速度制限なしの超高速道を思い浮かべるが、どこもかしこも速度無制限というワケではない。
至る所に無人速度取り締機が目を光らせていて、地元のドライバーはその場所をしっかりと覚えているそうだ。
9_20230922122528b07.jpg

ミュンヘンは1972年のオリンピック開催地で、アウトバーン沿いには五輪メモリアルパークが広がる。

BMWの本社ビル
8_20230922122527e4f.jpg

ドイツといえばメルセデス、アウディ、BMW、フォルクスワーゲン、ポルシェなどが思い浮かぶが、ポルシェはもちろん別格で、メルセデスはやはり高級、その下がBMWとの序列だそうだ。
ちなみに通訳のラウラさんの家の車はトヨタらしい。

トヨタは故障しないことで日本人の間でも有名なんですよ

と太鼓判を押しておいた。

市街地を出るとクルマは速度を上げる。
箱型のハイエースのような形だが、さほどエンジンがうなりをあげることなく160kmを越えていく。
周囲の木々は少し色づき始めたものも見られ、日本とは少し季節が早いようにも感じる。
事前に調べた天気予報によると24日の朝にはガルミッシュパルテンキンヘンの最低気温が6度と報じられていた。
10_20230922122529434.jpg

やがてオーストリア国境のヨーロッパアルプスが車窓前方に姿を現す。
北アルプスの山並みとはまた違う、岩稜が日没後の残照に浮かび上がっている。
13_202309221225345f9.jpg

麓の村々は広大な牧草地にこれまたヨーロッパアルプス様式の集落が点々と続く。4年前に訪れたスペインやルクセンブルクとは明らかに異なる様式の、アニメ「アルプスの少女ハイジ」に出てくるような家並みに目を奪われる。

クルマはやがて細い路地に入る。
目的地が近いらしい。

だが、事前に調べていたグーグルストリートビューの雰囲気とはかなり異なる。
ユースホステルのロゴを示した看板が立っているが、場所が違っているようだ。
ドイツには大型の教会直営ユースホステルが数多く存在し、ドライバーと通訳さんはどうやら目指す先を間違えたらしい。

気を取り直して、正しい目的地へ向かう。
わずか5分ほどの移動で果たして目指すところのMOUN10ユースホステルに到着した。
11_202309221225321a3.jpg

ヨーロッパアルプスのドイツ側玄関口であるドイツ鉄道の駅横に建つ、山岳リゾート地帯の中心部でもある。

ホステルの建物は地区10年にも満たないのではと思われる非常に新しい作りで、53室192ベッドを擁する。
参加者にはそれぞれ個室があてがわれ、この日から3泊ここでお世話になる。
14_2023092212253532a.jpg

15_202309221225370df.jpg

広いラウンジ、バル、そして食堂が一つの空間に収まり、とてもオシャレなつくりである。
日本人的感覚だと、まったくユースホステルらしくない、カジュアルなリゾートホテルといってもイイ意匠と設備に感動させられた。
17_20230922122541da4.jpg

16_20230922122539cd4.jpg

18_202309221225413f0.jpg

旅装を解き、遅めの夕食をいただく。
バイエルン地方の典型的なワンプレート夕食だそうだ。
20_202309221225452d5.jpg

スライスしたジャーマンポテト、ソーセージ、ミートローフにたっぷりのザワークラウト。
に地元のビール。

特に柔らかなミートローフは日本ではまずお目にかかれない一品。
初日の夕食としてはこれ以上のものはない、実に美味しい品に皆満足顔だった。
12_202309221225331fb.jpg


時差ぼけはあるが、明日は7時から朝食、研修プログラムは11時からとのこと。
雨降りの天気予報なので、散歩ができるかどうか心配だが、とりあえず寝ることにする。
日本時間早朝4時、ドイツ時間8時。

オヤスミナサイ。
スポンサーサイト





カテゴリー