fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
ピルナに小旅行
ウチにはこんな本が置いてあるのだが、世界の名だたるトレイルに並んで、ドイツ東部の「画家の道」が紹介されている。
1_20231001110840499.jpg

今回のドイツ交流が決まった時、ドレスデンが、その「画家の道」の出発&ゴール拠点であることがわかった。

ドレスデン到着前、ザクセン州ユースホステル協会スタッフのLISAに、パンフレットの類があれば是非いただきたいのだがと申し出ると、到着日の夜早速用意してくれた。
2_20231001111407cb4.jpg

懇談会が10時40分頃終了し、次の集合は市内観光ツアー出発の14時だというのでその間を利用し、トレイルヘッド(PIRNA)の街を下見してみることにした。

ユースホステルから徒歩5分ほどの場所にある Sバーンの駅に向かう。Sバーンとは、ドイツ鉄道の路線の一種で日本で言うならば近郊連絡鉄道、さしずめ湘南新宿ラインのような位置づけといってもイイかもしれない。
しかし多くは電気機関車がけん引するいわゆる「客車列車」であり、保線技術の高さも相まって日本では考えられないような静粛性、乗り心地が確保されている。
機関車は旧東ドイツ製の143形で、直流1500V、定格出力3500KW/時、B+Bの軸配置を持つ、汎用型機関車である。
2_202310011123446ea.jpg
ただし、機関車と反対側の「最後部」にも運転台が備わっており、機回しの必要はない。

それに約30分乗って「ピルナ」の街に向かう。
3_202310011123468a4.jpg

土曜日とあって、車内は賑やかである。
日本と違って電車の中では静かにしましょうなどという暗黙の了解はなく、ゲームの音や喋り声が賑やかである。
走行音がほとんど聞こえてこない寝台列車のような車内環境ゆえに、なおのこと話し声も目立つのだが。

ピルナの駅。
5_20231001112347146.jpg

6_20231001112349b70.jpg

ハイキングはエルベ川リバークルーズの拠点ともあって、観光客の姿が目立つ。
LISAに貰った地図を片手に示された方向に向かうと果たして細いサイクリング道に出た。
どうやらこの道が「画家の道」らしいが、今一つ自信が持てないので、近くの年配男性に声をかけてみたが、「英語がわからないのでゴメン」と掛け合ってくれなかった。

しばらく地図とにらめっこしながらキョロキョロしていると女性が近寄ってきて、

夫があなたのことを知らせてくれたのですがなにかお困りですか?

みたいなことを言う。
訊けばオーストリアから観光でやってきたのだといい、これから「画家の道」のオイシイところだけをかいつまんで歩くそうだ。

あそこはきれいだの、あの道は登りが大変そうだの、色々な情報を教えてくれたが、結局のところいま自分のいる場所が「画家の道」であることはあとになってから判明した。

道沿いにはエルベ川の風光明媚な景色が広がる。
7_20231001112351585.jpg

4_202310011123467dd.jpg

是非次は120kmの全線をスルーハイクしてみたいと思った。
スポンサーサイト





カテゴリー