FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
オーバーランドトラック4-1
前日の長距離歩行が明けての四日目。
ガイドブックによると、この日は「山の日」。

7時40分に出発、海抜1120m目指し樹林帯を行きます。
前日同様、かなりのぬかるみセクションです。


苗場山コアカサワ口登山道に非常ににた雰囲気。


ペリオン峠着の935直前まで、視界はありません。


そして峠。




9割以上のハイカーが、ここから、カラミで往復3時間半のタスマニア最高峰「オッサ山」を目指します。


山はガスに覆われ、視界不良な感じでした。また、手持ち飲料水も十分あるのか、若干疑わしく私はパス。

次回は必ずや目指したいと思います。

ペリオン峠を越えると、そこはペリオン平原。


奇岩が周囲を囲む、広大な草原です。


約40分の草原歩きを経て、下り坂。


ぬかるみ主体のトレイルを約一時間歩くと、本日の小屋、キアオラ小屋です。




1135着は一番乗り。

多くのハイカーが、オッサ山を目指したらしく、一時間経っても二時間経っても、人が近づく気配がありません。
三時前になって漸く続々見慣れた顔が集まってきて

オッサ山は最高だった。君は何故行かなかったの?もったいないことしたなぁ。


オーバーランドトラックハイカーは、オッサ山に登るのが、どうやら習わしのようです。
激しく後悔しました。
キラオラハットでの、もて余した午後の数時間。。。。

次回は必ずや(ToT)







オーバーランドトラック5-1
この日は700に出発。サイドトリップを含め10キロ程度なので、さほど急ぐ旅でもないのですが、何故か早仕度ができたので、さっさと出発しました。

小屋前のボタングラス群生。


カテドラルマウンテン


視界のない樹林帯


800にDucane hut着。



霧雨が舞ってきたので、カッパを着込みます。
この時期のオーバーランドトラックでは、霧雨はあっても、まとまった雨にはなかなかならないようです。



歴史的建造物に指定されている模様。


この日は「滝の日」らしく、サイドトリップは全て滝見物。  




3つ目の滝は、落水面から。


苔むした川沿いの道には至るところにキノコ。





それにしてもぬかるみの極致。


そこからDucane gapまでひたすら登り、峠近くで漸く視界が開けるものの、展望は一切効かず。


峠の看板はなく、いつの間にか下り坂。


針葉樹林をくだること50分、1320にようやく目指す小屋に到着しました。

二日前に泊まったペリオン小屋をも上回る規模。
遅めの昼食は、ペペロンチーノと、クリームペンネ。
しかし、ホッと一息つくまもなく、事件が発生するのでした。


オーバーランドトラック 5-2
昼を食べ終え、ガランとした食堂でコーヒーをすすりながら、明日のことを考えます。


歩行は約9キロ、しかもほぼフラット。
ゆっくり起きて八時過ぎに出れば昼過ぎの船に乗れるなと。

オーバーランドトラックの最終セクションには二通りの行き方があります。

シンクレア湖の北端のナルシサスハットから湖岸の17キロを歩く方法、そして船で南端に渡る方法です。

今回の歩行にあたり、ホバートのピーターさん、マークさんから多くのアドバイスをいただいたのですが、みな口を合わせて

絶対に船に乗ったほうがいい。
景色が違い過ぎる。
 
と言います。

なので、船に乗ることは最初から決めていました。
船に乗るには、ナルシサスハットにある無線装置で都度予約するとのことで、明日、ハット到着時に連絡するつもりにしていました。

が。

二時半頃、ファミリーグループが到着し、何やら船の予約について話しています。


明日の13時発は予約が一杯らしい。


なに?

私は予約していません。都度無線でヨベバ良いと考えていましたが、どうやら違うようです。

船便は原則一日三回、9時、13時、15時らしいのです。

シンクレア湖からホバートまでのバスは1445と決まっていますので、13時が駄目となると、9時しかありません。

9時に間に合うには、ここを五時半に出なくてはなりません。
しかし、五時半はまだ闇の中です。
時はすでに15時近く。もう少し早く気づけば、今日のうちにナルシサスハットを目指したのですが、ちょっと遅すぎました。

のんびり過ごすはずの最後の夕べか、にわかに緊張の時間に変わりました。

試しに周りのハイカーに船の予約をしているかと尋ねて回ってみたところ、みな13時に乗る予約をしていると云います。

そこに、1人の英語圏ではない若い白人ハイカーが歩み寄ってきました。


私も船の予約していません。今から一緒にナルシサスハットを目指しませんか?
急げば何とか暗くなる前にたどり着けると思います。


旅は道連れ世は情け

とは善く言ったもので、okと即答。
一旦ばらした荷物を再びパッキングして、旅支度を整えました。
この日素でに12キロを歩き、休憩モードだったのが、ふたたびスイッチが入り、1515、多くのハイカーに見送られながら、9キロ先のナルシサスハットを目指し、超速歩行でスタート。

この男性。名前はセドリックさん。


フランス出身の29歳、三年前からニューカレドニアにすみ、現在南半球の旅の途中との由。

しかし、白人は背が高く歩幅が長いのか、歩くのが早いのに驚かされます。
日没までにたどり着かなくてはならないことを考慮しても、日本人ハイカーの平均と比べると、その速さは圧倒的です。

初めセドリックさんの後をつけていましたが、付いていけず、

先に行ってくれ

と促しました。
しかし、彼は「すまん。you が前を歩いて」と譲ってくれました。

1615に10分の休憩。Googleマップで現在地確認。約半分歩きました。


右には時折岩稜を眺めながらのフラットトレイルは、上高地の横尾~徳沢に似ています。

さらに南下し、17時過ぎにボタングラス群生地帯


17時半につり橋




いよいよゴール間近な雰囲気。


そして1739に目指すナルシサスハットに到着しました。
9キロを正味2時間14分で歩いたことになります。


ハットの先客はわずかに2人、
しかし、オーバーランドトラック上の小屋としてのロケーションのよさは、1、2を争います。
最終日の夜は、ウィンディーリッジではなく、ここ、ナルシサスハットで迎えるのが得策といえそうです。


渡し船の乗り方
オーバーランドトラックの最終セクションの選択肢である渡し船。

何がなんでも歩くのだ!

という、意固地な人でなければ是非乗りたいものです。

湖面からでしか堪能できない絶景がハイカーを待ち受けています。
ハイキング後半のいささか退屈な景色を帳消しにしてくれることは間違いありません。

しかしながら、乗り方には注意が必要です。
4月~5月はまだ繁忙期ですので、一日あたり最大35人ほどのハイカーが同じ日に最終日を迎えます。

しかも、ほとんどハイカーが、午後イチの船に殺到します。
予約は必須となります。

シンクレア湖ロッジ発表の2016年4月現在、渡し船の運航スケジュールです

湖岸南端 0900 1230 1508
湖岸北端 0945 1300 1545
湖岸南端 1030 1330 1630 

最終の小屋ナルシサスハットには渡し船を呼ぶためのこんな無線機が備わっています。



定期便ですが、予約必須です。


乗船代は2016年4月現在40ドル。
六人満たない場合は240ドルの最低包括運賃がかかりますので、注意が必要です。
そのことは、予約するときに口頭でも伝えられます。

乗船定員は22人らしいので、予約が遅れると希望通りに乗れない可能性もあります。

特に4月の初旬はオーストラリアが秋休みとなり、多くの家族ハイカーもオーバーランドトラックを訪れます。なので、湖岸北端1300発の便が早々に満席となるようです。

予約は、運航者である「レイクシンクレアロッジ」のみで取り次いでおり、前もってメールまたは電話で予約しましょう。
実際、レイクシンクレアロッジのフロントに無線機がありまして、フロントマンが、ハンドマイクでハイカーと更新しています。

レイクシンクレアロッジ
03 62 891 137

さもなければ、今回のような予期せぬ夕暮れの長距離ウォークを強いられることになります。

かなり焦りました。(ToT)


オーバーランドトラック 6 クライマック
この日はかなり冷えました。
池塘に薄氷が張ったのは初日のウォーターフォールバレーハット以来かもしれません。



小屋泊であっても、テント泊に対応出来るよう、温度レンジ-5度程度の秋冬用ダウンシュラフが欲しい所です。





しかし、この絶景。 

トイレ前


徒歩二分の船着き場から

ナルシサスハットに泊まらなければ、この景色は拝めません。

船は930に到着。


乗客は13人ほど。



降りることなく、クルージング目的の人もちらほら。割り増し運賃は必要ありませんでした。

湖面からは周囲の山々が一望。






途中の「エコーポイント」に寄港


約10分の散策時間

マウントアイダ

エコーポイントハット
   



ナルシサスハットから50分かかって、南岸のシンシアベイに到着。


オーバーランドトラックゴールの証


シンクレアアロッジで乗船代40ドルを払い、ビジターセーターに立ち寄り


オーバーランドトラック完遂の記帳。


バスは1445。
それまでの間、シンクレアロッジのカフェや、ビジターセンターでのんびり過ごしました。


最後は少し焦りましたが、五泊六日、全長65キロのオーバーランドトラックの旅はここに完遂。

来年2017年4月のイベント化に向けて、早速準備に取りかかります。

アパラチアに比べて、数段楽で、快適で、かつ10倍?の絶景。

行くしかありませんね(^_^)v


六日ぶりの下界で待ち受けていたもの
歩き終えて、ビジターセンターで多少の買い物をしてから1445発のバスを待ちます。


ホバートに向かうバスは、行きと違い大型バス。
170キロの距離を2時間40分で結びます。

16時頃、途中の集落で六日ぶりにネットが繋がり、九州地震のことを知りました。 
なんとも心が痛みます。


終点でマークさんに拾ってもらい、1週間振りにコハウジングに戻りました。
夕食はマークさん宅でローストビーフをご馳走になり、手作りビールとワインでヘロヘロに。




その夜はニュースを読み漁り夜更かししました。その後眠りにつこうにも、色々なことが気になり、結局朝まで覚醒状態が続いてしまったのでした。

カテゴリー