FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
ポートアーサー流刑地跡
タスマニア南部の最大の見所といえば やはりここポートアーサー。



入場料 37ドルを支払い中へはいります。




入場料には ハーバークルーズとガイドツアー参加代金も含まれています。
到着時間に合わせて自動的にその 乗船時間、ツアー時間 が指定されます。

入ってみるとそこには無数の廃墟跡。
しかしながら 全てが 極めて良好に手入れされて保存展示されているので 廃墟という感じがあまりしません。








2時20分からハーバーツアーに参加






3時45分からガイドツアーに参加

しかし 言ってることが よく聞き取れず 途中でリタイア(ToT)

ポートアーサーを後にしたのは4時15分頃。
入り組んだ1をいくつも越えて ホバートの町へと急ぎました。


しかし オーストラリアの一般道の制限速度は 日本にくらべると極めて速く、 80km程度のスピードではどんどん追い抜かれます。ちょっと怖いです。(^^;

まるでテレビドラマを見ているかのような 想像を絶する超豪邸に驚き
ホバートでの今宵は、オーストラリア人 ゲストのパイオニアである ピーターさん一家の訪問。

ホバートの西側の山手にその住宅があると教えられ、グーグルマップに住所を入力し無かったその先。


ハーバービューを見下ろす 高級住宅街の一角に そのお家はありました。

とても大きい家だとマークさんから教えられてはいましたが その想像をはるかに超える 驚きの邸宅でありました。

奥さんは建築家であり 独立した建築設計事務所を構えています。

それに隣接するように建つ築 まだ2年の 超豪邸。

あまり やたらと写真を撮るのも失礼と思い 自重しましたが テレビ ドラマに出てくるセレブな 家 とも比較にならないほどの 広大な空間が 広がっていました。

お庭や背後に広がる自然公園 を 明るいうちに案内をしてくれました。

車が3台入るコンクリート造りのガレージの中には 車のみならず クルーザーも。

夕食は奥さんのカレンさんが 、タスマニアサーモンをふんだんに使った美味しいご飯を用意して下さいました。

まるで キッチンスタジオのようなステージばりの厨房。





見た目はもっと凄いですよ

親に命じられることなく進んでお手伝いをする息子メシュー君。






ご馳走になったサーモンは、間違いなく これまで食べたサーモンの中で最上のあじ。
トワイライトエクスプレスのディナーで タスマニアサーモンが提供されていたことがありましたが なるほど 納得というものです。 

ありがとうございました。



ロスの町にて
前夜は、ピーターさん宅から戻ったのが 22時近く。
マークさん達と会うこともなく 翌日の出発準備に向けて 部屋の中でごそごそ 作業に没頭しました。

あけて 翌朝8時頃 朝食をご馳走になり10時頃出発しました。
途中買う予定だった アルコール燃料はマークさんから拝借し、 万事休す。

高速道路をA一号線をひたすら北上



貨物鉄道の線路と何度か交差しながら




昼頃、途中の小さな町 ロスに到着。
ここには 宮崎アニメの 魔女の宅急便のモデルになったと言われるパン屋さんがあります。
ジブリが公言したわけではないのですが いつのまにかそういうことになっています。







日曜日とあって観光客もちらほら。


アメリカの場合 必ず小さな街かどにはピザ屋がハンバーガー屋がありますが、オーストラリアでは 、ベーカリー を兼ねたカフェ レストランが必ず存在します。

そしてメニューの中には パンにまじってミートパイがラインナップされているのが特徴。


フィッシュアンドチップよりもミートパイの方がイイですよね\(^_^)/





腹ごしらえが済んだら、ローンセストンに向かって更に北をめざします。


ローンセストンにて
ロンセストンには2時頃到着。
人口10万人のまちですが ロバートに比べて 小さく コンパクトにまとまっていて、より古い英国調の町並みがそこかしこに広がっています。



23年前 ここを訪れたた時、私は空港から街までバスで移動し グレートノーザンホテル という宿に 1泊したのをおぼえています。

坂の 多い町だという印象でしたが、細かなことまでは記憶にありません。 しかしながら泊まったホテルの名前だけは記憶がのこっていました。


事前にgoogleマップで調べたところ 廃業の文字。
気になって行ってみたらそこは大手ホテルチェーン - best western inn。

なんとなく記憶がよみがえってきました。(^_^)v

周囲に広がる坂の景色。やはり私の記憶は正しかった模様です。

そのあと tracyさんに教えてもらった川沿いのトレールをほんの少し体験。


子供向けのアドベンチャーランドがすぐそばに。




その後 明日のるバスのターミナルの場所を確認し 空港へレンタカーを返却しに行きました。


空港からは シャトルバス


この日泊まるバックパッカーズホステルの前にも止まりました。

一泊2000円 格安 ドミトリーでした。

町並み探訪
ココ、ロンセストンは 19世紀のイギリスを徹底的に真似て、まちが整備されたそうです。
ホバートにくらべると はるかにクラシカルな雰囲気がただよっています。
 




いたるところに緑地公園があり しかも美しく整備されています。
ゴミや張り紙が目立つアメリカとはかなり違います。






日曜日の夕方とあって 、通りはひたすら閑散とし、開いている店もほとんどありません。


しかし 間もなく夕食時食事をなんとかせねばなりません。

そうです。困った時のサブウェイ。
レストランコストの高いオーストラリアにおいて、 飲み物とのセットで7ドルで食べられる食事 などそうそうありませんから。



お知らせ
明後日より17日夜まで、タスマニアの山中に入るため、ネット環境外となり一切の受信、発信不能となります。
予約に関するお問い合わせはお電話にてお願いいたします。

オーシャンクルージング
翌日はピーターさんのお知り合いが経営されている、オーシャンクルージングに招待して頂きました。

オーバーランドトラックツアーを企画するなら、此も面白いかもしれませんよ。

と、お誘い頂いたのでした。 

朝745に、ツアーセンターに集合


3台のバスに分乗してブルーニー島へ向かいます。

途中、ケタリングの町でフェリーに乗り




ブルーニー島へ。

チョコレート工場に立ち寄り。


まるで日本のバスツアーです。

アドベンチャー湾のクルージング発着場へ到着。


そこから船に乗り込み、飛沫よけの分厚いポンチョを着て、生姜ベースの酔い止めが配られました。


そこから三時間。






なかなかエキサイトしました。
モーターボートが海面を跳び跳ね突き進む感じは、日本にはまずないクルージング。

生姜の酔い止めは予想外の効き目で、どんな激しい揺れにも私はケロリとしていました。

帰りもまた同じバスで、約二時間かけてホバートに向かいます。

同じようにフェリーに乗り


1700頃到着、ピーターさんの奥さんカレンのクルマで、マークさんの家に送ってもらいました。

楽しい一日をありがとうございました。

合同夕食会
いよいよ今夜がタスマニア最後の夜。
何から何までお世話になりっぱなしで、恐縮するばかりのこの旅。

せめてものお礼をしたいと思い、マークさん、ピーターさん家族皆を夕食にお誘いしてみました。

場所はお任せし、夜7時に向かったベイエリアのシーフードレストラン。

やっぱりホバートはシーフードに限ります。



 
二時間歓談したのち、全員でマークさんの家へ。

この年になると、やはり話題になるのは両親のこと。大なり小なり皆が同じ問題を抱えていることを実感したのでした。


早朝ジョギング
明けて最終日。
トレーシーさんが、早朝散歩に誘ってくれまして、お供しました。

が、散歩という名の1/3ジョギング。

オーバーランドトラック歩いた後だから平気でしょ?

などと言うので、イエス、イエス!と調子を合わせていたら、かなり必死な自分の存在に気付きました。

しかも、登山道のようなクロスカントリートラックの登りだけを走ります。

インターバルトレーニング、てやつよ。
知ってますよね?


イエス、イエス。中高と水泳部だったのでよくやりましたよ。
疲れるんですが、いい練習ですよね。


マジで疲れました。

今夜は夜行便なのに、余計な汗をかいてしまいました。




ホバートタウンそぞろ歩き
八時半頃、コハウジングを後にしてホバートタウンへ。
標高300の閑静な森の別荘地 のような住宅街から わずか10分で都会の中心へ。

町の規模から言えば 長野市や松本市よりもずっと大きいので 自然と都会との距離が 驚くほど近いことに大変な驚きを感じます。

まずはスーパーマーケットで お土産のお菓子類を買い求め


ウォール街で雑貨屋を探して、母ちゃんや、はるかが喜びそうなものを買い求めました。
女性にはきっと楽しい場所だろうなぁ。




クラシックストリート を歩き




かつての捕鯨倉庫跡を活用したサラマンカプレイスで、さらに買い物。




オーバーランドトラックを満喫を満喫したあとの「アフター」としては、本当に申し分ない町です。




マークさんの職場にて
買い物のあと、近くのオーストラリア連邦産業科学研究機構オフィス前でマークさんと待ち合わせ。その海洋研究部門が彼の職場なのです。

岸壁に停泊中の調査船を見学させてもらいました。




つい数日前、南極海から戻ってきたそうです。


しかしこの日になって初めて実感したのですが、南半球ではまるで

🎵西から昇ったお日様が東へしず~む~

の感覚。右手方向性から太陽が出てきて、左手方向に沈むという理屈は頭でわかっていても、いざその場に居合わせると、なんとも不思議な感覚に陥るものです。


昼は社員食堂でご馳走になりまして、さらには今冬最後のオーストラリア人げすととなったリンゼイさんも合流。





ナカムラさんとはいつも真っ白な雪景色の中でしか逢わないから、不思議な感じですね。


そうした違和感はお互い様なのですが。(^^;






カテゴリー