FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
ほろか温泉
ほろか温泉をご存知ですか?

ぬかびら温泉から北へ10キロほど入った、隠れ里。


かつては3軒の温泉旅館がありましたが、いまは1軒のみになっています。


ここ「鹿の谷」さんが唯一の旅館であり、温泉施設でもあります。


いまから15年前、かあちゃんとやってきたとき、男女別脱衣所の先に混浴風呂があるのを知らず、行き場を失い路頭に迷うかあちゃんが、あたふたとしていたのあのシーン。今なおつい先日のことのように思いだします(^^;


混浴なんてヤナのに。回り、おっちゃんばかりだし。


穴があれば入りたい、そんな気持ちだったに違いありません。

そんな鹿の谷さんはいまもなお、往時のままの状態を保っています。




かつては若いヘルパーさんらしき人が常駐していたようですが、今は耳の遠い年配のおばあちゃんが、ひとりきりで湯守をしている模様。


あと何年もつか、予断を許さないようなそんな気がする最後の秘湯といえるかもしれません。

入浴料500円。食事提供はない模様です。

7月9日(土)
恒例の北海道フェア
→買い出しブログ


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★



仙境・十勝三股にて
北海道で一番好きなところを挙げよ

と問われたら、おそらく私は

七月上旬の十勝三股

と答えるでしょう。

かつて国鉄士幌線の終点の林業の集散地として栄えた大雪山のふもとの広大な台地。
ほろか温泉からさらに6kmほど北上した、三国峠直下の「仙境」とよぶべき隠れ里です。


今では定住する世帯はわずか2-3世帯と、秘境集落と呼ぶにふさわしいたたずまいで、かつての林業の集散地らしく、非常にひろびろした空間に、無数の白樺と、ルピナスの群生が訪れる人を魅了します。


周囲は残雪をいだく山並みが迫り、この世のまほろばか、仙境か、そんな気持ちにさせるワタクシ愛してやまない場所なのです。


この秘境感、そしてかつての栄華を偲ばせる遺構が点在する、「美しい廃墟」と呼ぶべき場所かもしれません。




美瑛や富良野の観光地もイイのですが、ただひたすら時間がゆっくり流れていくこの感じは、十勝三股ならではの空気感といえます。
良い時期に来られて、よかった、ヨカッタ。。。。。

しかしながら数年前と比べるとルピナスの株の数が随分と減ったように感じます。
病気が蔓延したのかもしれませんね。


7月9日(土)
恒例の北海道フェア
→買い出しブログ


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★



三国峠にて
北海道の峠といえば

知床峠
中山峠
美幌峠
日勝峠
狩勝峠
三国峠

ツーリングライダーなら誰でも知っている、一度は通った峠たち。

ベストの峠を選ぶとすれば、私の中では三国峠の圧勝です。

大雪山の山の中を貫く、もっとも人里離れた峠かつ、もっとも雄大な景色が味わえる、日本の峠道No.1ではないかといつも思うのです。

この日は快晴。


峠の駐車場よりも、少し上士幌側に下った、橋梁上がベストビュースポットです。





北米の森林地帯にも匹敵するのではないかと思えるスケール感に、言葉を失います。

駐車場にはツーリングライダーの姿が多数。

レンタカーのソロ観光客に声をかける人などどこにもいませんが、バイクに乗っているというだけでみんな和気あいあい仲良くなってます。


羨ましすぎる(ToT)


景色を堪能した後は、カフェで美味しい珈琲を一杯。

かつての取ってつけたような売店ではなく、今風な本格的カフェ。


峠の景色を眺めながらの一杯の珈琲は最高です。


7月9日(土)
恒例の北海道フェア
→買い出しブログ


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★



蜂屋のラーメン
峠の景色を堪能したのち、層雲峡を経て上川、旭川紋別道を通って旭川市街地へ。

三国峠の景色があまりに凄すぎるので、層雲峡がちょっと気の毒に思えてきます。
流星の滝や銀河の滝も見学すればよかったのですが、一度見学しているので今回はスルー。

あとはただひたすら旭川市街地を目指すだけです。

向かったのは「蜂屋」


焦がしラードと煮干しのスープ、そして超低加水麺が特徴の旭川ラーメンです。

ラーメン並
麺固め
油多め

とオーダーすると出てくるのがこれ。


750円

黒いのはラードを焦がした「香味油」でして、ここのラーメンの唯一無二の特徴を演出しています。

昼時とあって、広い店内にも次々お客が押し寄せます。


年に一度は食べたい、病みつき系ラーメン。

北海道フェアでは「味見」程度ですが、皆さんへ振舞いたいと思います(^^)。



7月9日(土)
恒例の北海道フェア
→買い出しブログ


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★



今宵の宿は薫風舎
北西の丘を後にしたあと向かったのは、自家コーヒー焙煎店「北工房 」。




マンデリンを一杯頂きまして、それから今宵の宿薫風舎へと向かいました。





ペンションですが一人旅も快く受け入れてくれます。もちろん個室。


宿泊棟とラウンジ棟が別になっていて、その間が渡り廊下で繋がれています。


夕食は6時半から


メニューはこんな感じ


では行きますよ(^_^)v






大きな窓から景色を眺めながら








やたらと肉厚のスモークサーモン、 そして肉が隠れるほどにたくさん盛られたきのこのハーブソテー 。
いい素材をふんだんに使用し、 美味しいものを提供するためには一切の妥協を許さない 。
そんな仕事ぶりが 確実にゲストの心を掴みます。
それでいて、全くあくせくしたところがなく、いたって自然体で接している宿主氏。まさに「薫風舍イズム」といえましょう。
決して簡単にマネのできるものでもありませんが、そんな氏の姿を目の当たりにすることで、毎回気合をもらって帰る、そんなお宿さんなのであります



穴場的ラベンダー畑
朝食前に宿主さんに教えてもらったラベンダー畑に出かけました。

XXの丘

の名の付いた場所はどこも観光客でごった返しているのですが、やはり元祖旅人としましては、あまりメジャーではない、穴場的スポットを本能的に求めるものです。

その点ここは素晴らしかったです。

個人宅のオープンガーデンのような場所でして、人目の付かない森の入口を上っていった先に突如広がるラベンダー畑と背景の十勝連峰。


早朝ゆえ誰にも会わず、独り占めできました。




ホビットのソーセージ、ホクホクじゃがいも
薫風舎さんは朝食もスバラシイのです。


じゃがいも、人気の自家製ベーコン&ソーセージの店「歩人」さんのウインナーが一本丸丸おごられる洋食です。
スクランブルエッグのホクホク感はまた特筆もので、ウチの朝食(洋食)のスクランブルエッグはいつもコレを目標にしています。

竹内家のジャガイモの収穫が始まったようですので、土曜日はジャガバターもメニューに加えましょうか。
ジャガイモは北海道産ではありませんが、バターはメグミルク幌延工場産ですから、まあいいかと(^^)

ついでに歩人さんのソーセージも。

しかし予算が(汗)

いや、明日の宿泊を車中泊にすればソーセージ購入資金も捻出できるか(笑)。


ちょっと考えます。

かなり前向きに。


新得でラクレットチーズ
8時30分頃宿を出発し、目指したのは120km離れた新得。

ラクレットチーズを買うために「新得共働学舎」に向かいました。

上富良野、麓郷を経由する山あいの道は美瑛から帯広方面へむかう最短ルートです。
しかも絶景。かなりお勧めです。


途中道の駅南富良野に立ちよりトイレ休憩、その後狩勝峠を越えて、新得共働学舍ミンタルへ。


庭もきれいに手入れされており、ガーデニングの参考にさせてもらいました。



そしてお目当ての「ラクレット」


100gあたり500円ほどですが、とりあえず3300円分、約600gを購入しました。

買い物が済めば思い残すことはなにもありません。もと来た道をひたすら走り、美瑛に向かいますが、そのまま帰るのももったいないので、途中落合駅に立ち寄り。




丁度普通列車滝川行きがやってきました。




昔ながらの北海道的駅前風景ともいえるたたずまいですが、現役店舗は残念ながらゼロ。
寂しい限りであります。

お次は幾寅駅。

ぽっぽやの幌舞駅といったほうが通りはいいかもしれません。

製作年は1999年ですから、もう17年も前の話なのですね~。

急ぎ足でどんどん参ります!
小麦粉と六花亭
富良野に戻ってきまして、これまで訪れたことのない「富良野チーズ工房」に立ち寄ってみました。

新得のチーズ工房に比べると品数は圧倒的に少なく、どちらかというと、レストラン営業に力を入れている観光チーズ工房の性格のようです。
ラクレットチーズは扱っておらず、試食だけさせてもらって退散。

富良野中心部にある「フラノマルシェ」で買い出し品を物色。


ケーキ材料に使える「小麦粉」を探してみました。

最近はこうした粉類もあちこにの直売所で扱うようになったらしく、ずいぶんとバリエーションが増えた気がします。
さらに隣接するAコープに立ち寄ってみたところ、ホクレンの500g入り小麦粉を発見。
値段も良心的で迷わず一個買い求めました。


お次は本日最後の買い出し地、カンパーナ六花亭


六花亭のおかしなら、今買わなくとも、千歳空港でも十分事足りるのですが、やはりこの「カンパーナ六花亭」はそのロケーションのすばらしさを見逃すわけにはいきません。


十勝連峰を見渡す大きなガラス、そして広々カフェコーナー。

丁度15時を回ったところでしたので、「マルセイバターケーキ」とビターチョコを買い求め、コーヒータイムとしました。


このビターチョコレートを使って、土曜日のカフェタイムのケーキを作ってもらうことにしましょう。
かあちゃん、よろしく。(^^)




7月9日(土)
恒例の北海道フェア
→買い出しブログ


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★



ファーム富田初体験
ラベンダー畑としてあまりに有名な「ファーム富田」。
実は営業時間中に訪れたことは今まで一度もありませんでした。

せっかくなので、行ってみることに。

それにしてもスゴイ人。人。人。
しかもその70%は外国人観光客です。外国人パワー、恐るべしです。


トラディショナルラベンダー畑


彩の畑


絵葉書で有名な畑を撮影して回り、最後はお約束のラベンダーソフト。

香水風味のソフトクリーム。そんな感じです。


でもアイスミルクのキメは至って細かく、昨日の北西の丘ソフトに比べれば格段に上です。

しかし私の中でのソフトクリームNo.1は馬曲温泉のヤツ。
贔屓目でもなんでもなく、木島平産が一番旨いと思います。あと、長門牧場のソフトもネ!

カテゴリー