FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
ユーラシア大陸の果てへ
サンチアゴデコンポステーラで多くの巡礼者が旅を終えるが、さらに100キロ離れたユーラシア大陸の果て、「フィステーラ」そして「ムシア」まで、その巡礼路は続いているという。

比較的多くの巡礼者が、バスを利用して「フィステーラ」まで行くらしい。
が、突端の岬へは少し距離があり行きにくいという。

一方ムシアは、映画「星の旅人たち」のラストシーンでもその現場が叙情的に描かれており、ぜひとも訪れてみたいと思っていた。

前日、バスターミナル視察の際、案内所で時刻を調べておいた。

そのムシアへ向かうことにした。

朝食はホテルで。
しかし夜明けの遅いガリシア西端において朝7時はまだ夜中同然らしい。

食事中、私以外の誰にも会わなかった。




バスは845発。
二時間かけて、大西洋沿岸へ向かう。
スペイン版「宮脇俊三 ローカルバスの終点へ」である。




運賃は8EURO、乗客は7人。


小さな村をいくつも通りすぎ、やがて海辺へ。
初めて見る大西洋であった。


二時間後、バスは海辺のまち、ムシアに到着した。


最果ての町に過剰な期待をしていたのかもしれない。
予想に反して、そこは明るい町であった。
雰囲気は礼文島香深と、稚内を足して2で割ったような場所である。 

まずは巡礼路をたどり岬へ向かう。

喉が乾き仕方ないので、商店でコーラを一気に飲み干す。


木島平の「長野屋」さんのような雰囲気である。もちろん、おばあさんの言っていることは全く理解できない。
でも問題はない。「コカ・コーラ」は共通語だ。間違っても「コーク」などと言ってはイケナイ。

岬に続く石畳の道を登って行く


やがて視界が広がる。


映画でしか見たことのなかった、大西洋の海原が白波を立てていた。






実感が湧かないので、あえてGPS で現在地表示させてみる。


それでも、「地の果て」ムシアは意外なほどに穏やかであった。





↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


【おしらせ】
11月30日~12月16日まで休館いたします。
日中不在にすることがありますので、空き状況のお問合せ、ご予約は、下記の時間帯にお電話にてお願いいたします。
07:00~08:30
17:00~22:00

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE
巡礼者に振る舞われる無料の賄い食
今回の旅を計画するなかで、ひとつ見逃せない「イベント」があった。

巡礼証書を手にした者に、パラドールより先着10人に限り、無料で賄い食が振る舞われると言うのである。

勿論、泊まり客である必要はない。

一日三回、8時、12時、19時にその機会が訪れ、毎回指定された場所に並び、じっと召集を待つらしい。

土産の買い漁りから戻り、一時間前の18時に、指定された集合場所であるバラドール正面左の従業員通用門前に向かう。


まだ誰もいない。

繁忙期には一時間前に満員になるらしいが、この日は全部で8人。


48キロ地点の、パラスデレイのアルベルゲで泊まり合わせたマレーシアの女性二人組に出くわし、互いの旅の無事を称えあった。

19時になるとホテルスタッフがやって来て、パラドール正面より中へ招じ入れられる。






中庭を通りすぎ、賄い食招待者専用口から地下の厨房へむかう。





トレー持ち、行儀良く待つ人たち。





巡礼者専用食堂で有り難く頂く。


旅に疲れはてた巡礼者への慈善行為として、長い歴史のもと脈々と受け継がれているらしい。
四国巡礼の「お接待」と全く同義である。

集まったひとは


スロベニア人
ベルギー人
中国系スペイン人
フランス人
台湾人
マレーシア人
日本人

巡礼路は宗教に関係なく、地球上のあらゆる人々に開かれている。
勿論、信仰心により巡礼している人が多数占めているので、日本人の数は圧倒的に少ない。
アジアならば、キリスト教徒が比較的多い韓国人の姿を頻繁に見かけたが、観光シーズンでもないこの時期は、やはりスペイン人が半数以上を占めていたように思う。



今宵の宿は★★★★★パラドール
歩く旅は終わった。あえてアルベルゲに泊まることもない。
完遂の褒美と視察を兼ねて「パラドール」に泊まることにした。

しかも、サンチアゴデコンポステーラのそれは、二つしかない5つ星パラドールの1つという。

パラドールとは、スペイン国営の、おもに歴史的遺産を改装した、比較的ハイレードとされるホテルネットワークである。
日本では「超高級である」ことばかりがイメージとして先行していて、一般人に、無縁なものと捉えられがちである。
こんな感じで。


しかし、かつてのトワイライトエクスプレスが、54000円のスイートと9720円のシングルツインを備えていたのと同じで、あらゆるランクの部屋が備わる。

ナンのことはない。

東京都心部にあるシティホテル以下の料金で利用可能なのである。


具体的にはアパホテル六本木と同等の価格帯である。
利用しない手はない。

サンチアゴデコンポステーラのパラドールは、大聖堂の前にある。

15世紀に建設された王立病院の建物をほぼ原型を保ち、回廊、中庭などはそのままに、館内全体が古風な宮殿か美術館のような雰囲気を保つ。

部屋は全部で140室あまり。
映画「星の旅人」でも、登場人物が最後の夜に豪華な部屋に宿泊するシーンが現れるが、おそらくこのパラドールの最高ランクの部屋なのだろう。




中庭




ダイニング上の吹き抜け




回廊


決してきらびやかという訳ではない。
木造の床もまた味がある。重厚な歴史の奥深さを実感できる、巡礼を成し遂げたあとの宿として、これ以上ふさわしい宿は他には見当たらない。

本番でも必ず組み入れることにしよう。



セアト
スペインで一番メジャーなクルマはフィアット、プジョー、ルノー。


そんな中に混じって、見慣れないクルマが存在する。

セアト

スペインの自動車メーカである。

これがなかなか格好いいのである。

レオン
トレド

など、国内の町の名を車名に冠したものが多く見られる。






タパス、土産、鉄道駅、バスターミナル
サンチアゴデコンポステーラにはわずか1泊のみである。
明日はユーラシア大陸の果ての町へ向かう。

まずは、タパス屋巡り。
観光地だけあって、此れまで訪れたどんな街よりも飲食店が多く、にぎやかである。
タパス屋も何軒も軒を連ねている。
ガイドブックに載っていた店
 





一番賑わっていた店






さらに。




名物タコはどうだ?と言うので「ポルファボール」と言う。



悪くないないが、メリデで食べた、特に一軒目の物とは全く比較にならない。

しかしスペイン料理は全体的に高塩分である。食味にはさほど塩気を感じないが、タパスを腹一杯たべると、確実に喉の渇きに襲われるので注意が必要である。

お腹一杯になり、鉄道駅を目指す。
歩いて10分ほどの市街地中心からは、少し離れた場所にある。



バスターミナルはさらに離れた場所にある。
タクシーで向かった.


ユーラシア大陸の果ての町への時刻と乗り場を確かめ、ミッション完了。

再び旧市街へ歩いて戻り、土産を買い漁る。
なかでも、修道院で作られる、タルタデサンチアゴは見逃せない。

大聖堂の裏またその裏にある修道院。
その入口の左にある鉄格子がその販売所だ。




呼び鈴をならすと、修道女さんが出てくる。

タルタデサンチアゴ ポルファボール 

というと、「こんなのですが」と、見本を持ってきてぐれる。1つ11EURO。
2個買い求めたが、コレがなかなか重いのである。

いくつか土産店を巡るうち、初めて日本語を耳にした。
しかも関西弁のオバチャン。

嬉しくなり、こちらから関西弁で話しかける。

はじめて日本人に会いましたワぁ~

あら。若い子でなくてゴメンね~

関西ならでは、である。

聞けば、ポルトガル旅行の団体ツアーの一行らしく、サンチアゴは日帰りらしい。

私が巡礼路を歩いてきたことを話すと、
ひとりがこうこぼした。

「巡礼なんて、何か思うところがあったんやね~」

そんな深刻なものはないのだが(^^;

関西弁はやはり異国の地でも目立つ。
関西弁に限らず、アジアンは集団になると向かうところ敵なしだ。



↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


【おしらせ】
11月30日~12月16日まで休館いたします。
日中不在にすることがありますので、空き状況のお問合せ、ご予約は、下記の時間帯にお電話にてお願いいたします。
07:00~08:30
17:00~22:00

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE

ミサに参加する
巡礼を終えたら、ぜひ毎日12時から大聖堂内で開かれるミサに参加したいところである。

巡礼を終えた人の歩行区間、国籍が読み上げられる時間も設けられているという。

正面広場から左に回り込むと、入口があり。一般のクリスチャンに混じって、席につく。


約40分間、厳かな儀式が続くが、勿論所作はわからない。
ただ、脱帽し、参列者が起立するとき、着席するときは、それに合わせる。

ただ、最後に司教から「せんべい」のようなものが、一人一人に与えられるが、これは信者のみが食べることを許される。
あるタイミングで、参列者が教壇のもとに向かい列を作るが、この時連られて一緒に行列に加わらないよう気をつけてねばならない。

間違って食べても「罰」は当たらないようだが。

ミサの序盤、巡回中者の歩行区間、国籍が確かに読み上げられていたが、残念ながら「ヤポン=日本」は聞き取れなかった。
 
ミサ終了後、旧市街に繰り出す。
ブルゴス、レオン以来の都会における旧市街だが、世界遺産に指定されているだけあり、規模、雰囲気は群を抜いている。







しかし写真を撮ってブログにアップしたところで、その感動を伝えることは出来ない。
写真にすればするほど、真実から遠のいていくような気がする。

どんなに凄いグランドキャニオンの写真を見せられたところで、現物には全く敵わないのと同じなのである。






巡礼攻略に必要な装備やおカネ
インターネット上には実に多くの体験記が公開されている。
実際、かなり参考にもした。

しかし、歩いてみて感じたこと、次回心得て置くべきことを、これからカミーノを目指す人達のためにも備忘録的に纏めておこうと思う。

但し、ピレネーなどの峠越えを伴わない、初冬のガリシア州エリアを中心としたハナシであることを申し添える。

#1
自炊の必要はない。
ガスストーブもいらない。自分でコーヒーを沸かすまでもなく、カフェが充実している。

#2
水対策について。
ハイドレーションは不要。
無駄に何リッターも水を背負うのは余計な負担になるだけ。
500mlのペットボトルがあれば十分。無くなればカフェで買えばいい。

#3
軽量化に努めるべし。
日本人は無駄な荷物を背負う傾向にあるが、着替えは濡れない限り、3日に一度程度でも十分ではないかと考える。
重量のあるガイドブックなどは持参すべきではない。

#4
脚力は事前のトレーニングにより、長距離歩行に適応出きるが、足裏にはダメージが忍び寄る。
特に足裏痛対策、マメ対策は肝要。 
荷物が重いほどそのリスクが上がる。


必要なもの、いらないもの



【必要な費用】

航空券代
空港~出発地までのバス代 25e
出発、ゴール前後泊 14(ホステル)~150(パラドール)
✴なお、サンチアゴデコンポステーラにはスペイン国内に二軒しかない5つ星パラドールがあり、150EURO程で泊まれる。

アルベルゲ 1泊 6e
朝食 2~2.5e
ランチ 7~10e
夕食 10~15e
コーヒー 1.2~1.3e


【必要なもの】

パスポート
クレデンシャル
現金 35000円をEUROに換金
デビットカード
クレジットカード
スマホ
バッテリー
着替え3日分
耳栓
手袋
寝袋
ダウンジャケット
レインウェア
折り畳み傘



【あると便利なもの】
ルーター
チェストバッグ
ダウンパンツ
ダウンルームシューズ
鎮痛剤
ワセリン



チェストバッグは背面重量を分散させるのにも有効であるし、歩行中の地図、貴重品、飲料水を収納するのにも役に立つ。
カラミで行動する際も、これをそのままに前面に首からぶら下げ抱えておけば、強盗対策にもなる。

ダウンパンツは就寝時に効果絶大。コンパクトになる「ナンガ」がおすすめ。約9000円。
更にダウンシューズ。おもに冬のテント泊に使われるが、足先保温することにより、薄いシュラフにも不安が軽減される筈。

鎮痛剤はあらゆる痛みに効果があり、マメの痛みや、足裏のうっ血からくる痛みにもかなり役に立つ。

ワセリンはマメを作らないために、歩く前に十分練り込んでいくと良い。



【持参したが使わなかったもの】
トイレットペーパー
ウェットティッシュ
空気枕


【持参したが必要性を感じなかったもの】
コーヒー
ストーブ


【本には必要と書かれているが、持参しなかったもの】

物干しロープ


ザックの総重量は、此れによりかくじつに10キロ以下に押さえることが可能となる。



サンチアゴデコンポステーラ到達
モンテドコゾのアルベルゲには、やはり10人程の巡礼者しかいなかった。

ハイシーズンに、多数の巡礼者をさばくため、また一般有名観光地であるサチアゴデコンポステーラに巡礼者を出来るだけ長居させないために作られたアルベルゲなのだろう。

バルもやはり一軒のみで、食事場所にも困る。

薄暗い道を下り、やがてサンチアゴデコンポステーラの町へ。
カフェで朝食を取り、最後の歩きを噛みしめながら楽しむ。



旧市街に入ったところでスタンプ稼ぎにまたカフェ。
スペインオムレツを食べる。

しかし、サリアを出発して以降、行き逢う人が日に日に少なくなっているような気がしてならない。

サンチアゴデコンポステーラへあと数キロと迫る中にも、巡礼者を見かけることはなかった。


旧市街をくぐり抜け




ようやくたどり着いたのは12月11日9時50分のことであった。

本に書かれている「巡礼証書」発行所へ向かったが、其らしきものはない。 
キョロキョロしていると、土産店の人が大声で「移転したよ。」と教えてくれた。

指示通り向かうと、そこには真新しい発行事務所。
最盛期には一時間待ちも珍しくないらしいが、巡礼者の姿はなかった。




クレデンシャルのスタンプを厳重にチェックされ、晴れて証書ゲット完了。

映画「星の旅人たち」で、主人公が証書書の発行を受けるシーンは、薄暗い場所だったので、予想しない明るい雰囲気に少し拍子抜けである。





なにはともあれ、私の巡礼旅は予定通り完結。
早速、タスマニアに続く企画として、出来れば来年同時期に実施しようかと思う。


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


【おしらせ】
11月30日~12月16日まで休館いたします。
日中不在にすることがありますので、空き状況のお問合せ、ご予約は、下記の時間帯にお電話にてお願いいたします。
07:00~08:30
17:00~22:00

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE



モンテドゴゾのアルベルゲ
歓喜の丘で感動に浸るのもそこそこに、アルベルゲに向かう。

向かいの平屋の建物群がその施設である。
取り敢えずそこに向かって歩いてゆく。
ビレッジのようになっていて、中程がショッピングモールのような構造。

しかしどこも営業しておらず、夏の巡礼ハイカーで賑わう期間のみの営業と察せられる。



しかし、多くの建物群の中で、どれがアルベルゲなのかわからない。
一番下の建物内に有人カウンタを見つけた。

ユースホステルもあるらしい。
泊まってみようと思ったが、アルベルゲの方が、安いので自嘲する。

尋ねると、29番の建物という。
一番離れた、最上段にあるらしい。

無駄に三キロは歩いたに違いない。

アルベルゲは巡礼路最大の400ベッドを擁する。

しかし閑散期にあっては宿泊者も10名に満たない。
グループハイカーが多いらしく、私は小部屋に案内された。

食事場所は歩いて三分のバルを利用せよとのことで向かってみるが、地元の雑貨屋の雰囲気で、あまりそそるものがない。


到着「前夜祭」の場所としては、かなり役不足な立地と言わざるを得ない。


歓喜の丘へ ~遂に見た!聖地サンチアゴデコンポステーラ
ラバコージャでのランチに満足し最後の6キロを歩く。

しかしアルコールが入るとやはりスピードが出ない。
しかし、あとわずかしか歩くことができないと思えば、むしろユックリ歩いて、存分にスペインの風や土の匂いを楽しむのも悪くないとも考えた。

水草そよぐ美しいせせらぎ。

安曇野に重ねて見てしまう。

毎回、旅の終わりが近づくと、わが信州を思う気持ちが自然と強くなる。

日頃「明日から現実が。。。。」と嘆く人に会うケースも少なくないが、私は常に家族を想い、宿の仕事を愛してやまない。

なので、このような旅の終わりに必訪れる心境は、いわば実社会へスムーズに戻るためのいわば「イメトレ」でもあり、喜ばしいことなのである。

木島平の天気も気に掛ける。
日曜の朝は放射冷却が起こるようだ。
自宅に連絡して不凍栓を閉めるよう頼んだ。

木島平から10600キロ離れていても、文明の利器さえあれば、不自由はないのである。







モンテドコゾの集落に差し掛かり、いよいよ聖地が近づく。






そしてスタートから8時間以上経過した16時40分、有名な「歓喜の丘」にたどり着いた。
巡礼路から左に逸れた、丘向こうの芝生にそのモニュメントを見つけた。


目指す先には確かに聖地「サンチアゴデコンポステーラ」の姿。




巡礼路全体の800キロの内、所詮はわずか180キロ。
しかし、自らの足で歩いた8日間を振り返ると、自然と感極まるものがあった。

感激の度合いに応じ、希に出てくる自らの姿。




メセタの大地以来であった。




↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


【おしらせ】
11月30日~12月16日まで休館いたします。
日中不在にすることがありますので、空き状況のお問合せ、ご予約は、下記の時間帯にお電話にてお願いいたします。
07:00~08:30
17:00~22:00

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE


カテゴリー