FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
大崎上島2日目
絶景の神峯山にご案内いただいた後、その日は近くの民宿にお呼ばれしました。
当初は自宅に泊めていただける予定だったのですが、お孫さんと曾孫さんがたまたま帰省していらしてお部屋を使うことができず、特別な計らいでお馴染みの料理旅館へご招待いただいたと言うわけです。

新鮮な海の幸に舌鼓を打ちながら昔話に花が咲きました。

翌日は夜中の大雨もあがり、からりと晴れやがった晴天の朝となりました。
空気が大変澄んでんでいましたので、もう一度あの絶景スポットへ行こうと言うことに。
瀬戸内海は限りなく青く、澄みきっていました。
一度は見るべき地球の絶景。間違いありません。




二日間本当にお世話になりました。
また必ず参ります。
さて。
Sさんにはお昼ご飯をご馳走になりましたが、向島で警備に当たっていたお巡りさんと話こんだとき話に聞いた、「絶対に行くべき」大崎上島で1番とやらの人気のラーメン屋さんに行くことにしました。
その名を徳森食堂といいます。


尾道ラーメンの流れをくむなかなか濃厚な味の醤油ラーメン。
とてもおいしかったです

大崎上島での二日間もあっという間。
14時15分発の岡村島行きフェリーに乗るべく木江港へと移動しました。
時間の過ぎるのはあっという間です。

大崎上島1番の絶景スポット
感動の再会の余韻に浸る間もなくご自宅へご案内いただきました。
街の中心部から少し山に入っていた谷間の集落にお宅がひっそりと佇んでいます。
周囲は密柑山。

そんなみかん山で今でも現役の柑橘農家を続けていらっしゃいます。
今の急峻な山を毎日上り下りしながらの作業に当たっているとはただただ驚きです。昭和12年生まれの御歳80歳。
本当に凄いと思いました。

みかん山を後にしたら、今度は島で一番の絶景スポット神峯山にご案内いただきました。
標高450メートルの独立峰は頂上から瀬戸内海を一望できるそうです。
駐車場に車を置いて280メートルの登山道ゆっくり登っていった先にその絶景が待っていました。
落陽が雲間がからかすかに光差し、その光が水面に反射しています。そこに浮かぶ無数の島々の光景はまるで水墨画の如しです。

その光景を目の当たりにした瞬間、背中が震えるような感覚に襲われました。
そんな感覚に陥ったのはアメリカのグランドキャニオン、そしてニューヨークマンハッタンの光景に遭遇したとき以来かもしれません。
瀬戸内の光景は世界の絶景と表現するに相応しいと感じました。
山に囲まれた場所で暮らす信州人からするとなおのこと、そんなことを強く感じるのでありました。
大崎上島へ
今治港は最近、移転したそうです。


此処から、大三島宗方経由で大崎上島へ渡ります。

フェリーみしま 1991年建造


大崎上島には私が大学卒業後7年務めた会社の独身寮の寮長さんの実家。
長らく年賀状とミカン&リンゴの「物々交換」が続いていましたが、今回24年ぶりに会いにはるばるやって来ました。

来島海峡の潮流をもがきながら北上。
逆潮を遡るように行きます。


来島海峡大橋をくぐり






大崎上島木江港に到着。
警戒中の警察による検問に時間がかかりました。


元寮長Sさんは御年80。
当時と変わらないお元気な姿に嬉しくなりました。

よう来た、よう来たと暖かく迎えて頂きました。

木島平から走ること1015キロ、今回の最大の目的地、大崎上島に無事辿りついたのでした。

しまなみ海道へ
尾道の宿は八時前に出発。
尾道駅前の渡船乗り場から向島へ。


前の日に乗った渡船と違い、対岸から少し奥に入った河口を逆上ります。


此処でもお巡りさんは警戒中。
なかなか捕まらないようです。
さて、向島からはいよいよしまなみ海道の旅が始まります。
向島、因島、生口島、伯方島、大島を繋ぐ橋が織り成す海の道「瀬戸内しまなみ海道」。広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ全長約60kmの「サイクリングロード」は日本で初めて海峡を横断できる自転車道として有名です。
しかし。
原付バイクにとっても、それは堪らない魅力のルートなのです。
むしろ、しまなみ海道は原付で渡るべきと云えるほどの魅力を備えています。
何故なら、多くの橋梁部には原付専用レーンが設けられているにほかなりません。
まずは因島大橋

原付と自転車の専用入路

橋の入り口

高速道路部とは異なり、橋を渡り終えるたびに一般道に降ります。
なんせ寄り道し放題なのです。(笑)
因島の名所「除虫菊畑」。まだ開花が始まったばかりでした。

生口橋

自転車と原付の橋への導入路は大抵このように途中で分岐。今治に向かって車道の左側が原付右脇が自転車及び徒歩です。

生口橋入り口

生口島の中心は瀬戸田の港。

原付ならば、停車させて橋の上から撮影するのもOK.

多々羅大橋


はしの真ん中で県境を越え愛媛県へ。

多々羅大橋を越えると大三島。道の駅は大変な賑わいでありました。
お次は一番コンパクトな大三島橋

伯方島の道の駅で大休止。
伯方の塩ソフトは必須アイテムですね~。

と、そこでお馴染みゲストのSさんと遭遇。尾道でフェイスブックを覗いていた所、たまたま同じ日にしまなみ海道を自転車で北上するとの由。
途中ですれ違うかも知れませんねとメッセージを送ったところ、図らずとも此処伯方島で背後から声をかけられました。

Sさんとは昨年夏にも鶴岡で同じくバッタリ遭遇した事もあり、
奇跡は2回起こる
宝くじで一等が当たる確率より低いかも?
等と話していました。
30分以上長居しまして、Sさんを見送り伯方島を後に。
伯方大島橋

大島では海岸沿いを走ります。
丁度潮の流れが目に見え、かつ流れる音も聞こえました。

まるで川です。
潮がなぜこのように流れるのか?
それは、瀬戸の地形と潮の満ち引きの方角にあります。
満ち潮時、地球の形状から潮は南東方向から潮位が上がります。
満ちてきた海水はまず紀伊半島を北上してきますが、鳴門海峡の狭いトコロを流れるように香川県方向に押し寄せます。そこでうず潮が発生します。潮は瀬戸内海にどんどん注ぎ込まれ、潮位が上がります。
その間も高知沖から豊後水道にも満ち潮は北上、やがて来島海峡に到達しますが、その頃になると瀬戸内の引き潮が始まっていて、瀬戸内海の潮位は低くなり始めています。
高知沖から豊後水道を流れてやってきた潮流が来島海峡を通り、潮位が低くなった瀬戸内海にどっと流れ込むのです。
大潮時にはより激しく流れるのはこのためです。
太平洋では見られない、地球の神秘ですネ。
そしてクライマックスの来島海峡大橋。
第一から第三まである長い吊橋。

大型船も頻繁に通る海峡なので高度感も満点でした。

目指す今治はもうすぐそこ。

感動に満ちたしまなみ海道原付旅。
普通2輪では味わえない、極上の一時でありました。
尾道のゲストハウス あなごのねどこ
この日の宿は尾道のゲストハウス あなごのねどこ。
古い商店を改修しオープンさせた、話題のお宿さんです。
アーケード街の真ん中に位置し、正面脇の細い路地の先に入り口。


引き戸を開けると、談話室。
雇われオーナーと思しき男性が事務的に対応してくれました。
職業欄には佐柳島ホステル同様、「自営業、宿屋」と明記しましたが、無反応。
残念無念。
部屋はこんな感じ。

談話室


客人は圧倒的に女性が多く、しかも若い。まずウチでは見かけないようなゲストで溢れていました。
暫く談話室でブログ書きに精を出しつつ、周囲の様子を伺っていましたが、どちらかというと2人旅女子が多く、雑談が盛り上がる気配はありません。
受付の男性も、終始黙ってパソコン作業。
どうやら積極的にお客と会話することを好まないようです。
尾道という一級観光地で、毎日のようにオススメラーメン店の質問を浴びせられて、嫌気がさしているのかも知れません。(笑)
じっと自分の胸に手を当て、自問自答するワタクシでありました。(笑)
向島から尾道
向島から本土へ渡る船は三本あり、一番東の尾道渡船を選択。
乗り場の兼吉地区は、今も昭和の時代の日本を感じさせてくれるような風景が残る場所。
その雰囲気から、映画のロケ地としても知られている。

そこで人気のパン屋さんに立ち寄ってみた。


同じ地区内で製造販売が行われているサイダーもまた名物の1つ。
かの有名な三ツ矢サイダーの昔の瓶をそのまま使っているとのことで、瓶は持ち帰りは絶対できないことになっている。

お金を払うといっても絶対に売ってくれることはない。

尾道渡船の乗り場にて

運賃はたったの100円。バイクを乗せるとプラス10円。


まるで運河のような尾道水道に感動することしきり。


尾道桟橋に接近


上陸完了。


暮れなずむ尾道だが、この日の宿の場所がわからない。
出発前から調子の悪かったスマホが、ついに充電が出来なくなってしまい、グーグルマップを表示することもできなくなってしまった。
狼狽える中、とりあえずは、予備のスマホを携え、Wi-Fiが使える駅前のラーメン屋に入ってみた。

定番の醤油ラーメン。

今から17年前、長崎に行った帰りに山陽自動車道のSAで食べた尾道ラーメンの旨さに感激し、その名を知るに至った。
いまではすっかり有名になったが、やはり本場は旨い。


ようやく宿の場所を特定し、お腹いっぱいになった後、すぐに向かった。

その場所は尾道渡船の桟橋のすぐ近くだった。
商店街の中にたたずむゲストハウス「あなごのねどこ」。



いま人気のゲストハウスである。
瀬戸内の島々を転々としながら尾道へ
長野、愛知、三重、奈良、和歌山、徳島、香川と駒を進めながら、8県目の岡山上陸である。

ここから倉敷、金光、笠岡と、主に国道2号を西へたどりますが、バイパスもないので市街地では毎回渋滞。当面の目的地、鞆の浦までの80キロが遠く感じる。

完全第一を肝に銘じ、すり抜けは厳禁と決めていた。


鞆の浦には16時半頃到着。
次なる目的地目指し、到達記念写真だけを撮ってその場をあとに。


そして17時前に目指していた常石に到着。ここから船に乗るためであります。


尾道へ行くのにわざわざ船にのることもないのだが、せっかくの機会だからと、こんな所を通ってみることにする。

備後商船航路図


本土対岸の百島の住民が尾道、常石へ渡る目的の航路ゆえに、常石から尾道へ通しで乗る人は皆無。
待合室には切符売り場がなく、あたふたしていると、男性が声を掛けてくれる。

「切符は中でね。船員、不親切やから気いつけてくださいよ。」

不親切とはなんぞや?と、一瞬理解に苦しむが、とりあえず中へ。


若い頃は特攻服でやんちゃしてました!的な船員さんが各クルマを回り、切符売り。


決して不親切と言うわけでもないが、風貌や立ち振る舞いは明らかに元ヤンキー。備後商船、最強である(笑)
2014年式の新造船。


出航。


常石造船所はかなりの大型船まで建造できる業界では屈指の造船会社。


まずは百島に立ち寄る。
中学生と思しき姿も見かける。


本土側の満越に寄港して


向島の歌港に到着。

いまニュースでも話題の刑務所から脱走した受刑者が潜伏していると話題の島である。

フェリー乗り場にも警察官が複数人警備にあたっていた。
高松から宇野へ
かつては国鉄連絡船が物流の大動脈であり、前回私が高松を訪れたのももちろん連絡船。
その四年後に瀬戸大橋が開通し、つい先日橋開通30年を迎えた。

通行料値下げの影響もあり、現在この区間を運航する四国急行フェリーの便は1日6往復ほどと、かつての「物流の大動脈」の面影はない。


しかし、フェリーがなければ原付は海峡を横断することは出来ない。
貨物も乗客も、一定の需要が存在するのである。


ダミーのファンネルは、まるで昔のジェット旅客機DC-9。




島々を眺めながら海峡を北上。遠くに瀬戸大橋が霞んで見える。


直島のわきを通過。


狭水道の通過は瀬戸内航路の面白いところでもある。




1時間後宇野港に到着。


ここでも「直島」の文字が目立つ。
思っていた以上に直島ブームのようである。


佐柳島から高松へ
佐柳島発のフェリーは10時発。

澄んだ青空が爽快だ。






この日は高松から宇野に渡り、一気に尾道まで移動する。
岡山から2号線を行くのが少し億劫だが、気合いを入れて走ることにしよう。

多度津から丸亀は海沿い道路、その後は交通量の多い11号線に入る。
途中峠越えの道を経て、約40kmの道のりののち、高松市内には12時前に到達した。

フェリーは1305発で1時間以上の余裕があったので、まずは腹ごしらえとする。
ご飯粒が恋しくなり、カレーのココイチ。
うどんは2回食べたので、十分かと。(笑)


フライドチキン、チーズミックス、1辛、500グラムをオーダー。


近代的なフェリーターミナル


高松には今から32年前の高校1年の夏に青春18きっぷで訪れているが、私の記憶している高松の風景ではなかった。
ターミナルからは小豆島、宇野など数多くの航路がでているが、なかでも直島行きは客層、客数ともに他を圧倒している。
今流行の「アート」である。


13時前に船が入港。
宇野まで1時間乗って1400円は安い。





島巡りその3 ~佐柳島

朝食は9時、フェリーの時間は10時過ぎなので、朝食前に島めぐりを楽しむことにした。
港は南の本浦と、北の長崎の二か所にあり、まずは長崎集落を目指す。

P4130602.jpg


入り組んだ路地は瀬戸内の島の共通風景。






長崎集落の北には墓地エリアで、1人の死者に二つの墓をつくる「両墓制」の景観が残っている。
P4130597.jpg

遺体を埋葬する「埋め墓」と、その霊魂を祭る「参り墓」。
香川県内では島々や、県西部に伝わる墓制だ。佐柳島の一部の墓は、県有形民俗文化財にも指定されている。



最近、ウサギ島や猫の島がにわかに大ブームとなっているが、ここ佐柳島は猫の島。
島のあちこちに猫がウロついている。









バイクにも猫が擦り寄り、スプレー噴射をかましてくれた。


猫はウチの飼い猫で十分である(笑)。

街並みは高見島ほどの古く整然とした感じではないが、程よい寂れ感が良い。


島巡りを終えて、9時の朝食。





ご馳走さまでした!


カテゴリー