FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
お楽しみのホテル
出発前、子供達は沖縄での一番の楽しみを「ホテル」だと口にしてやまなかった。

やたらと空の青さを強調した青い海と屋外プールの豪華リゾートホテルを思い描いているようだが、割り増し料金なしの施設ゆえに過剰な期待は禁物である。

やってきたのは

東京第一ホテルグランメールリゾート

小高い住宅街の中にあるホテルで、海洋リゾートの雰囲気はない。しかし設備や接遇はスバラシイかった。
2222.jpg

aa1_20111214092651.jpg

早速目指したのはプール。ホテルにプールが備えられているのも沖縄ならでは。
aa6_convert_20111214093357.jpg

誰もいないプールは貸しきり状態。

部屋はこんな感じ。
aa5_convert_20111214093306.jpg

aa13_20111214093044.jpg


専用バルコニーからは東シナ海が一望。
aa12_20111214093045.jpg

朝食はバイキング。お腹いっぱい食べました。
aa9_convert_20111214093800.jpg

柚花は持参したベビーチェアーで。持って行って正解でした。
aa11.jpg

伊是名行きキャンセル!!??
ホテルにそろそろ到着しようかという頃、naomomoさんからメール着信があった。


====

ハイサイ、中村家の皆さん
Welcome 沖縄です
これから4日間満喫してくださいね。


連絡事項です
1.トーエ洋菓子店は12日の月曜日はお休みです。もし行くのであれば、今日ホテルに行く前に行か
れてください。

2.今日のこの天気で本日の伊是名行きのフェリーは全便欠航です。もしかすると明日も欠航するかも
しれません。
うーん、ちょっとプラン変更も考えてみたほうがよいかもしれません。

ではまたお昼休みにメールします。

====

那覇着陸時から海上の白波が激しいのが気にはなっていたが、欠航とは。
しかし行ったはいいが戻れないというのでは困ってしまうので、島行きを断念せざるを得ないのかもしれない。

ホテルに到着後、すぐに伊是名村役場に電話、旅程に余裕がないようであればあまりお勧めしないとの由。

きままな一人旅なら迷わず渡るところだが、楽しい家族旅行を台無しにはできないので、渡航を断念し、新たに宿泊先を探すことにした。

持参したパソコンを開き、ネット予約サイトを開く。
宿泊が土曜になるので、若干割り増しかとも懸念されるが、この時期、沖縄は土日も祝日もあまり関係ないらしい。
奇しくも翌日訪問予定の水族館のすぐ近くに、家族4人で1人YH一泊二食分に相当する料金で泊まれる宿を発見した。
安いにも程があるとは思うのだが、もはや常識を超えた安さである。

申し訳ないとは思いつつも、泊めてくれるというので遠慮なく「ポチッ」と予約ボタンを押してしまった。


沖縄旅行記を時系列でご覧になりたい場合は⇒こちら

12月17日は沖縄フェア!!
一泊二食5400円(YH会員)にて夕食・朝食ともに沖縄一色で大盤振る舞いいたします!
家族全員で仕入れた現地の厳選食材をたくさんお召し上がりいただきますよ~★



沖縄の温泉銭湯
沖縄には入浴するという習慣があまりない。
かつては県内に40軒ほどの銭湯があったらしいが、次々に廃業し、今は片手で数えるほどしか残っていないという。

ホテルでのプール遊びを切り上げたあと向かったのは沖縄市内にある銭湯・中の湯。
去年沖縄市街地の民宿に泊まった折に知った、知る人ぞ知る銭湯である。
さらに驚くことに、この銭湯が温泉であるということは特筆に値する。
CIMG1566.jpg

ドアを開けると脱衣場。そしてその隣が浴室。室といっても仕切り壁がない。簡単に言うならば野沢温泉の外湯ような構造である
aa4_20111214092649.jpg

お湯は薄緑色の温泉。写真にはないのだが、正真正銘の温泉である。
aa3_20111214092650.jpg

主人のおばあによると、沖縄県内には銭湯は1軒しかないらしい。
地下からポンプでくみ上げ、加熱しているという。でも循環器はなく源泉掛け流しなのだとか。
aa7_convert_20111214093528.jpg

沖縄市のB級名所といえるかもしれない。

沖縄旅行記を時系列でご覧になりたい場合は⇒こちら

12月17日は沖縄フェア!!
一泊二食5400円(YH会員)にて夕食・朝食ともに沖縄一色で大盤振る舞いいたします!
家族全員で仕入れた現地の厳選食材をたくさんお召し上がりいただきますよ~★


キングタコス
沖縄のソウルフードとして確固たる地位を築いているタコライス。
この日の夜は、糸満在住の元ヘルパー・naomomoさんの案内でキングタコスで夕食を食べることにした。

aa2_20111214092650.jpg

当初からタコス屋さんへ行こうと計画はしていたのだが、食わず嫌いのお母さんが難色を示していた。
だが、naomomoさんの強い勧めでキングタコス訪問が実現したのである。
子供には少々辛すぎるのではという心配も杞憂に終わり、英時に至っては、沖縄で食べたもので一番美味しかったと感想を述べていた位である。


aa8_convert_20111214093620.jpg


夕食後、naomomoさんがホテルに訪問、しばしの談笑後、22時過ぎに解散。実に楽しいひと時であった。


沖縄旅行記を時系列でご覧になりたい場合は⇒こちら

12月17日は沖縄フェア!!
一泊二食5400円(YH会員)にて夕食・朝食ともに沖縄一色で大盤振る舞いいたします!
家族全員で仕入れた現地の厳選食材をたくさんお召し上がりいただきますよ~★


第三日~嘉手納飛行場
前日の疲れがたまって、翌朝の出発がずいぶんと遅れてしまった。
気がつけば9:30.
ナビをセットしてまずは道の駅嘉手納を目指す。入り組んだ沖縄市街地の道はナビなしでは運転が難しい。

沖縄をドライブしたことのある方ならお気づきだとおもうのだが、ひとたび枝道に入ってしまうと、幹線国道へ戻ることが難しい。表示されている看板がことごとく地区内の地名だからである。

運転者としては国道58号線に戻って名護を目指したいのに、どうすれば58号線にたどり着けるのか、難渋するのである。

しかし、今回は11月にトレッキング用に買ったGPSを持参したので、それをナビとして使用し効率的ドライブが実現した。
レンタカーに装備されるナビももちろんあるが、使い慣れない機械をあたふたしながら操作するよりはずっとスムーズに事が済むのだ。

道の駅には11:00頃着、戦闘機を待ち構えるカメラマンが多数、屋上の展望所に待機している。
ただし目当ての戦闘機がいつ飛び立つのかは一切不明なので、見られるかどうかは運しだいである。
私達が眺めていた時間帯には輸送機らしいプロペラ機が1機のみ離陸していっただけであった。

旅客機の何倍もの轟音を子供達に聞かせてやりたかったのだが。。。。。




沖縄旅行記を時系列でご覧になりたい場合は⇒こちら

12月17日は沖縄フェア!!
一泊二食5400円(YH会員)にて夕食・朝食ともに沖縄一色で大盤振る舞いいたします!
家族全員で仕入れた現地の厳選食材をたくさんお召し上がりいただきますよ~★


万座毛
沖縄の西海岸景勝地として忘れてはならない万座毛。

沖縄旅行の定番中の定番スポットである万座毛は、「万人も座する草原」(毛とは草原のこと)琉球王朝時代、尚敬王が「万人を座するに足る」と賞賛したことが名の由来と言われている。
駐車場に着くと周りにはお土産屋がずらり。
CIMG1568_20111214115638.jpg

おかあさん、ここで春花用と柚花用にむーむーをゲット。2着で2300円に値引き交渉成功。

CIMG1569.jpg

しまぞうりがイカしている子供達。
CIMG1570.jpg


沖縄旅行記を時系列でご覧になりたい場合は⇒こちら

12月17日は沖縄フェア!!
一泊二食5400円(YH会員)にて夕食・朝食ともに沖縄一色で大盤振る舞いいたします!
家族全員で仕入れた現地の厳選食材をたくさんお召し上がりいただきますよ~★


名護・ひがし食堂
お菓子御殿のあとはnaomomoさんに連れられて名護の食堂へ向かった。
この日の最後の立ち寄り場所はちゅら海水族館。

その割引券が道の駅・許田で安く売られている。コンビニで買うよりも安価に設定されており、その割引率は2割である。
まずはそこに立ち寄り、その後食堂へ向かった。

時間はすでに2時近く。空いているはずだったが、人気食堂なのかまだまだ人だかりが絶えない。
CIMG1579.jpg
万座毛で買ってもらったむーむーを着たままの春花。

CIMG1576.jpg

メニューに目をやると。。。。
CIMG1577.jpg

みそしる 550円
たまご焼き 600円


味噌汁が550円!? たまご焼きが600円??
でも驚くことなかれ。これこそ沖縄の食堂の流儀なのである。

「みそしる」は、炒め物などのおかずがたっぷり盛られた皿が添えられ、むしろそっちがメインである。
「たまご焼き」は、ポークたまごを意味し、汁物が別につく。

いずれもご飯がつくことを忘れてはならない。沖縄の食堂において「XX定食」の表示はまず見られないことを覚えておかなくてはならない。

たまご焼き
CIMG1574.jpg

そば(大)
CIMG1575.jpg




沖縄旅行記を時系列でご覧になりたい場合は⇒こちら

12月17日は沖縄フェア!!
一泊二食5400円(YH会員)にて夕食・朝食ともに沖縄一色で大盤振る舞いいたします!
家族全員で仕入れた現地の厳選食材をたくさんお召し上がりいただきますよ~★



ちゅら海水族館
5回目の沖縄にして初の水族館を体験。

こんにち、首里城を抜いて沖縄の観光施設最大の入れ込みが続いているらしい。
CIMG1580.jpg

CIMG1581.jpg

最大の見世物である「黒潮の海」ではマンタやジンベエザメ、エイが悠々と泳いでいる。予想していたよりも大規模な施設で、沖縄観光の目玉として君臨している事実も納得である。

到着したのは16時10分。
16時以降に入場すると割引が適用されるが、許田で購入した2割引券さえもその対象となり、家族全員で500円ほどが戻ってきた。
大人ひとりあたり1300円台で入場できる計算となり、スバラシイコストパフォーマンスに脱帽するばかりである。

CIMG1326_convert_20111211080036.jpg



沖縄旅行記を時系列でご覧になりたい場合は⇒こちら

12月17日は沖縄フェア!!
一泊二食5400円(YH会員)にて夕食・朝食ともに沖縄一色で大盤振る舞いいたします!
家族全員で仕入れた現地の厳選食材をたくさんお召し上がりいただきますよ~★



急遽宿泊が決まったゆがふいんBISE
ちゅら海水族館から出てきたのは18時頃。すでにあたりは暗くなり、駐車場のクルマもまばら。
アンケートを取って回る観光調査員の首にはマフラーが巻かれ、沖縄的にはさぞかし寒いのだろうと察せられる。

とはいっても17度くらいなのだが。

この日のホテルはすぐ近くのゆがふいんBISE.晩飯をコンビニで買い物してから向かうことにした。

かつてのリゾートマンションを二次活用したようなホテルで、前日泊まったグランメールとは大きく異なる趣ではある。
しかし、ワンルームコンドミニアムのようなつくりは家族連れには申し分ない設計である。何よりも1泊素泊まり代が5400円という破格値には驚くばかりである。

もちろんバルコニーつき。
CIMG1584.jpg

晩御飯を部屋で食べた後は、姉妹館のマハイナでプール遊び&温泉入浴。

CIMG1583.jpg

癒しの浜・備瀬
フクギ並木といえばやっぱり備瀬だろう。
昨年訪問して以来、お気に入りの場所になったひとつでもある。
CIMG1588.jpg

ホテルからわずかクルマで3分の距離にあり、浜ではビックリする位の貝殻が散乱している。砂浜というよりも貝殻浜である。
CIMG1585.jpg

曇っていても海は青く、信州人にとっては強力なインパクトを放つ。
晴れた夏なら、その青さはピカイチなはずだ。
CIMG1587.jpg
伊江島がすぐ近くに見えている。

さりがたし備瀬崎であった。  *12月11日(日)午前訪問


沖縄旅行記を時系列でご覧になりたい場合は⇒こちら

12月17日は沖縄フェア!!
一泊二食5400円(YH会員)にて夕食・朝食ともに沖縄一色で大盤振る舞いいたします!
家族全員で仕入れた現地の厳選食材をたくさんお召し上がりいただきますよ~★



カテゴリー