FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平より2020冬★ 
宿主の徒然なる日記
秘境集落を結ぶ 奥のほそみち【ダート走行】
明後日の下見を兼ねて飯山市南部の山間地に残る「廃村集落」を訪ねてきました。
ダート路ではあったのですが、万が一のトラブルがあってもクルマで救援に行くことのできる至近距離と判断し、思い切ってYB-1で初のダート走行を試みることにしました。
uns20071026113.jpg


入り口は飯山南高校近くの荒船。 細かい砂利ダートが続きます。

4kmほど進むと突如明るく開けた田草地区に出ます。世帯数はわずか3-4件で、いずれも元茅葺民家です。
uns20071026115.jpg


さらに坂を上っていった先にはすでに廃村となってしまった堀越が佇んでいます。すでに人の住んでいない民家が3軒。周囲は静寂に包まれています。
uns20071026114.jpg


いずれも飯山郊外の「ベイシア」からわずか15分の場所。まるで置き忘れられたかのように、遠い昔のまま時間が止まっています。

しかし二輪車でのオフロード走行は、4輪車とは比べ物にならないくらいの高いタイヤ性能が求められるということが判りました。とにかく安定しないんですよネ。(汗)

今日の給油=2.37L 前回給油以降の走行距離=152km 

燃費は64.34km/L!! 

納車後の走行累計 1183km 給油 20.45L 平均燃費 57.84km/L
燃料代 2860円

これをもしビッグホーンで走っていたなら、給油(推定)124L 
燃料代 14600円 


なんと約12000円の差。驚きです!

良い仕事してますね~ YB-1って奴は。ホント。



↑↑↑ブログランキング参加中です。今日もひと押しお願いネ!

超ロングツーリング!初の200km/日オーバー
今日は晩秋の棚田をめぐるロングツーリングに出かけました。
クルマでは躊躇いがちな奥深い山里集落へ、地形図とにらめっこしながらの未知の世界への旅です。

まずは国道403号線で県境越え。
平成15年に完全舗装化して全通したものの翌年の豪雨災害で閉鎖。平成17年に再び開通し、今現在は飯山市~新潟安塚間の行き来が可能になっています。

登り口の照岡牧場跡にある湖。紅葉が水面に映えます。
unsDSC_3331.jpg


信州側はかなり道幅も狭く、所々離合場所が設けられています。
これでも国道!?
unsDSC_3335.jpg



峠付近からは新潟側の眺望が抜群です。信州側とは打って変わって道幅は十分、菱ケ岳のふもとに広がるブナ原生林が神秘的な快適ワインディングです。
unsDSC_3340.jpg



その後、伏野真荻平行野 を経由して峠の棚田へ。

水を張った棚田がとても綺麗でした。
unsDSC_3358.jpg



さらに木和田原名平、薊平(あざみだいら)を抜け旧高柳町居谷へ至りました。

中でも居谷地区の棚田、茅葺民家が印象的。
unsDSC_3366.jpg

地形図には学校のマークがあり、ひょっとして廃校跡でもあるのかと期待を胸に村内をうろつくものの、それらしい建物は発見できず。

そして石黒、門出を経由して今日の最終目的地、荻の島へ到達しました。(出発して110km、所要時間4時間40分)


unsDSC_3371.jpg



もったいない気もするのですが、ここから家までは80kmもあります。ほとんど休憩するまもなく、木島平への帰途につきました。

しかし昼食がまだ。松之山の中心地区にある食堂で一休みすることに。知らない町の鄙びた大衆食堂、なんだか良いですネ。いかにも旅してるって感じがして。。。もしこれがクルマの旅だったら、きっとコンビニでパンを買ってシートに座ったまま頬張っているのでしょうが。。。
unsDSC_3384.jpg


松之山といえばやっぱり天水島の棚田。
日が翳り始めた晩秋の昼下がり。

せっかくなので、あの茅葺小屋の傍まで行ってみることにしました。原付バイクならではの妙技です。
unsDSC_3386.jpg

何回も足を運んだ天水島棚田ですが、茅葺小屋の傍まで行ったのはこれがはじめて。感激です!

これで今回の目的はほぼ達成しました。時間切れで中山立を訪れることができなかったのは残念ですが、こちらはまたの機会ということで。。。

あとは国道117号線、旧国道(谷街道)を経てひたすら飯山に向けて走り続けます。
そして15:30分、給油地点のベイシア前JOMOにたどり着きました。

前回の給油からの走行距離 266km、給油量4.20l

燃費63.3km/l。

本日の走行距離 202km 平均速度26.95km/h 
さすがに疲れましたが、新たな発見が目白押しの楽しいワンデイツーリングでした。



↑↑↑↑↑ブログランキング参加中です。今日もひと押しお願いネ!



ゲレンデを突っ走るYB-1
朝の暖機運転に続き、午後は実際に走りにいってきましたヨ!
向かった先はスキー場。
まだOPENしていないのでゲレンデ内の作業道はまだ通行可能で、バイクでもなんとか通ることのできるコンディションでした。

関田山脈が美しい昼下がり。凛とした冷たい風が心地よい光景でした。
arukeDSCN1305.jpg




↑↑↑↑↑ブログランキング参加中です。気になる順位は今いくつ?ぜひ押してお確かめください。


次の遠乗りは。。。
4月22日に松本で長野県YH協会の総会が開かれます。

当然バイクで行くことを企んでます。

長野までは市街地が続きますが、そこから先は19号線の犀川沿いの快走路、もしくは姨捨の坂を上って、篠ノ井線沿いの403号線を行くのも良いかもしれません。

雨にならなければ良いのですが。。。。
西大滝の農村地帯
クルマで走るとまず見落としてしまいがちな国道脇の集落。

低速のバイクならではの発見があるものです。

昨日でかけた西大滝ダムの近くに広がる集落は、その建物のほとんどが元茅葺屋根。そんな中、現役の茅葺民家を見つけました。
RIMG0320.jpg

石積みの棚田も広がっており、田んぼに水の入る5月下旬には風景写真の格好の被写体となってくれそうです。
RIMG0324.jpg

西大滝区の棚田



↑↑↑
ブログランキング参加中です。お気に召しましたらワンクリックお願いネ!

谷街道(国道117号線旧道)
飯山市北部の千曲川沿いを貫く国道117号線。

通称
谷街道と呼ばれています。
昨日訪れた

稲荷山

を起点に国道403号線~117号線の一部がこう呼ばれています。

中でも飯山市戸狩から北側の国道117号線旧道は川面との高低差が少なく、ひたすら川の流れに沿って走るので、のんびりバイクツーリングするには最高の道です。
飯山線と千曲川に挟まれるように続いています。
RIMG0328.jpg

運がよければ飯山線の列車とも並走できるかも。
RIMG0327.jpg
別に待ち伏せしたわけではありません。ちょうど桑名川を通過した頃、上り列車が走ってきたので、列車を追い越してこの場所へ先回りしてきたのです。
あ、これって待ち伏せか??

絵になるローカル線風景です。
RIMG0330.jpg



↑↑↑
ブログランキング参加中です。お気に召しましたらワンクリックお願いネ!

爆走!50ccで鞭打ち(!)日本国道最高所ツーリング ~季節外れの雪中行軍なり
4月22日に開通したばかりの志賀高原に行ってきました。

50cc故のパワー不足もろともせず、果敢に攻めてきました。(^_^)

出発は8:35.木島平スキー場の中を抜け、北志賀、湯田中を経由して国道292号線へ。
まずは「道の駅やまのうち」にて峠に備えて給水&用足し。
RIMG0424.jpg

昨日は雪が積もったらしく、寒さに備えてスキーズボンを身にまといました。
RIMG0426.jpg

世の中GWと云いますが、実際は違ってまして、道路は終始普段の平日と変わらないか、むしろそれよりも閑散しているくらい。連続する上り勾配ですが、あまりクルマに抜かれることなく、30-35kmほどで走り続けます。

標高1500mの一沼。
RIMG0427.jpg

秋には紅葉名所となるこの場所もこの日はひとけもなくひっそり。

標高1640mの田の原湿原。
RIMG0428.jpg

そして1700mにある「ほたる温泉」の蒸気噴出口。
RIMG0429.jpg

いよいよバイクの出力低下が顕著になってきます。3速ではすぐに失速、2速走行を強いられる場面が多くなってきます。

とにかく鞭打ち前進させるのみ。
がんばれ~!!

標高1800m超えの陽坂。
RIMG0430.jpg

気温はすでにマイナス2度。
RIMG0431.jpg


「のぞき」の展望所にて。
RIMG0432.jpg

RIMG0433.jpg

峠直下の横手山レストハウス前にて。駐車中の車はわずかに5台。GWだなんて、嘘ですヨ(笑)
RIMG0435.jpg

しかし寒すぎ!路肩の雪は20cmほどになっています。
RIMG0436.jpg

シブ峠が近づくと洞門を何箇所か通過。路面は一部雪が残り、今朝撒いたと思われる塩カルがびっしりです。
でも凍結はありませんのでバイクでもとりあえずは安心です。

辛い登り勾配もここで終了。渋峠スキー場前の駐車場
RIMG0437.jpg

そしてようやくたどり着いた国道最高所2172mの石碑。まさに絶景が広がっていました。
RIMG0438.jpg

RIMG0439.jpg

でもこれで終わりではありません。
この時期の見所はその先、山田峠手前の鞍部にある雪の壁。今年はさすがに例年と比べると少し雪壁は低いようですが、それでも立派な雪の回廊になっています。こんな感じで。。
RIMG0442.jpg

バイクを置いて見上げてみるとそのスケールの大きさに圧倒されます。
RIMG0441.jpg

10時20分、もと来た道へ引き返します。帰りはほとんどニュートラルで自転車の如く惰性で快走。

途中暖を取るために蓮池ロープウェー駅で休憩。
RIMG0444.jpg

さらに標高を下げて、12時前に飯山着。さすがに2000mの山の上とは気温が違います。それでも15度程ですが。。。。

そして給油

前回給油からの走行距離 126km

給油量 1.97L

燃費 63.95km/L


志賀高原の往復80kmが含まれていてのこの結果。恐るべき高燃費にあらためて脱帽です。

GWの志賀高原、やっぱりサイコーです!



↑↑↑
ブログランキング参加中です。お気に召しましたらワンクリックお願いネ!
.





.

お客さんと一緒にプチツーリング
昨日はバイクでお越しのゲストが6名様。
そのうちの2名様と、クルマの方2名様と一緒に菜の花公園までプチツーリングに出かけました。


今の時期、駐車場がすぐに満車となるため、4輪車の場合、何処に停めるかが結構悩ましいもの。
そこで私が先導しまして、混雑しない、それでいて駐車料金のかからない、しかもれっきとした公式駐車場へご案内がてら、一緒に出かけたというわけです。


菜の花はまさに見頃。





菜の花特有の香りが春の陽気とあいまって、一面に広がっていました。
CIMG0098.jpg


これから標高の高いところへ向かって、開花が進んでいきます。
CIMG0097.jpg


5月20日頃の、北竜湖の菜の花をクライマックスに、まだまだ楽しめると思いますネ。


お待ちしていますよ~!!!
エリミネータでカヤの平
暑い日が続きますが、遅れ馳せながら梅雨明け発表となりました。

そんな時は避暑に出掛けるに限ります。

愛車エリミネータ125でカヤの平へいってきました。

カヤノ平は、標高1500mの、信越地区最大級のブナ原生林帯です。

久しぶりに車庫から引き出し、バッテリを交換して。。。。

革ジャンで身を固めて出発。

三十分後、標高1500mの別天地へ。




ブナの森を少し散策しながら写真撮影。





20分後、再びエリミネータに跨がり、家に戻りました。


それにしても暑いです。

日が沈めば一気に涼しくなるのがせめてもの救いですが(^^;

信州ならではの夏の夜。
イイ感じです。





プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー