fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
中村家のクリスマスパーティー
映画観賞会の翌日はホームパーティ。
ピザ、チキン、パイシチューなどを囲んでの夕食。
1_20231227093538810.jpg

そしてメインイベントはここ数年恒例になっているプレゼント交換。
夏ごろにくじ引きで、誰が誰に贈るかを決めて、こっそりプレゼントを用意、この日を迎えました。

そしてサプライズの結果は。。。。。

ゆずか→お母さん
お母さん→ゆずか
春花→おとうさん
おとうさん→春花

期せずして「交換」と相成りました。
3_20231227093541d66.jpg


ちなみに私がもらったのは、お菓子の入ったカバンと靴下。
私が春花に贈ったのは越前金刀比羅山宮の海上安全旗。

ケーキは木島平村から配られた村内商品券を使ってレーヴで買ってきました。
4_20231227093543417.jpg


何とも和気あいあい、楽しいクリスマス会でありました。
2_202312270935409c8.jpg


長野電鉄で行く・恒例クリスマス映画観賞会
昨日はコロナ後、中村家の恒例となった長野電鉄で行くクリスマスの映画観賞会。

湯田中から長野までの往復乗車券と映画観賞券がついてわずか2040円という破格の映画チケットが長野電鉄から発売されており、2021年以降、すっかり恒例となりました。
1a - コピー

今回は中野から特急スノーモンキーに乗車。
2 - コピー

まるでトワイライトエクスプレスのAロイヤルのようなコンパートメント。
3 - コピー

車窓からは雪をかぶった山々が。
4 - コピー

長野市はクルマで行くところですが、年に一度だけこうやって電車で出かけます。しかも特急で。
そう。特急で行くのが非日常を味わうための絶対条件なのであります。


長野駅改札前のBECKS COFFEEでおちゃして
1 - コピー

から権堂まで歩いて移動。
5 - コピー

ワタシと母ちゃんはゴジラ。春花はウィッシュ、柚花はSPY FAMILY
6 - コピー
みんなバラバラで好きなものを鑑賞。

それにしてもゴジラ。
予告編やネットレビューを一切見ないままで観ましたが、予想だにしない内容にただただ驚くばかりでした。
単なる娯楽怪獣映画を越えた、「生きる」という強いメッセージ性と、ハリウッド的な迫力スペクタクルな絵と音、そして二次世界大戦を絡めた歴史の要素もおりまぜた、実に濃厚なつくりに感動MAX。

お勧めです。


その後合流して、昼飯ははなまるうどん。
7 - コピー

その後柚花のお目当てのアニメイトへ。私にはまったく無縁の場所ですが、今やアニメは全世界のグローバル産業なのであります。
8 - コピー

9 - コピー

18時発の信州中野行きスノーモンキーに乗って帰途につきましたとさ。
11_20231225160137b68.jpg

12_20231225160139e05.jpg


静岡清水へ
昨日朝、起きると今季初の積雪景色に包まれました。
1_20231223130413fa8.jpg

2_20231223130414f25.jpg

そして、7時半ころクルマで出発、冬休みを迎えた春花を迎えに、静岡まで行ってきました。
寮の荷物の一部回収の必要があり、ラパンではなくハイエースで。

昼ご飯には地区の人気街中華「来々軒」でから揚げ定食
3_202312231304159c1.jpg

4_20231223130417dce.jpg

5_2023122313041826a.jpg

6_20231223130420fef.jpg

すぐ近くに係留されている練習船を見学し。
7_20231223130421b58.jpg

木島平に戻ったのは22時頃でした。

そして今朝起きたら周囲は完全な真冬の景色に。
一時期大雪警報が発令されていましたので、なるほどといった感じです。
8_202312231304236e1.jpg

9_20231223130424fc7.jpg

10_20231223130426514.jpg

木島平スキー場はロマンスの神様スノーリゾートと名前を変え、ホテル、隣接のレストランともに劇的な変化をとげました。
3_202312231309361da.jpg

5_20231223131011290.jpg

7_2023122313101441c.jpg



リフト乗り場も一部塗装を施し、ずいぶんと違った印象に。
2_20231223130935116.jpg

1_20231223130934003.jpg

来週は暖かくなる予報ですが、この大雪でしばらくの間は「貯金」で楽しめそうです。
「いいな」と「いいね」と「お金ないし」の意味するところ
子供時代、誰かを何かに誘って断られる時、たいていこんなふうなやり取りだったのを思い出します。



-おい、A君よ。今度日帰りで電車乗って雪見に行かへん?
-ごめん、無理。金ないねん。


今思うと、彼は本当にお金がなかったのかもしれませんが、80%の確率で、A君は雪見に日帰りで行くことに興味を示していない、つまりそこにお金を使うことには全く興味がない、ということを意味してたと考えられます。


また春花が高校時代、我が家は彼女を頻繁にひとり旅に送り出していました。
時々金曜日を休ませることがあったので、クラスメイトからは


「はるちゃん、いいな。また旅行?でもよくそんなお金あるね」


たぶん返す言葉が無かったことでしょう。

青春18きっぷを最大限に活用し、長距離フェリーを上手く使うとビックリするくらいに安く旅が出来るということを普通の高校生はまず知りません。

日常的に旅する習慣があまりない日本人的には「旅行=金のある人のバカンス」の意味合いが強すぎるのがイケません。
じゃらんや楽天トラベルのCMをはじめ、極彩色にいろどられた一般旅行ムック見るにつけ、「旅行=贅沢体験=消費」に偏っているのは明らかです。

なので、上記のエピソードの通り普通の人にとっては旅行=金のかかるぜいたく消費行動という既成概念が強固なものがあります。

ですが、声を掛けられたクラスメイトの家族は全員がiPhoneの最新型を持っていたそうです。(笑)
クラスメイトの発した「いいな」の言葉には「興味なし!」の意味が込められているというワケです。



さらに、たとえばの話、あるひとAさんが近場の海外旅行を計画したとします。
そのことが回りまわって別の誰かBさんに知れたとします。


【パターンA】

Bさん  Aさん、XXに行くんだって!いいな!
Aさん  Bさんだって、行けばいいよ!LCC使って民泊に泊まれば3泊しても合計一人5万円もかからず行けるんだよ
Bさん  でもウチはお金ないし。


【パターンB】

Bさん  Aさん、XXに行くんだって!イイね!!
Aさん  Bさんだって、行けばいいよ!LCC使って民泊に泊まれば3泊しても一人5万円もかからず行けるんだよ!
Bさん  マジ!?チョット真剣に考えるわ!いい情報ありがとう!




パターンAとパターンBは似て非なるものです。
いいな!にはおおよそ3つの意味が込められています。

1.チョット嫉妬
2.金はあるが旅行には金は使わない。
3.興味なし。でも社交辞令としてそう言っておく


しかしイイね!には全く別の意味が込められています

1.共感。面白そう。興味深々。


日本語の微妙な表現と意味の大きな違い、そして渦巻く嫉妬。



不思議の国のニッポン。

つくづくそんなことを思う今日この頃であります。(^^)


いまなお私の旅人生において思い出深く脳裏に刻まれている日帰り雪見旅は1982年1月15日の福井県今庄。
しかも「旅先でのトラブル解決」はつの事例だったと言ってもイイかもしれません。

雪を見に敦賀を目指したものの、そこは雨。少し北に行けばいいかも?と急遽予定を変更し、20km先の今庄を目指すことにしたのでした。そこに現れた雪景色の感動的なことといったら。。。。

今庄の冬(2017年撮影)
1_20231123201532e97.jpg


寛容性を失った日本
先日ネットのニュースで、世界各国における「ランキング」を目にしました。

日本は「寛容性」の指標で200か国中140位という、他の指標と比較すると突出して低いランキングだったのが印象的でした。

旅をしていて思うのが、日本という国は本当に規律に厳しいところだということを改めて感じます。

車内で賑やかな喋り声が聞こえるのはよその国ではあたり前です。
秋にドイツに行った際、特に感じました。
1_20231217223146e7b.jpg

ドイツの鉄道どの列車に乗っても、静粛性が極めて高い車両です。たとえ日本でいうE129系レベルの列車に乗ってもです。
それはたとえるならば、東海道線の一直線重軌条をなめるように走るかつてのトワイライトエクスプレスのサロンカーのような静寂きわまりない車内環境なのです。
日本の新幹線などよりも圧倒的に静かです。

なので、喋り声が車内に響きます。土日に子供が休みだとさらに賑やかさが増します。
ゲームの音がするのも当たり前ですが、でも、日本で新幹線車内で音のなるゲームをしていたら、間違いなく注意されます。


でもよくよく考えてみると、私が子供のころは、長距離列車でラジカセから音楽を鳴らしている人をよく見かけました。

中一の冬に友人と出かけた福井の雪見日帰り旅行で、いまなお趣味にしている列車走行音の録音をしたのですが、バックにはシンセサイザー音楽が流れていたのを思い出します。
いまでもその音源を再生すると、少し謎めいた音楽に当時の車内の情景が蘇ってきます。

いまだにその曲が何なのか、特定できずにいるのですが。


また、高倉健主演の映画「新幹線大爆破」の劇中でも、爆弾が仕掛けられた列車内でラジカセを響かせ賑々しく楽しんでいる大学生の様子が映し出されています。そしてそのラジカセは、やがて世紀の大事件を刻一刻と報じるラジオとして乗客情報収集に役立っていました。


車内で音を鳴らすのは至って普通のことだったのです。


それ以外にも、たとえば座席の夜行列車では、床に新聞を敷いて横になることが何となく許されていましたし、長距離列車の朝の風物詩といえば床に散乱した駅弁の食べ殻だったりしたものです。

もちろんリクライニングを倒すときに後ろの人に声をかけるなどという習慣はありませんでした。

とにかくかつての日本はイロイロなことに寛容で、自由だったという過去が、よその国に出かけることによって再確認されます。

良いのか悪いのか、なかなか難しいところではあるのですが。。。。。。


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE



ラウンジはこたつの間に
冬季休館中の我が家ではいまラウンジはこたつ部屋になっています。
1_20231113205153bf1.jpg

とある夜の食事はスパゲティナポリタン。

意外とシンプルな夕食だったりします(笑)
2_20231113205155da2.jpg
年末の営業再開まではここが我が家の生活拠点。

そしてダルマストーブに火を入れた北の展望カウンターがワタシの仕事場であります。

1_20231113212854bf7.jpg


ちなみにペットの猫と柴犬は向こうのリビングに。



「定価」の概念はなくしたほうがイイ
相変わらず「値上げは悪」の概念が強く世界から取り残される感の強い日本です。

値上げをするたびに


大変申し訳ありませんが
苦渋の決断で


と平身低頭詫びながら値上げが告知されます。


その一方で、航空運賃や海運運賃は昔から燃料サーチャージの概念があって、「定価」なるものはほぼ存在しません。

30年ほど前のJR時刻表には航空ダイヤのページには時刻表と並んでそれぞれの区間の運賃、ジェット特別加算運賃なるものが表記されていて「定価」の存在が当たり前でした。

国際航路もしかりで、ヨーロッパ航路はおおよそ片道35万、ビジネスだとその倍の70万の値が時刻標記の下に印刷されていたものです。

ですが、いつしかダイナミックプライシング制度が導入され、買うタイミングや時間帯によって料金が異なることが当たり前となりました。そんな定価運賃表示はいつの間にか消えてなくなりました。


外航貨物運賃もまたしかりで、私が従事していた長期傭船契約下の専用船の場合、基準となる燃料価格との差額を航海が終了するごとに荷主さんに請求書、乃至返金書をを作成し精算事務を行っていました。
もちろん値が上がっても「詫びる」などということはしませんでした。

「仕方ないですよね」

の一言で済んでいました。


昨今の物価高にあっても日本の鉄道運賃が全く値上がりしないのは世界からすると不思議でならないのですが、此処にはやはり「値上げは悪」の概念は根深いものがあるように感じます。

たとえば、運行コストのバカ高いSL列車に乗車券プラス500円程度で乗れるのにもかかわらず、わずか30kmの区間を仕方なしに利用した乗り心地の悪い特急列車に700円も払わなくてはならない不合理性にはチョット首をかしげたくなるものですが、これもまた昔からの運賃制度があしかせになっています。

特に国鉄からJRに移行され、いまだに鉄道は公共性が高く、簡単には値上げできないという暗黙の了解が日本国民を支配しています。


そこで考えたJR。


1.乗り継ぎ割引の廃止
2.自由席車両の廃止
3.車内販売の廃止


運賃制度の根底を変えると世論の理解が得られませんが、これ位なら世論に荒波を立てることなく実行可能と見たのかもしれません。



大体JRの料金計算規則は細かすぎていけません。

乗車券と特急券、繁忙期と閑散期、指定席と自由席。。。。。

そんな細かいところまでイチイチ定価を定めているのでダイナミックプライシングが全面的に導入できないでいます。
しかもJR各社で微妙に違っていますし。
一部「ネット会員」や、チケットレスでの「ICカード」精算なら割引で買えたりもしますが、それも同社相互発着、乃至乗り換えを伴わない新幹線で完結する場合に限られることが多いものです。

外国ならイチイチ会員登録などする必要もなく、メールアドレスとクレジットカード情報を入力すれば簡単にチケットが買えるのですが。
日本の鉄道は、あまりに組織が分散&巨大になりすぎ、首が回らなくなってしまったのでしょう。


新幹線の敦賀延伸開業を控え、最近その話題を耳にする機会も増えてきました。

ですが、飯山の人が京都に向かう場合、これまでよりも明らかに利便性は悪化します。
利便性が悪化するので、そこは申し訳ないと思ったのか、乗り継ぎ割引は継続される模様です。

ただ、他の国と同じく、金沢までなら8000円、敦賀なら9500円、京都は11,000円などと一律の運賃設定ができないものでしょうかね?

JRの都合で乗り換え回数が増えるのに、制度上の問題で支払総額が増えてしまうというのも、どうかと思います。


あとジャパンレイルパス。

今の3倍くらいに値上げしてもイイと思います。
物見遊山の外国人しか買えないきっぷなのですから誰も文句は言いませんので。

1_20231107063730d3e.jpg


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE


宿屋やカフェの内装美観について思うこと
ウチでは美観保全には結構気を遣っています。
ひとことでいえば「センス良くまとめる」ということに尽きます。

これまであちこち旅して見聞きして経験したあらゆるエッセンスを取り入れ、年々少しずつ変化しています。

人は見た目が9割

なる書物が流行したように、宿屋やカフェは見た目がかなり重要なウエイトを占めていることはもはや否定できません。


外装はもちろんですが、内装もしかりです。

先日とある外見がオシャレなカフェに入ったのですが、店内の壁に見つけたこのポスター
1_202311081340323e8.jpg

お洒落なカフェにこんなポスター、必要ですか?

正直そんなことを感じました。


ウチの場合、掲示物を掲げる場合、必ずラミネート加工します。
さもなければ、印刷面が酸化してすぐに色あせてしまいます。さらに紙が水分を吸収し波打ち、見た目がみすぼらしいものになります。

あと、宿の運営に関係ない余計な広告的掲示物はNGです。
文科省が送ってくる「XXXの日」のようなものです。

おまわりさんが時々やってきては捜査協力を呼び掛けるこんなポスターもまず貼りません。申し訳ないけれど。(^^)
2_20231108134033874.jpg


宿屋は公民館や役所と違って、あくまで非日常を売りにする場所です。

何事もカッコよくまとめなくてはと常日頃思うワケであります。


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE

★2024年行事は12月下旬に発表予定
↓↓↓↓↓↓↓
 


お勧めライブラリー 鉄道書
ここ2-3年数を増やしている鉄道書シリーズがあります。

昭和のXX写真集
2_20231107065337db6.jpg

1_2023110706533514f.jpg



特にここ最近発刊が相次いでいて、書店に並ぶたびに買い求めていたらいつの間にかこんなに増えてしまいました。

甲信越地区にスポットを当てたものもすくなくありません。
3_20231107065338381.jpg

これはネコパブリッシング刊の国鉄時代(季刊)の流れをくむもので、個人または企業が所有するアーカイブを一堂に集め書籍化するものです。
音楽界も最近は懐メロが頻繁に流れることが多いですし、レコードの発売枚数もうなぎ上りといいます。
鉄道も音楽も、あらゆる趣味の世界は「懐古」がトレンドなのかもしれません。

人間歳をとると何かと昔を懐かしむようになります。

昔を懐かしむことが楽しい気持ちにさせ、脳の活性化にも役に立つと言います。

人の健康に寄与し、かつ経済効果も見込める。

素晴らしいことではありませんか!!


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE




木島平スキー場はどうなる??
木島平スキー場が今年大きく変わることはご存じのとおりです。

村にとって「お荷物」だったスキー場とホテルをタダ同然で民間に譲渡し、あらたな経営形態で再スタートを切ります。


これはこれで前向きに捉えるべきだと私は考えていますが、やはり長らく激安に慣れていた村民や宿をはじめとする周囲の事業者、そして木島平スキー場ファンにとっては大変な激震でもあります。


リフト券が一日5200円(宿屋向け割引なし)
スキー場の草刈りに参加することで無料で貰えていた無記名シーズン券が廃止され、5万円での実費頒布


確かにバーゲン価格が当たり前だった人にとって、それはショックであります。


安いからという理由で木島平を訪れていた人は来なくなるでしょう。
でも、木島平の魅力はそれだけではないはずです。

宿に魅力があればリフト代が高くなったとしても、スキー旅行全体に占めるリフト券費用の割合は意外と知れています(と信じたい)


スキー宿関係者はもっぱら

昨年比入れ込み3割減は確実
もっと減るかも?



そんな不安な声ばかりが聞こえてきますが、ウチは所詮5部屋12人定員の超小規模宿。
リフト代値上げの影響は限りなくゼロとなることを祈るばかり。

1_202311081726190c6.jpg


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE

★2024年行事は12月下旬に発表予定
↓↓↓↓↓↓↓
 





カテゴリー